« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.28

カリブクイーン

カニカマをカニと間違えて食べたり、もしくはカニの代わりに食べる人ってもういないんじゃないかと思います。

僕自身は実は甲殻類全般が苦手で、かろうじてカニ(の足だけ)は食べられる(好き)なのですが、カニとカニカマどちらかを選べといわれたらカニカマを選んじゃうような人間なので、カニのありがたみというのは多少薄かったりするのですが、まあでもカニカマはカニの代わりに食べるものじゃないと僕も思っています。

つまり、カニカマはペヤングがそうであるように独自のカテゴリの食品ですね。

回転寿司で大量に回転しているカニカマの軍艦は、同じように大量に回転している人工イクラの軍艦とちがって、カニではなくカニカマであることが許されているネタです。(ちなみに人工イクラは、天然のイクラとまったく持って違うものであるにもかかわらず、イクラであるべきという位置付けです。なぜならばメニューに「イクラ」と記されているためなのです。これはどうも微妙に理解できないんですが。)

そこに、挑戦者が現れた。

カリブクイーン(かに風味かまぼこ)30本いり
カリブクイーン(かに風味かまぼこ)30本いり

今や蟹と蟹かまぼこを見間違える人は少なくなりましたが、そんな中でも見間違えてしまう商品の登場です。当製品の一番のポイントはなんと言ってもこのリアル感にありますが、極細繊維を蟹の足として使用することに成功。それにより他社にはまねできないリアル感がでています。調理方法は解凍後、そのままお召し上がり下さい。

リアル感というものをどのベクターで追求したのかというと、多分食感というか、「裂ける感」なのでしょうね。
すごい食べてみたいんですよ。コレ。僕自身カニに似ているかどうかは結構どうでもいいのですが、ここまでいわれると試してみたくなります。
kanikama
ちなみに、今日のランチは、巨大カニカマ1本。それだけ。
本当にそれだけをムシャムシャたべたんですよ。写真のタバコの箱は大きさ対比用です。
この巨大さも、ある意味「リアル」なんでしょうけれど、まあ、ムシャムシャ食べました。ごちそうさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の猟犬が

まだ寒いですが、この間雪が降ったのでもうすぐ春がくると思うことにしています。寒いけど。

春がくるとなんとなく頭の中を流れるのが、A.リードの序曲「春の猟犬」
A.リードというのはブラスをやっていると知らない人はいないという作曲家で、日本ではよく演奏されます。

バンド・クラシックス・ライブラリー「春の猟犬」/BCL Band Classics Library
BCL Band Classics Library
広島ウインドオーケストラ/木村吉宏

(「春の猟犬」以外にもテンコ盛りな感じがするCDですね。チャンスのアリランからマナティ、それからシンフォニアノビリッシマと...なんだか僕らの世代のノスタルジィに呼びかける感じ)

「春の猟犬」は中高生がいっつもどこかで練習していたり演奏していたりするわけですが、学生のときからいつも「なんだか妙に官能的な曲だよなあ、リードの吹奏楽序曲のわりに」と感じていました。大人になってこの曲のモチーフがアルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンの「カリドンのアタランタ」という詩(劇詩という戯曲)の一節にあると知り、「そりゃ官能的だろうなあ」と納得しました。スウィンバーンの詩を原文で読む中高生とかいたら、それはそれでマセていてどうだろうなとは思ったりしますが。


Poems and Ballads & Atalanta in Calydon: &, Atalanta in Calydon (Penguin Classics)

日本語訳はこちら

スウィンバーンどころか英文学にまったくもって縁遠い僕としては、ギリシャ神話を元にしたスウィンバーンのこれがどんな内容なのか日本語訳を見ることでしか窺い知ることはできないのが「学校でちゃんと勉強しなかった」という気持ちを強くしてなりません。

僕自身が学校でなにを勉強した(ことになっている)かというと、一番アカデミック寄りだったのがフェスティンガーとかドラッガーとかいうような状態で、これはまったくもって一般的にはアカデミックではなく、(と、いうかこういうのは社会人になってから学べばよいことであって)本来高等教育というのはこうした「食うには必須でないこと」を「人生を深めるために」おこなうべきと後で気づいて悔しい思いをしていたりします。

A.リードを「一般ウケする曲ばかり作っている」と一言で言ってしまうような意見もあり、その側面は否定できないけれど、こうしたモチーフの取り方というのは「大衆的なだけの作曲家ではない」という気持ちになったりします。

この「春の猟犬」は僕自身は今まで演奏したことがないけれど、実は作曲家本人の指揮でいくつか演奏したことがあります。「第四組曲」(音楽の街)などは演奏してとても楽しかった曲で、いい経験だったとおもいます。これのモチーフは実は「群馬県高崎市」だったりするのが面白いです。師のサインが僕のトランペットのケースで輝いていたりするのもいい思い出です。


アルフレッド・リードの世界 Vol.2

文化・芸術, 書籍・雑誌, 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.27

ゆっくりヒゲをそる

おきたら夜でした。週末としてはダメな時間の使い方ではあるのですが、バタバタしないでゆっくりヒゲをそりました。
もうそりゃ、女性がお化粧するくらいの時間をかけて、本当にゆっくりと。

僕は休日でも基本的にヒゲをそります。伸びたヒゲは顔を痛くするし、ヒゲが伸びていることが気になってしょうがない性格だからということがあります。別に潔癖症とかではなく、どちらかというとズボラなんですが。

以前話題にしたように、普段は電気シェーバを使います。フィリップス一本槍。

普段朝にヒゲそりにかける時間は5分が限度でしょう。忙しいし。そういう時間の中で、深剃りと肌触りを両立させるためにはフィリシェーブが一番なのですが、朝慌てているときには電気だろうがなんだろうが、剃りにムラが出ます。だからまあたまにはゆっくり時間をかけてヒゲを剃って、自分のヒゲのクセ具合だとか、肌の具合だとかというのを確かめることというのは大事だと思います。

世の中にはグルーミングサロンといって、経験の豊富なプロの方にゆっくり時間をかけて剃ってもらうというとんでもなく贅沢なところがあったりします。これはヒゲ剃りの上手なプロにやってもらうことそのことだけでなく、ゆっくりした時間を過ごすというリラクゼーションの意味合いだったり、こういうところで時間を過ごすことそのものについての意味があったりするわけです。女性にとってのエステと同じでしょう。

こういうところでの工程を参考にして、自宅でゆっくりひげを剃る時間を作るということも大事なことだと思います。

ホットタオルは水で絞ったタオルを電子レンジで1分加熱すれば作ることができます。そのホットタオルでゆっくり顔を蒸らしてシェービングフォームをゆっくりつけます。できればボンベから出てくるものではなくて、お湯の中にボトルごと浸して暖めておいたジェルタイプのほうが肌にきめ細かくぬれるのと透明で自分で確認しながらそれるからそちらのほうがオススメです。

花王薬用シェービングジェルフレッシュ
透明のこういうジェルが楽

おろしたての安全カミソリで、ヒゲの流れにそって1回剃ります。僕らはプロじゃないのだから安全カミソリで十分です。ジレットなどのドラッグストアで売っているタイプで十分ですが、気持ち高いホルダを使うと贅沢な気分になれますね。

#7236Mイルチェポ社製高級シェービングホルダー
イルチェポ シェービングホルダー

イルチェポのホルダーはジレットの替刃を使うことができるんです。


さて、いったんヒゲの流れにそって剃ったら、深く剃るために注意深くヒゲの流れと反対方向に剃ります。細かいところはマユ剃り用のものを使います。(僕はいつもそれでマユも整えます)これは女性用のもので十分です。

ゆっくり洗い流してアフターシェーブローションを塗ります。これ大事。アフターシェーブローションひとつで肌の具合がぜんぜん違います。

アウスレーゼトロッケンアフターシェーブローション(医薬部外品)100ml
アウスレーゼトロッケンアフターシェーブローション

毎朝慌ててヒゲを剃って出かけていく僕らですが、毎週1回くらいはこういう作業を自分で時間をつくってするか、プロに任せてゆっくりそるか、いずれにせよ、するとしないとでは肌の具合と気持ちがぜんぜん違うと思うのです。
ご自宅でも、ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

天使の分け前?

