« コンポートとドライフルーツ | トップページ | うまい棒 »

2005.02.04

「元」をつけることについて

昨夜まめをまきながら、ぼそっと

「モト冬樹って、現ナニ?」と言ってしまいました。それを聞いていた彼女は少し考えた後
「現・・・薄毛?」

モト冬樹は芸名で、「元・冬樹」ではないから現○○とはなりません。問うたほうも答えたほうも間違っています。

さて、僕はこの日本語の接頭語「元」という言葉の使われ方にいつも非常に違和感を持っています。

元・スチュワーデス(現主婦)
元・会社社長(現無職)
元・プロ野球選手(現服役囚)

いちいち「元」をつけて説明しなくちゃいけないのかー、と。おかしなことだけれど日本語って便利ですね。
選挙でも「元職」「前職」「現職」って言いますね。元職と前職と現職を厳密に理解して投票してるひとなんかいるんだかどうなんだかですが。

そんなことを考えながら、今日は90kmくらい自転車をこいでいました。リバイブという自転車は腿(もも)の裏の筋肉を使う自転車です。僕の腿の裏の筋肉は普通の人よりきっと鍛えられているんだろうと思います。ほかはまあいいかげんですが、腿の裏だけは自信があります。そんなところに自信を持ってどうするといわれても困りますが、事実なので許してください。まあ90kmもこぐとさすがにくたびれますが。腿の裏。

で、腿の裏に軽い疲労と抵抗をおぼえながらボーっと考えていたことは(リバイブは考え事しながら乗ることが楽な自転車ではありますが)

元って言う言葉で一番僕がすきなのは(多少シニカルに)

「元・新加勢大周」(現・坂本一生)

だなあ、ということ。

いや、彼は引退して北海道で酪農だかをしているはずなので、すでに「元・坂本一生」じゃないかとおもいます。
と、いうか、加勢大周も加瀬大周に改名しています。そうなると、こういうことになります。

「加瀬大周」=「元・加勢大周」=「元・元祖加勢大周」(元・旧加勢大周とはならない)
「某酪農家氏」=「元・坂本一生」=「元・新加勢大周」

もうなにがなんだかわかんない。

汗体臭。

|

« コンポートとドライフルーツ | トップページ | うまい棒 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
私もリバイブ乗りです。
90キロはさすがにしんどかったのではと思います。
実は私も100キロ走ったことがあって、
腿どころか、下半身全体が腑抜け状態になりました。

投稿: 川上 相知 | 2005.02.17 23:10

川上さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

3時間まじめにこいでいるとヘロヘロになりますね。さすがに。私も1日120kmという日があったりしますが、そのときはそんなかんじです。
でも、上半身が楽なんですよね。リバイブは。
そして、飽きたときはぼんやり空や景色をながめながら足をぐるぐる回しているだけで進むっていう、普通の自転車にはない楽しみもありますね。

ママチャリのデファクトスタンダードになるといいなあとおもいます。

また、いらしてください。ぜひ。お待ちしています。
ありがとうございます。

投稿: akst | 2005.02.17 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/2808612

この記事へのトラックバック一覧です: 「元」をつけることについて:

« コンポートとドライフルーツ | トップページ | うまい棒 »