« ファミ・コン言葉 | トップページ | 背中に貼るカイロ »

2004.11.16

中村啓子さん

ちょっと忙しくてめまいがします。お熱だし。

さっき東京三菱銀行のATMにいったら、ATMの機械が若干古くて、銀行もいろいろ大変だなあとおもったのですが、古いATMに出てくる女の人のイラスト(というか、絵)、あれはなんか昔の8ビット時代のゲームみたいですよね。
ファミコンとかマスターシステムとかじゃなくて、FM-7とかPC-8001とかの時代の、コマンド入力方のアドベンチャーゲームの。デゼニとかサラトマとか(それとかコーエーがなかったことにしてしまったアレゲなゲームたちとか)

最近サラトマ、ゲータイでできるみたいですけど、これはちょっと違うでしょう、絵が、絵が。

で、その8ビット時代みたいな絵を眺めながら操作していると聞き覚えのある声が。
そう、東京三菱のATMの声はあの「中村啓子さん」なんですよ。

以前「トリビアの泉」で取り上げられた人ですけど、NTTの時報の電話とかDoCoMoの「留守番電話サービスに、接続します。」っていうことを言う人ですね。

さて、この中村啓子さんという名前を知る前、僕は電話をかけて圏外や留守電だったとき、その相手にあとで会ったときに(電話がつながらくて不便だったイヤミもこめて)

「おい、おまえにさっき電話したら、知らない女が出たぞ!」
っていってました。

「え?なに?だれ?しらねーよそんな女。っていうかそれ本当に俺の電話にかけた?」

と相手は結構慌てたりするものです。相手が一人だといいですが、隣に女性がいたりすると誤解されたりして、イタズラとしては結構悪質なんですが、ジョークとわかるとみんな結構笑ってくれました。

が、が、「中村啓子さん」と名前を知ってしまうと、「知らない女が出た!」とはなんか言いづらくなってしまいました。
だからといって
「ねえ、さっき電話したけど、おまえじゃなくて中村啓子さんが出たよ」
というと、それこそ何のことかわからないので、それはそれで困った話ではあります。

最近は中村啓子さんの声の
「さっさと電話に出て下さい」
「おかけになった電話は電波が届いています」
とかいう着ボイスもあるようですね。スゲー。

|

« ファミ・コン言葉 | トップページ | 背中に貼るカイロ »

「お出かけ」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

その着声、欲しいなぁ(笑)

投稿: haru | 2004.11.16 19:30

「電話帳がパスワードで保護されている女(男)からの電話です」
とか
「この電話に出ると電磁波で脳に影響がある恐れがあります」
とかいう声を中村啓子さんにリクエストしたいですね。

奥さん、アフェリエイトはじめましたね?ぽちっとな。

投稿: akst | 2004.11.16 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/1978212

この記事へのトラックバック一覧です: 中村啓子さん:

« ファミ・コン言葉 | トップページ | 背中に貼るカイロ »