僕自身はワインをゆっくり飲んだりとかいうことはなかなかできない(お酒に弱い&味がよくわかんない)のですが、ワインが好きな人っていますね。ちょっと気合を入れてる人はワインセラーなどをもっていたりします。ワインは温度が高いと熟成が進んでしまうようだから温度に気をつけるのはもちろん、コルク栓が乾燥して抜けなくなったりしたらそれはオオゴトですから、湿度まで気を使うようです。

僕みたいに味がよくわかんないひとは冷蔵庫で冷やしちゃったりしますよね。そういう人が、すごい貴重なワインをもらったりすることって言うのはほとんどないわけなんですが、もし万が一そんなことがあったら、そのワインを無造作に冷蔵庫に入れるっていうのは気が引けます。

エンジェルシェアー(1本収納)【送料無料!!】
エンジェルシェアー(1本収納)

1本だけのためのワインセラー。これはどうもすごいのだかすごくないのだかよくわからないけれど、面白いです。

僕みたいな人間がもし万が一誰かに50万円だとか100万円だとかするワインをもらってしまって、「将来すごくいいことがあったら開けよう」とおもったときに買うのかな?と思ったんですが、違いますね。

これはもともとちゃんとしたワインセラーをもっていてコレクションしながらワインを楽しむ(つまり、よいワインをいろいろ集めながら、ときどきお気に入りの1本を眺めたり、もしくはインテリアとしてかざったり、もしくは取って置きの1本としてパーティなどで飲む直前に披露するための演出、という感じなのでしょう。
これ、ディスプレイとしてはきれいですね。

天使の分け前って言う言葉はウィスキーのことだとおもっていたんですけど、ワインのことなんですね?(ウィスキーも?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.24

牛肉とともに

牛肉をどうこうしたい気持ちになっています。しょうがないので仕事中ビーフジャーキーを買ってきてムシャムシャしていたのですが、とまらない。どうも僕は牛肉に異常な執着があるようで、去年の夏も牛肉探しに米軍まで行ったり佐世保バーガーだの牛丼太郎だの、ジャクソンバーガーだの、今年に入ってもハングリータイガーだの吉野家復活祭だのなんだのと、牛肉のことばかり考えています。食いすぎだけどダイエット成功したのだから許す、自分で自分を。

今食べたいのはビーフカツレツと牛鍋

ビーフカツレツはウィンナシュニッツェルなんて気取らなくていいから、トンカツとは違う、なんともいいようのない香りと歯ごたえ、それからとんかつにはありえない付け合せの洋麺というその見た目がなんともはや、食欲をそそります。(とんかつも好きだけど)

ビーフカツレツ
ビーフカツレツ

牛鍋も吉野家だとあんまりありがたくないとおもいがちですが、よくよく考えると吉野屋であの価格で一人で食べることができるのなら、あれはあれで実はうれしいサービスじゃないかと、冷静になれば思います。
僕は一人鍋が大好きなんです。男は結構一人鍋好きだとおもうんですけどね。妙に。女性にはあんまり言わないことですけれど。

「肉の丸正本店」特製牛鍋セット
「肉の丸正本店」特製牛鍋セット

こうやって一食分ずつあるなら、本当に一人鍋に最適だなあ、と。こっそり楽しむんですよ、男の一人鍋は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.23

世田谷線

setagatasen

世田谷線っていうのは不思議な電車ですね。世田谷区の大部分の人にはあんまり関係ない電車だったりしますが、世田谷の世田谷、つまり区役所のあたりを走ったりします。東京西部においては唯一のトラム(というか、東京にトラムはあとは荒川線しかない)なのですが、東京という都市がトラムという交通機関をスポイルしたつくりになっているので、その恩恵っていうのが少ないですね。今まで誰にも何にもいわれてないのでなかったことにしているのでしょうけど、戦後の東京の都市設計にかかわった人たちはほぼみんな必ず後世で悪いケーススタディとして取り扱われると思います。空港とか湾岸再開発地域に中規模輸送機関をつくっちゃったりとか、首都高をあんなふうにつくったりとか。覚悟して今のうちに懺悔しておいたほうがいいと思う。男として。

そういう意味では本格的なLRTというのは都内にはないわけで、この世田谷線も本格的なLRTというわけではないのですが、車両はテクノロジをよくつかったLRVに仕上がっていると思います。

世田谷区は交通が非常に不便な地域なので世田谷線という交通機関が不便な形でおしこめられちゃっている(玉電廃止以降)のが本当にもったいないのですが、それでも電車は高頻度に運転されるし、近年いっぺんにバリアフリー化したりして、それほど不便というわけではありません。
まわりはのんびりしてますしね


世田谷線の車窓から

ちなみに世田谷線の運転士さんは「出発進行」って言いませんね。「軌道進行」って言って出発します。「出発進行」ってのは「出発信号」が「進行」の状態ですっていう声だし確認ですね。世田谷線には「出発信号」はなくて「軌道信号」なので、「軌道信号」が「進行」だから「軌道進行」。

環七どおりをわたるときは道路の信号が赤になって、左右確認しないと渡れないのが世田谷線。踏み切りみたいに道路が線路におじゃまするのではなくて、線路が道路におじゃまするのです。これも「軌道」ならでは。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.02.22

麒麟戦隊:本質的には変わってないぜ

アミノサプリのCMですが、歌がとても気に入っています。パヤとかそういう意味のない言葉が大好きなんです。
でもあのCMは、あれですね、ずいぶん挑戦的というか

「赤い巨体が手をたたきながら歩いてくる」

そして「本質的には変わってないぜ」とくりゃ、それは将○様じゃないですかね?

石ノ森プロと東映の公認でしょうけど、かの政府からは公認はもらえないでしょうね。別にいらないけど。
キリン アミノサプリ 500ml×24本
大人なら、ハコで(以下略)

パヤパヤ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか毎年確定申告してる

なんだか僕は毎年確定申告しています。社会人になってから確定申告してない年はないですね。年末調整の紙出し忘れ+医療控除レベルの申告からまるまる帳簿をつくって確定申告書をつくって提出するような申告まで、毎年いろんな形で申告しています。昔、修正申告を税務署に言われて結構痛い目にあったことがあるので。

去年は帳簿を各種つくって確定申告しました。慌ててあとで帳簿をつける羽目になったので、散々悩んで弥生会計で帳簿を作りました。

弥生会計 05スタンダード
弥生会計 05スタンダード

今年もいまさら慌てて帳簿をPCで入力しています。複式帳簿をつけるとなると、正直言うとこれはアナログな方法はとてもめんどくさいので、一連の流れさえ覚えてしまえばこうしたソフトのほうが楽チンだったりします。
普段PCになれている僕らは、こうした帳簿に関連する言葉だとかを覚えてから手書きでやるくらいならこうしたソフトのウィザードに任せてしまうと楽だし、普段帳簿になれていてPCに不慣れな人も、基本的には帳簿をつけるためだけにあるソフトだから(そういっては怒られる。財務分析するソフトだ、本来は)あんまり違和感なく使えると思います。

今からでも遅くないか?いや、大丈夫。僕も今からなんとかしようとしているところだし、去年は着手はもっと遅かった。(今年も去年も複式帳簿だ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外国人の名前に思う

