« 浅草、アメ横 年末の様子 | トップページ | 黒電話 »

2004.12.31

たまプラーザ

tamaplaza
ひらがなで書かれると多少とまどう、たまプラーザ。

久しぶりに田園都市線にのりました。
たまプラーザと多摩センターは地方出身の方は区別がつかないようですが、多摩市にあるのが多摩センター。たまプラーザは多摩ではなく横浜市ですね。
ちなみに、「多摩センター」という施設も「たまプラーザ」という施設もありませんね。

大泉学園という名前の学園(学校法人)がないのに似ていますが、大泉学園の場合は「学園都市として分譲しようとしたのに肝心の学校の誘致に失敗した」という、ちょっと情けない話ではあります。
昭和初期の郊外住宅分譲ではやったのが「学園都市」で、これには成城学園や玉川学園、自由が丘(自由学園)、国立などが成功例ですが、大泉学園はまあ、なんというか、えへへ。

さて本題に戻して、たまプラーザ。「私鉄沿線97分署」があった街です。いまはあのプレハブの立っていた駐車場はないですけれど。
子供のころ再放送をみて「なんで横浜市なのに警視庁なんだよ!」とかつっこんでいたんですが、あれは設定上東京都多摩川市っていう架空の都市だったんですね。

たまプラーザの隣の鷺沼には東京メトロの車庫があります。こういうのを「植民地車庫」っていうんです。自分の会社の沿線じゃなくて、乗り入れする相手先の沿線に車庫を設ける(設けざるをえない)タイプ。
半蔵門線はあとから出来たんで都内に車庫スペースを確保できなかったので、こうなっちゃったんですね。

しかし正直いって田園都市線の15分ヘッドダイヤはどうにかなりませんかね?

|

« 浅草、アメ横 年末の様子 | トップページ | 黒電話 »

「お出かけ」カテゴリの記事

「交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/2421241

この記事へのトラックバック一覧です: たまプラーザ:

« 浅草、アメ横 年末の様子 | トップページ | 黒電話 »