« 春の猟犬が | トップページ | ひざまくら »

2005.02.28

カリブクイーン

カニカマをカニと間違えて食べたり、もしくはカニの代わりに食べる人ってもういないんじゃないかと思います。

僕自身は実は甲殻類全般が苦手で、かろうじてカニ(の足だけ)は食べられる(好き)なのですが、カニとカニカマどちらかを選べといわれたらカニカマを選んじゃうような人間なので、カニのありがたみというのは多少薄かったりするのですが、まあでもカニカマはカニの代わりに食べるものじゃないと僕も思っています。

つまり、カニカマはペヤングがそうであるように独自のカテゴリの食品ですね。

回転寿司で大量に回転しているカニカマの軍艦は、同じように大量に回転している人工イクラの軍艦とちがって、カニではなくカニカマであることが許されているネタです。(ちなみに人工イクラは、天然のイクラとまったく持って違うものであるにもかかわらず、イクラであるべきという位置付けです。なぜならばメニューに「イクラ」と記されているためなのです。これはどうも微妙に理解できないんですが。)

そこに、挑戦者が現れた。

カリブクイーン(かに風味かまぼこ)30本いり
カリブクイーン(かに風味かまぼこ)30本いり

今や蟹と蟹かまぼこを見間違える人は少なくなりましたが、そんな中でも見間違えてしまう商品の登場です。当製品の一番のポイントはなんと言ってもこのリアル感にありますが、極細繊維を蟹の足として使用することに成功。それにより他社にはまねできないリアル感がでています。調理方法は解凍後、そのままお召し上がり下さい。

リアル感というものをどのベクターで追求したのかというと、多分食感というか、「裂ける感」なのでしょうね。
すごい食べてみたいんですよ。コレ。僕自身カニに似ているかどうかは結構どうでもいいのですが、ここまでいわれると試してみたくなります。
kanikama
ちなみに、今日のランチは、巨大カニカマ1本。それだけ。
本当にそれだけをムシャムシャたべたんですよ。写真のタバコの箱は大きさ対比用です。
この巨大さも、ある意味「リアル」なんでしょうけれど、まあ、ムシャムシャ食べました。ごちそうさま。

|

« 春の猟犬が | トップページ | ひざまくら »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/3117522

この記事へのトラックバック一覧です: カリブクイーン:

« 春の猟犬が | トップページ | ひざまくら »