アメリカ人のニックネームという記事を読んでいて、少し思ったこと。

キリスト教・ユダヤ教・イスラム教がそれぞれ生活に密着している欧米・中東の国の人の名前は大体みんなそれぞれの聖典に由来することが多くて、逆にそれ以外の名前はなかなか見ることができない。文字が表音文字だから、文字列を単語として、さらに名詞、固有名詞(人名)と発展させていくプロセスが面倒なので、名詞、とくに固有名詞を作るときは必ずといっていいほど由来が必要なのですね。北京語・日本語など表意文字だと文字の組み合わせそのものが意味を持つので、ある意味をもたせたい文字列を簡単に、かつ自由に創造ことができわけです。

北京だって日本だって聖典のようなものはないわけではないけれど、北京ではおおっぴらには宗教的なものは排除されることになっている政治システムだし(一応)、日本においては宗教が欧米や中東のような意味性を持っていないわけで、聖典に由来する名前をわざわざ付けるということはあんまりないわけです。日本人で「イザナミ」とか「親鸞」いう名前の現代人を見たことは僕はいまだかつてないわけですが、これは前述の言語システムの自由度のほかに宗教の意味性の違いがあるとおもうのです。(日本における宗教の意味性についてはここでは書きませんが)

まあ、クリスチャンの両親のおかげで聖書に由来する名前をつけられた日本人というのはいることはいるし、僕も知り合いにはいますけれど、それは欧米人の名前の付け方であるので、日本人の名前の付け方としては例外的なことでしょう。

そうした人名にたいするスタンスや自由度の違いから、欧米人の名前というのは実はバリエーションがあるようにみえて、実はそんなにいっぱい種類はありません。派生形はおおいけれど。

だから欧米人には同じ名前の人がいっぱいいます。某お昼の長寿番組の「イワンとジョン」ですが、前者がロシア人、後者がアメリカ人風の名前なだけで、名前としては同じ。イワンもジョンもフアンもジャンもヤンもハンスも同じ名前なわけで、さらに同じ国(言語)なら同じ名前がいっぱいあれるわけで、苗字で区別するにも苗字も同じような理由で種類がそれほどあるわけじゃないので(苗字のほうは聖典だけでなく地域的なものもあるので種類はもちろんおおい)ニックネームで区別したりするようになるわけですね。

さて、ようやくニックネームの話。RobertがBobになるのは、もう単純に子供が言いやすいように変化しただけですね、これきっと。fatherがdadになるのと同じ話ですね。RichardがDickになるのもおなじ。Richard->Rick->Dick。Rは日本人には発音しづらいけれど、欧米人の幼児だって発音しづらいんでしょう。

まあ英語のニックネームはでも元の名前が想像できないこともないけれど、スペイン語のニックネームはちょっと最初とまどいました。

-ito(男性)や -ita(女性)をつけることによって「~ちゃん」というニックネームにするのはすぐに理解できました。これはまあそのまま語尾につけるわけで日本語の「~ちゃん」とまったく同じ。発音が多少かわりますが、まあわかりやすい。Juan(フアン)がJuanito(フアニート)になるのは本当にわかりやすい。Carmen(カルメン)だけはCarmencita(カルメンシータ)になるのはよくわかんないんですが、まあ、それは理屈抜きでそういうもんだと。CarmencitaがCarmenのことなんか字を見ればわかることだし。
でも、PacoがFransiscoのことだといわれても、どーも(まだ)すぐには理解できない。まあ理屈じゃないんでしょうけれど。JoseなんてPepeですよ。「ホ」と「セ」でできている名前が「ペ」x2になるなんてなんてことだ。つづりにしたって"e"しか同じ文字ないじゃないか!とかね。もう少しスペイン語とスペインの社会について勉強すればきっと由来がわかるんでしょうけれどね。

日本語のニックネームだって、わかりやすいのからわかりづらいのまでありますね、やっぱり。
カワグチさんやヤマグチさんが「グッサン」になるのだって、言葉の変化としては理解できるけれど、「グッサン」からヤマグチなのかカワグチなのか、はたまた違う名前なのかは当てるのは難しい。
「ヒサコ」が「チャコ」になるのなんかRobertがBobになるようなものだと思う。さらに日本ではもう少しニックネームがいいかげんで、たとえば苗字が「和田」だから「ベン」とか、すぐムキになるから「ムキ」とか、名前だとかそういうところからかけ離れたニックネームも多いから。寒がりだから「SAM」とかになると日本語もなかなかヤルな。と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.21

グズグズしてたので、嗅ぎタバコで気を紛らわした一日

非常に個人的な話なんですが、(このウェブログはほとんど僕の個人的なことしか書いていないけれど)朝起きたらまったく歩けなくなっていたんです今日は。
まあたまにあることだけれども、久しぶりだったのでかなりへこみました。歩けないというのは足が痛いとかそういう話ではなくて、無意識に足が加重を拒むんで動きが取れなくなるんです。歩くって体重の移動ですから、関節が激しく痛むとこうなるんですが、痛いから歩けないという言い方とはちょっと違う。まあ、説明してもわかりづらいし、説明もしづらいですが。

ちなみに足がこういう状態でも自転車は乗れます。よく「足が悪いっていうのに自転車乗りすぎじゃない?」っていわれますが、自転車は加重がそんなにないので歩くよりぜんぜん楽だから、ある意味車椅子みたいな使い方なわけです。

さて、出かけられないまま、タバコが切れました。まあここのところ紙巻タバコは吸いすぎな気持ちもしていたし、ちょっとパイプを出してどうこうする余裕もなかったので、今日は嗅ぎタバコを3種類、それぞれを吸っていました。ラムネイズは森の香り、エーデルプライズはシトラスの香り、アプリコットスナフは文字通りあんずの香りで。

ただ、鼻の穴の中を掃除するのが往生しました。ちょっとなあ、これは人に見せられないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.20

高尾山と冬そばと京王と花粉症

京王線の駅や電車の中では「高尾山の冬そば」という広告があちこちにあります。



この広告がすばらしい。23もあるそば店のそれぞれのとろろそばの写真と特徴が書いてあるのです。これでもかといわんばかりにとろろそばだらけです。どれでもいいからひとつ食いたいよという気分になります。
交通広告としてはなかなかなものですね。たまんない。

駅に行くと「高尾山そばマップ」というのをくれて、広告でみたよりどりみどりを眺めながら高尾に出かけることができます。そこにはクーポン券が印刷されていて、23店どこの店でも100円引きで食べられます。(インターネットでもこちらのページを開いて印刷してもっていくと100円引きです)

食べたい。すごい食べたい。今すぐ行きたい。だけど、大問題。

この時期高尾山にいったら、花粉とんでもないことになるんじゃないか?僕のまだいっぱいになっていないアレルギーカップが高尾山で満タンにされちゃうんじゃないか?

そう思うと毎年二の足を踏んでいたりします。でも本当に行きたいですよ。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005.02.19

浅倉家騒動記


朝倉家騒動記

時は江戸時代。花のお江戸より近くもなく遠くもない微妙な位置にある某藩の領内に、とある一家が暮らしていた。
その一家の名は浅倉家。このお話は、浅倉家当主である浅倉友之進とその家族、ならびに上司(藩主)のまわりに起こるすったもんだを、特に何も考えずあるがままに描き連ねたものである。

桝田道也氏による週刊モーニング不定期連載だったものの単行本。非常に長いこと不定期連載だったせいか、非常に実験的かつ自由な描き方がされてるなあとおもいます。たまにモーニングで朝倉家があるとうれしかったのですが、単行本がなかなか出てこない(そもそも単行本を出すつもりもなかっただろうし、出すだけの分量が貯まらなかったのじゃないかと思う)ので、雑誌を捨ててしまうと、あとで読み返すことができなくて悔しいなあと思っていて、さらに不定期での連載も終了してしまったところで単行本として刊行されたという感じ。
なんだか人の目に触れる機会の微妙なコミックではあるのですが、

個人的には氏のマンガは非常に実験的な風合いでなかなか好きだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イケメン、ランチ、そしてトマト、それから鼻の穴

