« ラッピングバス | トップページ | ソ連その2 »

2004.07.15

ソ連

ソ連がなくなってずいぶんたちますね。今の若い子はソ連だとかゴルバチョフだとかを知らないらしい。教科書でちょっとだけやるかんじ。

「それじゃあ、昔の007がどんな相手とたたかってるか今ひとつピンとこないだろう」とは同僚の弁。

そりゃそうだ。今の007もよくわかんないけど。

今のジェームスボンドであるピアース・ブロスナンは昔、ある映画でソ連のスパイの役をやっていました。今とは立場が逆。まあ、ハリソン・フォードがアメリカ大統領になったあとでソ連の潜水艦の艦長になったりするんだから、しかたないといえば仕方ない。

第四の核。若いブロスナンも魅力的ですが、原作の小説の緻密なストーリーテリングはもっと魅力。文庫もあります。

|

« ラッピングバス | トップページ | ソ連その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ連:

« ラッピングバス | トップページ | ソ連その2 »