« 弘明寺(ぐみょうじ) | トップページ | パイプその2 »

2004.09.25

子供用FOMA

ちょっと前の話ですが、嫁に行った元同僚が都内にでてきているとの連絡があり、お茶を飲みに行きました。彼女(人称代名詞)は娘(1歳ちょい)をつれてきていたのですが、ちょいとおねむでグズっていたので、ありゃー大変だなあとおもいました。

案の定、おチビさんのグズりが頻発してきたところに、母親がかばんからもう1個ケータイを取り出して(もともと自分のケータイはテーブルの上にあった)、おチビさんに見せました。するとご機嫌がなおりました。

以前つかっていたFOMAの携帯電話にiモーションの子供向け動画を保存していて、おチビさん専用にしていた。

これはFOMAの仕組みをずいぶん活用しているな、とへんに感心しました。

FOMAはSIDカードというものが中にあります。このカードには契約情報(電話番号と課金情報)が記録されており、このカードが挿入された電話機において、その契約情報に基づいて電話が使えるというものです。このへんはヨーロッパの電話みたいな感じです。
彼女は旧いFOMAはそのままにしておいてSIDカードを新しいFOMAに挿入して普段使っています。おチビさん専用の電話にはときどきこのSIDカードを挿入し、お好みのお子様動画をダウンロードして、SIDカードを抜いておきます。そうすると、この旧いFOMAの方ではクマだとかウサギだとかが踊ったり歌ったりする様子が見られるけれど、誤って電話をかけちゃったりすることがない、という状態になるのです。

すげえなあ。

モバイルチョロQ・キューノ_バッテリーチャージ(シルバー:FOMA)
モバイルチョロQ・キューノ
バッテリーチャージ(シルバー:FOMA)

モバイルチョロQっていうのもいいですが、キューノはチョロQを公道走行可にしたもので、それをまたチョロQにしちゃうっていうのは、再帰的で目が回りそうです。

<追記>
携帯電話は電池の寿命が本体より先にくることが多いですね。そんなとき安く手に入る電池があると助かります。
このお店で中古の状態のいい電池が安く手に入ります。
一度探してみるといいと思いますよ。

|

« 弘明寺(ぐみょうじ) | トップページ | パイプその2 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/1516806

この記事へのトラックバック一覧です: 子供用FOMA:

« 弘明寺(ぐみょうじ) | トップページ | パイプその2 »