夕方のテレビの再放送で「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」やっていたので、BGVとして流しながら作業を。


アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~ DVD-BOX

このドラマの本当にいいところは「こんな顔かたちの整った男だけの店、繁盛するだろうなあ楽しいだろうなあ」というファンタジーにあるとおもいます。テレビはファンタジーが大事ですよ。

ああ、パティスリーもそうなんだけど、洋食屋さんにもありましたね。



ランチの女王

これもいろんな種類の顔かたちの整った男の大セールみたいで、こんな洋食屋はOLでウハウハでいいな。
(ホストクラブとはちょっと違う)

ランチの女王では、竹内結子さんのアレが気になりますが、かわいいですね。もう一人、伊東美咲さんのも気になります。

伊東美咲さんのドラマ中の名前は「トマトちゃん」ですが、実は僕の母親が僕を宿している間、名前を真剣に「トマト」と名づけようと考えていたようです。諸般の事情で実現はしなかったのですが、子供から学生時代を我慢すれば、その後の人生では結構楽しい名前だったんじゃないか?とか思ったりします。

「はじめまして。僕の名前はトマトといいます」

山田君も出ていますね。僕の彼女に言わせると「山田君はピンポイントに話題作ばかり出ている」と。

そうおもって調べてみると、あ、本当だ。

今後、トマトちゃんと読んでもらってもかまいませんよ、僕は一向に。

ランチの女王を片っ端から流しっぱなしにして寝ます。おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.18

燻製生ハム"スペック"を食べてみた

以前にチラっとだけ紹介した、燻製生ハムのスペック。

slspeck

スライスしてたべてみた。

すごい香ばしい、そしてしっかりした味。これはなんか加工してたべるのはもったいない。スライスしたのをそのままもぐもぐいただきました。薄くスライスしてパンでたべるといいでしょう。あと、ピザにつかうのにも。ピザに使うときは、焼いたあとに、スライスしたこれを食べる直前にのせるといいとおもいます。そうすることによって香ばしさが口の中にひろがります。

豚のモモ肉のブロックから脂身をとりのぞいて、いろんな香辛料と塩につけこんで1ヶ月放置。そのあとに木のチップで1週間以上燻製したあと、半年くらい熟成するそうです。

気が遠くなるような作業だ!

いや、ほんとその気の遠くなるような作業に敬意を表して、スモークの風味を大事に食べましょう。食べましょう。
生ハム(ロース芯ラックスシンケン)スライス
生ハム(ロース芯ラックスシンケン)スライス

これもおいしそうです。(でもロオマのじゃないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさらmobio

mobiochan
現役というほどではないけれど、予備役としてよく使う僕のmobio

いまさらmobio使っているという話をすると変な顔されたり変なこと言われたりするけれど、僕はこのmobioを割と頻繁に取り出して使っています。
クロックは倍率を変更して233MHzにしてHDDも増やして、Windows2000をカリカリにチウンして使っています。
標準バッテリもあんまりだめになっていなくて、無線LANつっこみっぱなしでも1時間は、デカバだと3時間は持つんです。

なんでこんな昔のノートつかっているのか?CPUもPentiumMMXの233MHzだし、画面は小さいVGAの640x480だし、メモリ96MBなんかWindowsが起動したらおしまいだし、USBが使えないどころかCardBusカードも使えないのに、でもとても重宝しているのはなぜか?

普段ジョルナナを持ち歩いていて感じるフラストレーションはやっぱりペンの反応の悪さと画面の狭さ(ハーフVGA)とIEのショボさとDSTNなところ。まあそのへんは割り切って我慢したとして、対応アプリがちょっとあんまりないことなんですよね。悪くはない。どちらかとしては持ち歩くハンドヘルドとしてはよくできているマシンだけれども、ちょっと使おうとするとフラストレーションが出がちに。

じゃあPPC持ち歩け?いや、あんなキーボード打てないデバイスもちあるくならケータイ電話だけで十分です。いまだってSO505isと京ぽんもちあるいているのに、これ以上キーボードがアレなデバイスはかばんには入らないですよ。

シンクロどうするのかって?これはPCなんだからシンクロもへったくれもないわけで、ネットワークに参加して必要なデータを持ってくればいいだけのはなし。必要に応じてintellisyncをつかえばなおよろし。

USBが使えない?カードバスが使えない?そんなの気にしない。無線LANでつないでおけばたいていのことはできる。サーバにつないでサーバのリソースを使えばいいだけです。

メモリがない?遅い?ちょっとねえ、最新のSL-C3000だってメモリは64MBですよ。(ぼくのmobioは96MBだ)画面はmobioと同じVGAだ。CPUのクロックは倍だろうけど、HDDは小さい分遅いんじゃないですかね?ペンが使えない?僕はわりとほとんどキーボードで操作しますよ。マシンは。ペンがありゃそりゃとてもうれしいですけど、ないからといって死んだりしないから大丈夫。USB?そんなんLAN参加しちゃえばたいした問題じゃない。ザウルスはUSBで外部HDDになるかもしれないけど、モビオは自宅LANのどのマシンからもみえるワイヤレスサーバにしてあるし。

【SHARP】≪シャープ≫パーソナルモバイルツール『Zaurus』SL-C3000
負け惜しみを出し切ってしまえば、単純にほしいと思うザウルスのこれ

なれないQTのUIとLinuxで、精力的に開発される新アプリを試行錯誤しながらつかうなら、僕は実績のある枯れたアプリで、デスクトップと同じファイルを同じビューでみたり編集したりしてシームレスにLAN経由でもどしてやれればいいんです。

デカい?あ、はい。でかいです。ごめんなさい。

さて、いままでこれの代わりにとおもっていたVAIOのU101はやむを得ず手放しました。U101は完全にmobioの代わりになった。というかmobioをはるかに超えた快適なマシンだった。ヒップバッグにはいるx86のノートなんか101とmobioくらいしかないとおもっていたし。

まあOQOが日本で安定して手に入るようになればmobioもお役ごめんになるのでしょうけれど、それはまだ先のような気もするので、もうすこし老体に鞭打って働いてもらいたいなあと思います。


魅力的です。はい。

後ろ向きガジェットマニア?でもヒップバッグにはいっていていつでも取り出せるx86のビュア用マシンって大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.16

魯肉麺(ローバーミー) 西新宿 山珍居

sanchinkyo

西新宿五丁目(清水橋)の駅ちかく、山珍居にていただきました。魯肉麺。ランチのときにしか食べられません。650円。

いろんな麺が世の中にはありますが、これはとてもやさしい味がします。煮込んだお肉とにんにくがのっているのですが、こってりではなく、あっさり。非常にゆったりした味で、やわらかい麺もあいまってやさしくいただけます。
パンチの効いた麺ばかり食べているひとも、たまにはこういうのもオススメです。

山珍居は古くからある台湾料理店で、一部のかたがたには非常に有名なところですが、これはランチタイムのみ食べることができます。

アクセスはこちらをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.15

ネタで1個買っておけという値段 アドファミ

ずいぶん前にアドファミを紹介したのですが、トラックバックをもらって、あれ?と



2980円ってそりゃ、ネタで1個買っておけというような値段でいうような値段ですよ。amazonで。

こりゃ、スペランカーでもやるか、電車で、というような値段。

でもこういう値段で昔ワンダースワン(起動音が世界一格好いい)とモバイルワンダーゲートを買ってすぐ飽きてだれかにあげちゃった記憶がないわけでもないんです。

犯人、ヤスだし..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コゲコゲかつナマナマ

僕は焼肉を焼くときに肉はひっくり返しません。もし網の上でひっくり返されてしまった肉があれば、それはもう僕のではありません。だれか食べてください。

なぜひっくり返さないか?と聞かれることが多いのですが、僕はひとつの食材の一部があぶられていて、かついつ部がナマの状態のものが大好きで、わざわざそういうものをを全部あぶってしまってはもったいないと思っているからなのです。こういう説明をしてもあんまりわかってもらえないですが、わかってくれなくていいから僕の肉はひっくり返さないでください。(もしくはひっくり返さない肉というものを残しておいてください。)

週末もんじゃをたべながら、ボーっと考えていました。僕はなぜお好み焼きよりもんじゃを好むのだろう?と。
そしてぼーっと

「コゲコゲかつナマナマが好きだから」

とわかりました。お好み焼きはひっくり返します。まあ、中は多少ナマナマしているものですが、両面焼きです。それに対してもんじゃは「ひっくり返さない肉」とおなじ。表はナマナマ(ナマっていうほどでもないわけなんですが)、裏はコゲコゲですね。

こういうのがポイントなんだ、と。
食べ物を食べる上でこういうどうでもいいこだわりは多少幸せじゃないのかもしれませんが、どうも、こう、裏がコゲてて表がナマナマじゃないと、もったいない気がするのです。

ぐるぐるもんじゃ
ベビースター ぐるぐるもんじゃ

これはコゲコゲしないからダメかというと、これは駄菓子だからOKという不条理を自分の中に感じています。
しかし、1ダースもこれを注文するというのは勇気の要ることだと思います。大人なら箱で1ダース、買いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

俺とおまえとギムネマと

ギムネマと銘打ったサプリメントの顆粒(もしくは粉末)を飲んだあと、砂糖の甘さは知覚できなくなります。ギムネマの効果です。粒サプリだとわかりづらいですが、これは噛み砕いて舌に直接ギムネマの味を感じたあとに同じことをするとわかります。ギムネマは砂糖の甘さをどこかにやってしまうわけです。

ギムネマ茶
105円で試してみよう。ギムネマ茶

これはどうも糖に対する舌の感覚を無くすものだと思って、じゃあ、糖じゃない甘いものならどうなんだろうという実験をしてみました。あくまで、僕の主観なんですけど。

糖でない甘味は、人工甘味料がありますね。代表的なものとしてはアスパルテーム(フェニルアラニン化合物)があります。アスパラギン酸とフェニルアラニンというアミノ酸とメタノールで合成されているものですが、これらは必須アミノ酸で体の中にも存在するものです。アミノ酸は糖(炭素化合物)ではありませんね。メタノールは炭素化合物だけれども。

実はうちにアスパルテームをつかったりんごのコンポートがありました。いや、単純に多少古くなったりんごを適当にザクぎりしてスリムアップシュガーで甘味をつけて加熱しただけのものなのですが。

「あまい、甘いよお母さん!」

と、いうことでギムネマを飲んで(食べて)も、アスパルテームは甘く感じるわけです。

ギムネマの有効性だとかアスパルテーム等の人工甘味料の是非はおいておいたとして、この結果は面白い。

あ、なんかだダイエットの本質とはあんまり関係のない話っぽくなっちゃいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.12

脱いだり着たりを考える

古着で米軍のデッドストックのステンカラーコート(ボアライナーつき)を買いました。膝丈のものでちょっと細めのスタイルのやつ。あたたかくなったらライナーをはずしてスプリングコートとしてもいいかなとおもったので。
レプリカはあちこちでみかけるのですが、(軍用は型紙を流用してあちこちのブランドがリメイクやレプリカをすることがけっこうあるから)なかなか見ないタイプ。ちょっと同じものをウェブでさがしてみたんだけど見つかりません。すみません。(しかも写真も撮ってないです。ごめんなさい)

今年に入って朝晩は郊外にいて自転車で移動して、そのあと電車で都内に通勤するような生活になってから、着るものを考えないといけなくなってしまいました。まえは基本的に自転車でしか移動しなかったわけだから、寒い寒いとN3B(かもしくはM65か適当にダウンジャケットを)を着込んでいればすんでいた訳ですが、電車に乗って移動するとなると多少勝手が違ってきます。
N3Bは満員電車では多少暑苦しいし、かさが大きいので椅子に座るにも満員電車で立つにしても多少うっとうしいのです。そりゃ、外は寒いんですが、電車の中は暖房があるし、なによりも寒いときには非常にありがたいファーつきのフードが電車の中では邪魔になって仕方ない。もって歩くにもかさが大きいから手がふさがるし、そういういみで、電車で移動するには多少不便だなあと感じてきました。N3Bそのものは防寒性に優れているし、軽いし便利なんですが、都市生活をすてて郊外の生活になったらなったで、電車という文明の利器のおかげで多少その能力をもてあましているということなんです。(あと、個人的にはダイエット前に買ったこのN3Bのサイズが多少おおきすぎるということもあるんですが)


スピワックのN3Bはファーがコヨーテ。フェイクファーじゃないからうれしい。

だからといって多少薄着で出かけると、朝晩は自転車に乗るのには耐えられない寒さであります。そもそも郊外は都内とくらべて2度から3度気温が低いのに、自転車に乗るのは朝晩なわけだから、日中の都内との気温さは10度以上になるわけです。たとえば革のジャケットを着ていくと(これは風を通さないから防寒性はあるけれど)薄くてフットワークは軽くなるけれど、さすがに夜に自転車に乗るのは寒すぎる。ダウンジャケットは防寒性はとても高いけれど電車の中では邪魔すぎる。そもそも10度の温度差を同じ服装でいるということそのものが無理があるんですね。

関係ないけれど、茶色の革ジャケットっていうのは土田君みたいになっちゃうようなアイテムですね。まあ、着かた、あわせ方ひとつの問題なんでしょうけれど。

そこで多少あきらめて、薄くても防寒性のあるものを着て、さらに重ね着をすることにしました。脱いだり着たりしやすくするといういみではなくて、薄いものを重ねて着るだけです。

最近はそういうことに気づいて米軍のアノラックパーカを頻繁に使います。

これは薄いけれど意外と風を通さない。まあ、軍用品なんだからあたりまえの性能ですが、これ単体だと袖口からは風が入ります。自転車の乗るのはこれだけだと今の季節はしんどい。その下にセーターを着込んでしまってはなんか違うだろうと思って、M65のライナーを着ています。僕のM65はベージュなのにあろうことか何を考えたかネイビーのライナーを買ったので、黒のアノラックの下にネイビーのライナーというのは意外と組み合わせとしてはアリなのです。M65と専用ライナーの組み合わせは以前に書いたように多少ライナーがだぶつくのですが、単体で着てしまえばだぶつきも気になりません。あたりまえのはなしではありますが。ALPHAのものは単体で着れるようなデザインになってるので、本体と切り離してほかのものと組みあわせるのもできるのです。(この場合M65に装着している状態と表裏逆に着ることになります。)


ただ、オフィスについてアノラックを脱いで、ライナーを脱ぐというのは手間が2回だから面倒ではあります。(アノラックは脱ぐのがめんどうだし)さらに、静電気がバチバチしやすくなるので、脱いだら手を洗うなどして逃がしてやりましょう(静電気は流水でにがすのが一番ラクですね)

あと、オフィスで多少寒いからとおもってナイナーだけ着ていると、着方によってはドテラみたいなのですが、ぼくはこのドテラみたいな感じが逆に割と好きだったりします。キルティングライナーってのは洋風ドテラだ。えへへ。


単体で着るとドテラみたい。M65ライナー

さて、冒頭に書いた膝丈のステンカラーコートですが、膝丈のコートをカジュアルに着るというのはなかなか気を使うとおもいます。正直いうと膝丈っていうのはすぐに野暮になりやすいスタイルなわけですが、いくつかのポイントをしっかり守ればそんなにたいしたことじゃないんじゃないかとおもいます。

・ うちにかえったらすそがしわにならないようにちゃんとハンガーにかける
・ あんまりすそをヒラヒラさせない
・ パンツの素材と色をちゃんと考える

やはり、すそが問題なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野家で

yoshigyu211
食べ物については多少ミーハーですから、はい。

みんな(客も店員も)あわてていて、ばたばたしていて、炊き出しみたいで面白いなあと思いながらゆっくり時間をかけて食べました。
外の気温が低かったので店のガラスはくもって、店内は熱気があふれ、騒がしくてお祭り気分。味はあの吉野家の味で(あたりまえですが)、僕はこれを求めてきたんだけれども、それでも1年に1回しか食べられいようなプレミアムがあるというものでは本来はないから、お祭りでしか食べられないということはそれはそれでいろんな意味で考えさせられることではありました。

ただ、こうしたお祭りでもないかぎり、2人でわざわざ吉野家に出かけていってカウンターで並んで食事するなんてことはそうそうないわけで、そういう意味でも、多少奇妙な体験ではありました。

ちなみに、並んで食べたわけではありません。こういうときに並ばないですむかどうか僕の人生での大きなポイントなのです。
(無意味なポイントが多い人生)

ごちそうさま。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.02.11

マイレージがたまるカード

僕は人生のほとんどの時間を生まれ育った日本国内で過ごしているスーパードメスティック野郎なのですが、国際線のマイレージがたまるクレジットカードを使っています。NWAとUAのものなのですが、これらは以前にいた会社でつくったもの。当時はそれらの航空会社を多く使うということだったからです。

そんなことがほぼまったくなくなってしまった今でも、それらのカードにマイルをためています。これだけ国内だけで生活するなら、ANAとかJALとかのマイレージのほうが、いろいろオトク(ためやすい)なんだろうなとかおもいながらも、どうせJALはNWAの、ANAはUAのマイレージが使えるからまあいいや、と。

で、まあコツコツと飛行機にも乗らないのにマイレージだけはためていたのです。買い物で。

普通に生活していてもお金というのは結構使います。買い物額にあわせてポイントがつくお店は多いですが、それぞれは独自のサービスでポイントに互換性がありません。そうなると全体としては大きな金額を支払っているのに、ポイントは中途半端な額ばかりになります。なんか悔しい気分ですね。
そこで、大学生のときに、どうせ支払うものなのだから、支払う先を一箇所にまとめてポイントバックしてもらえれば大きなものになるだろうとおもって、クレジットカードで支払えるところでは極力クレジットカードで支払うことにしましてみました。クレジットカードは1回払いか2回払い、もしくはボーナス一括であれば金利手数料はかかりませんから、現金で支払うのと同じです。
で、ポイントをためてみたけれどカード会社のくれるカタログにほしいものがなかったらあんまり意味がないとおもって、社会人になって、ちょうどNWAとUAのマイレージに加入したときに、クレジットカードもこれらのカードの提携カードにしてたのです。(実はカードのポイントでの独自プレゼントでもなんだかいろいろもらったりはしたんですが...)


で「いつか仕事を全部放り出して南の島にいくぞ」、と、コツコツとためていました。
これ、買い物だけでも結構たまりました。上記のようにカード経由の支払いがおおかったせいもありますが。

おととしの夏にエイヤって急に会社を辞めてしまって、あとすぐに国内線の飛行機に何度か乗らなくてはならなくなったときに「自腹で飛行機に乗るのはやだからマイレージを使おう」ということで使いました。国内線だと割と少ないマイルでどこでもいけるので、多少つかっても大丈夫だろうとおもったのですが、そのあとも「とりあえず自腹の飛行機での出張」がなんどもあって、そのたびにマイレージを使って出かけるようになってしまって「南の島へラヴラヴ逃避行」何回分ものマイルが「なんだかとりあえず自腹で仕事で」に消えてしまいました。仕事を放り出して使うつもりだったものがかたっぱしから仕事に消費されていく様子は航空会社からのサマリーに悲しいくらいに印刷されて郵送されてくるのですが、まあ、まだ1回分とちょっとくらいの「南の島ゆき」大人2人分くらいマイルは残っているのでよしとしています。

シティーカードのワールドパークスのカードだと、ゴールドだと空港ラウンジが無料でつかえます。イミグレの向こう側(国内線だと手荷物検査の向こう側)のほうのではなくて、手前側のほうのなのですが、ノートPCで作業するスペースとして便利だったり、朝食出してくれたりシャワー浴びられたりするのは国内の出張のときは助かります。だいたい朝は空港までは慌てているわりに空港では時間があったり、帰りにくたくただったりすることがおおいですから。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.10

Datalinkその後とSwatchのAutoquarz

世の中WristPDAなるもので騒がしいですが、個人的にはFossilっていうのはその香りが好きじゃない(じゃあTimexはいいのか?というと、どうも僕はOKらしい)し、Ruputerのほうが好き(だってDOSだし)だけど別にこれもほしくなかった僕が、なぜ引越しで発掘するまで忘れていたDatalinkをいまさら使っているかというと、まあ単純に

手元にまともに動くクォーツの時計がなかった

からなだけなんですが、まあ、あんまりそうひねくれて使うのもなんなので割と頻繁に使っています。しかもわりと頻繁にPCとシンクロさせて。
どんなデータをシンクロさせているかというと

timexsoftware
単純に時間合わせのためだけにシンクロする

Windowsが標準時サーバと時刻を同期するから、そのPCと時計を同期させています。ほかにシンクロすべきデータがないというより、めんどくさいから。標準時と同期させたいだけなら電波時計買えというはなしですがあれはあれで目覚ましならOKだけど腕時計はなんか好きじゃないから。なんじゃそりゃ?とかおもいますが。
(ついでに、いつになったら携帯電話は標準時と同期を取るようになるんでしょうね?)

でもまあ、デジタルは自転車に乗っているときはいささか見づらいので、自転車にのるときはアナログの時計をするようにしているんですが、手元にあるアナログの時計はみんな機械式で、自転車にのるときにつけるというのはちょっと乱暴な話なわけで、Swatchを1個買いました。アナログクォーツを買うのは多少僕の流儀に反することだけれども、手持ちの機械式はみんな具合が悪くて修理待ちなのも、「クォーツ、1本買っておけ」っていうことかとおもって。

【HAPPY Valentineセール】 Swatch AUTO QUARZ STS400B Atom
だって安かったんだもの。

Swatchはオートクォーツやめちゃったみたいで、なぜか安い値段であちこちで見かけます。オートクォーツは1本ほしかったので「アナログは機械式以外ヤダ」とかいう僕も「ああ、これは半分機械式だからOK」とわけのわかんない理屈をこねて、買いました。だって安かったんだもの。

まあなんだか最近クォーツの時計ばかり使っているわけですが、それはなんだか手元の機械式時計を修理に出せないふがいなさから目をそらしているといわれちゃえばそれまでです。えへへ。いや、まあ、グランドセイコーやロードマーベルを修理に出すのはわかるんですが、7S26のSEIKO5を修理に出そうとすると、(その修理代の価格で)もうあと2個買えるじゃねえか!とかいう悲しい現実もあるし、手元には具合の悪い7S26が2個もあるし。

手持ち機械式がSEIKOだけなのは、ポリシー。20代のアジア人がROLEXをつけるということは、他人がそうするのはどうでもいいけれど、僕にはできないことですよ。いろんな意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.09

トランペット吹いてないなあ

学生のときはトランペットを吹いてきました。トランペットが吹けるとカッコウよく見えるという人もいるし、吹けるというと吹いてみて、と言う人がいるけれど、ギターやピアノのように自分ひとりで和音が出る楽器じゃないので、イメージほど格好いいものでもないし、一人で吹いてさまになるのは、本当に一握りの上手な人だけ。ジャズが吹けたりするとまた違うけれど。

実はトランペットは金管楽器の中で一番価格帯の安い楽器です。構造がシンプルだから。プロが使っているものも20万円から30万円くらいのものです。そのくらいの金額になると学生でも多少無理をすれば買えるので、結構学生も贅沢な楽器を使っています。(ほかの金管楽器だとこういうわけにはいかない。ホルンだとプロが使うのはもうとてもとても...)

僕が使っていたのはYAMAHAのYTR-8335HGSという、これまた学生には価格的にも、技能的にも多少無理っぽいモデル。高いから技能的に無理っぽいというわけではないんですが、その仕様が「ちゃんと練習しないと大変だけど、ちゃんと練習すればほかのモデルに比べて重厚な音が出るし、感情が豊かな音が出る」という仕様だったからなんですが。

当時(も今も)学生たちには舶来信仰みたいなのがあって、やはりトランペットというとVincent Bach Stradivariusが大人気なわけなんですが、そりゃBach Stradはいいかもしれないし、王道だし、ほしかったけれど、なんか中学生とかまでBach Stradとか手に入れちゃってるのを見ると「なんかそれって違うんじゃないか?」と思ってしまって、じゃあやっぱYAMAHAだろうと思って、当時YAMAHAでイバってて一番イカす(そして吹くのも大変な)モデルを手に入れたのです。斜に構えているって言われればそれまでなんですが。

ヤマハ カスタムトランペット YTR-8335RGS ”ゼノ”人気商品!【送料無料】
YAMAHAの8335系はHGSのあとXENOシリーズというモデルになった

XENOは専用工場で作り始めたと聞いたことがあったけど(昔の記憶)RGSはHGSの直系なんだろうなあと思ったら、RGSは支柱1本ゴールドブラスベル、Sは支柱2本イエローブラスベルで、HGSのような支柱2本ゴールドブラスっていうのはやっぱりなくなっちゃったのかなあ。

新製品! トランペット V.バックモデル ヴィンセントすべて在庫は選定品!
最近Bachはこうしたモデルも出してきたようで。

スチューデントモデルとStradの間にバリューモデルというか、軽い吹奏感で豪華な仕様で、値段がやや安め?

んで、YAMAHAにしたのは「舶来楽器は固体差が結構あるので、誰かについてきてもらって試奏しないと買えないけど、国産だと固体差が小さいから型番さえ同じならあんまり問題ない」っていうはなしだったから。
実際YAMAHAの高いモデルも(舶来の高いものとおなじように)1本1本職人が手で作っています。(普及価格のものはベルといって先の広がったところが機械で作るらしい)が、さすがにそこは日本人がやることなので、精度がとても高いそうです。実際海外のプロでもYAMAHA使用者は結構いるようですね。


もう最後に演奏会で吹いたのは10年以上前の話になって、それからぜんぜん吹いていないですが、ちゃんとまた吹くことができるように、手入れしておこうかなとおもいました。

あ、まだスウィングガールみてないや。サイレントブラスもほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.07

ブリブリ ブリタ

britacool
ミネラルウォーターを何度も買いに行って重たい思いをするならと、ブリタを買いました。

でかいアルーナは「冷蔵庫のどこに置けばいいんだよ!」というくらい横幅があります。ブリタは密閉されていないので横倒しにすると水びだしになりますから、基本的には立てておかなければならないわけです。まあ水の入った容器を横倒しにして冷蔵庫で保存しているひとなんかいないと思いますが。

なので、クールを買いました。


いまはBrita リクエリ 1.2Lがオススメ。特別キャンペーン:カートリッジ1個増量!(計2個付)

このブリタ、初めて使う前には儀式があります。

・ 開封したフィルタを振りながら踊ります。
・ フィルタを洗って20分水につけて、祈ります。
・ 2回分水をフィルタを通してその水は外にまきます
・ 3回目から、飲んでよろしい。

フィルタのなかを落ち着かせるためのおまじないみたいなもんです。踊ったり祈ったりはウソ。

上の水受けいっぱいに水を入れ、ろ過されていくのを待ちます。水受けが空になったらもう1回水受けにいっぱいに水をいれると、ちょうど容器いっぱいの水が作れます。

さて、味。今日はタバコ吸いすぎで舌が多少麻痺気味なんですが、水道のいやなにおいはなくなりますね。きわめておとなしい、口当たりのいい感触がします。蛇口につけるタイプの浄水器とはちょっと違う感じ。
あのCMは大げさじゃないと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

山と川のある街 弘明寺(ぐみょうじ)

さて、今回の横浜は中華街とかそういうところはスルー。前にもちょっとだけ触れた弘明寺(ぐみょうじ)へ行って来ました。

gumyoji
境内は静かなたたずまい

門前の雰囲気はだいぶ変わりましたが、それでも活気のある街です。ファストフード店に年配の方がいっぱいいるという現象もまあ慣れた。京急の駅をでてすぐのたこ焼き屋は一舟280円。となりはクレープ屋。道なりに坂を降りてくると「くじ屋本舗」という駄菓子屋が。駄菓子スウィッチが入ったままなのでいろいろ駄菓子を買って坂を降りました。300円のくじは1等がPSPという豪勢さ。

gumyojiarcade
アーケードは長い。

このアーケードの真ん中あたりに、観音橋という橋があります。そこのたもとに屋台のお好み焼き屋があるのですが、そこで1枚買って食べながら歩きました。

アーケードを抜けると、市営地下鉄の弘明寺駅。横浜国大付属中学の前。
京急の弘明寺駅と800mも離れているのに同じ名前なのはいつも不思議なんですが。

縁日に行くのが楽しいでしょう。なんか食べてばっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.06

横浜といえばハングリータイガー

横浜にでかけてきました。横浜という街はよくよく考えると都内に住む地方から進学とか就職で上京したひとはわざわざ出かけていく街ではありません。いるのは横浜とその周辺にもともといる人と、進学や就職で横浜やその周辺に出てきて住んでいる人たちですね。なんとなく、歩きながらそう思いました。

さて、横浜にいくんだったら、ジョイナスの下のハングリータイガーでハンバーグを食べることはとても重要です。住んでりゃそりゃそんなに頻繁に食べるものでもないですが、横浜を離れると、用があって横浜に行くときは必ず食べたいなと思います。

htiger1
肉は牛肉と塩コショウ以外のものは使わず、ボールのような状態で丸められ、
こうして炭火で焼かれます。ジュージューと。

htiger2
熱した鉄板の上に乗せられ、食卓でナイフで割ってもらい、特製のソースをかけてもらいます。

229gは結構ボリウムがあります。ダイエット我慢していただきました。ごちそうさま。

ハングリータイガーハンバーグステーキ
通販で買えるのもうれしい
ハングリータイガーハンバーグステーキ

横浜にはほかにも名物あるだろうとはおもうのですが、横浜以外の人はあんまり知らないんですよね、ハングリータイガー。だから、横浜に寄った際はぜひオススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.05

うまい棒

業務スーパーにいったら、やおきんの「うまい棒 めんたい味30本入り」というものを見つけました。買おうかどうしようか5分ほど悩んで、断腸の思いで今回は見送ると決断しました。

やおきん Y1うまい棒めんたい味30入
やおきん うまい棒めんたい味30入

だいたい30本ものうまい棒が目の前にあったら、その場で全部いっぺんに食べてしまいそうです。

子供のころ、遠足のおやつは金額の制限がありましたね。もちろんバナナはおやつに入りませんが、僕はべつにバナナそんなに好きじゃないので(バナナはソフィスティケイトされてない感-もちろん当時はそんな言葉なんか知らない-がいっぱいで、カッコウつけの子供としては好んで食べることはなかった)バナナでかさを増してなんては考えないで、こういう単価の高い駄菓子をたくさん買いました。そういう意味では本当にお世話になったのが、うまい棒と太郎シリーズです。

(バナナがソフィスティケイトされていないから嫌、でもうまい棒はOKという微妙な判断基準は子供ならではのもの)

うまい棒はその単価だけでなく、そのパッケージひとつあたりの量という意味ではすごいなあとおもいます。大人になってから、ほんの少しだけスナックが食べたいとおもうとき、コンビ二で量の多いスナックを買うのは無駄だし(そして無駄に食べて摂取カロリーをいたずらに増やすことになるから)とおもうと、うまい棒を適当に3本くらい好きな味を選んで買うってのが意外とスマートなスナックの食べ方になると思うのです。

(ソフィスティケイトどころかスマートときた。うまい棒なのに。という突っ込みはもちろんスルー)

さて、この30本入り、こんなのを子供がみたら、(すくなくとも子供時代の僕がみたら)大喜びだし、いつか大人になったら食べきれないくらいのうまい棒を並べて片っ端から食べてみたかったので、実行しようと思ったんですが、ダイエットを大幅に我慢するはめになるのであきらめました。大人ってズルいけれど、いろいろ行動に制限があるなあ。

でもまあ、この30本、今度はぜひダイエットを我慢して実行します。そのときはぜひ

30本全部つぶして粉にして一気に飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.04

「元」をつけることについて

昨夜まめをまきながら、ぼそっと

「モト冬樹って、現ナニ?」と言ってしまいました。それを聞いていた彼女は少し考えた後
「現・・・薄毛?」

モト冬樹は芸名で、「元・冬樹」ではないから現○○とはなりません。問うたほうも答えたほうも間違っています。

さて、僕はこの日本語の接頭語「元」という言葉の使われ方にいつも非常に違和感を持っています。

元・スチュワーデス(現主婦)
元・会社社長(現無職)
元・プロ野球選手(現服役囚)

いちいち「元」をつけて説明しなくちゃいけないのかー、と。おかしなことだけれど日本語って便利ですね。
選挙でも「元職」「前職」「現職」って言いますね。元職と前職と現職を厳密に理解して投票してるひとなんかいるんだかどうなんだかですが。

そんなことを考えながら、今日は90kmくらい自転車をこいでいました。リバイブという自転車は腿(もも)の裏の筋肉を使う自転車です。僕の腿の裏の筋肉は普通の人よりきっと鍛えられているんだろうと思います。ほかはまあいいかげんですが、腿の裏だけは自信があります。そんなところに自信を持ってどうするといわれても困りますが、事実なので許してください。まあ90kmもこぐとさすがにくたびれますが。腿の裏。

で、腿の裏に軽い疲労と抵抗をおぼえながらボーっと考えていたことは(リバイブは考え事しながら乗ることが楽な自転車ではありますが)

元って言う言葉で一番僕がすきなのは(多少シニカルに)

「元・新加勢大周」(現・坂本一生)

だなあ、ということ。

いや、彼は引退して北海道で酪農だかをしているはずなので、すでに「元・坂本一生」じゃないかとおもいます。
と、いうか、加勢大周も加瀬大周に改名しています。そうなると、こういうことになります。

「加瀬大周」=「元・加勢大周」=「元・元祖加勢大周」(元・旧加勢大周とはならない)
「某酪農家氏」=「元・坂本一生」=「元・新加勢大周」

もうなにがなんだかわかんない。

汗体臭。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.03

コンポートとドライフルーツ

豆まきましたか?僕はまきました。駅前で。2人で。この寒いなか、夜。

レーズンが嫌いという人は意外と多いですね。レーズンどころかドライフルーツ(加熱加工した果物)全般が苦手というひとが結構いることにびっくりします。

僕は果物はメロン(野菜だ)と柿が苦手ですが、ドライフルーツは結構好き。メロンなんて何がありがたいのか1mmもわかんないんですが、ドライフルーツは大好き。鼻血が出るまでレーズン食う。

果物を加熱して食べるなんて邪道だとか言う人は結構多いのですが、おいしく食べる工夫したものはなんだっていいじゃないかと思うのです。あと、鮮度が落ちてそのままではおいしくなくなった果物も加熱すると生き返るしね。

そういう意味ではコンポートとかすごいすきなんです。モサモサしちゃったりんごはさくっと自分でコンポートにしてしまう。バターをぬったトーストのうえにコンポートをのせて、シナモンシュガーを乗せる朝ご飯とか、たまんない。甘さは控えめにつくるのがコツですね。ヨーグルトとかにもいいです。

マテルネりんごコンポート 375グラム
このベルギーのコンポート、おいしそう

Valadeコンポート アップル&プラム400グラム
いや、りんごだけじゃなくて。ヨーロッパってこういうのが種類がいっぱいあっていいなあとおもう。

ジャムじゃないんですよ。コンポート。甘さ控えめで果物の歯ごたえが大事です。

さて、ドライフルーツといえば、バナナチップスがよくありますが、僕はりんごチップスが好き。
東北の人が帰郷して帰京したときにお土産でくれたりすると、たまんないです。

青森りんごチップ(袋入)
青森りんごチップ(袋入)

りんごの話になっちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇画調

魁!!クロマティ高校を読んだあと池上遼一作画の漫画をみるとギャグマンガでないことに大きな違和感を感じます。本来は逆なんですけど、野中英次マジック。


魁!!クロマティ高校

それどころか、amazonで池上遼一を検索すると、検索結果のよこちょにクロマティ高校が出てくるのはどうなんだろうなと思います。あ、これは直前にクロマティ高校を検索したせいだ。小さな親切大きな(以下略)ですね、amazon。


個人的には課長バカ一代の方が好き。

最初のほうは劇画調で気合を入れて書き込んだ絵と脱力系のギャグでみせる野中マンガはだんだん絵も内容も脱力していき、どんどん内容のないギャグになっていくのはいつものこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.02

ネクタイは女性に選んでもらおう

ひさしぶりにネクタイをして出かけたら(いや、そんなことない、ここのところ毎週ネクタイしめて出かける日がある)どうも具合が悪い。今朝も気づいたら電車は逆方向に走っていて

「あ、これは寝ていて、終点で気づかなくて折り返してしまったんだ」

としばらくして気づいたです。うちに帰ってきてから夕食をとってすぐ寝てしまい、おきたら2時というのも、どうも具合が悪い。

いろいろ言い訳を考えているのですが、どう考えても僕らはイタリア人や英国人のようにスタイルよくスーツを着ることができませんね。アメリカ人ですら日本人よりましに見えるんだからスーツはやっぱり身体的特徴の違いで僕らには似合わないんだよとおもうし、日本の気候においてはどうも合理的じゃないんだよと思っています。いや、言い訳なんですけれどね。

要するに、僕にはスーツは似合わないし、ネクタイしめると具合が悪くなる。


僕のネクタイは割にオーソドックスな色と柄のものがおおいですが、それでも大学生みたいにならないような、おじさんにもならないようなシンプルでいてかつ妙に地味でも派手でもなく、おさまりのいい色と柄がありがたいことに多いです。これらネクタイはもらい物が多いのです。もらったのでなくても自分で選んだのはほとんどない。

大体ネクタイは男が自分で選ぶっていっても、男の僕らは顔の色や形が自分じゃよく理解できないんです。だからひとにんでもらうのが一番ですが、男同士でいってもいいかげんになっちゃいます。自分でネクタイ(とワイシャツ)を買わなくてはいけないようなことになったら必ず女性と一緒に行くことが大事だと思って、無理を言ってでも僕を知っている誰か女性に付いてきてもらったほうが良いと思っています。どうしても一人でいくことになったら女性の店員さんを捕まえてあれこれする。女性の目が一番です。ことネクタイに関しては。

世の中の女性のかたは、僕ら男にぜひご協力ください。ネクタイ選び。

さて、本当にネクタイが苦手な僕は高校生のときやはりネクタイしめて制服をきて学校に行くときは電車で寝過ごしていました。(普段はジーンズで学校いってたのでほんとうに時々)
あるときは逗子だったり、またあるときは品川だったり。起きたときにぜんぜん関係ない土地にいることが多くてびっくりします。だって僕は普段から落ち着きがなく、電車などの乗り物で寝ることができない性格だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »