« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.31

駅で葉巻とパンストと

swing-mango

写真はシガリロ スウィングスウィート10(スウィートマンゴー)。10本入り320円の手ごろな値段のドライシガーです。小田急線の新宿駅の地下で買いました。火をつけるまではほのかにマンゴーの香りがしますが、火をつけるとごく普通のシガリロです。火をつけないで鼻と上唇ではさんでフゴフゴしているのが楽しかったりします。

さて、これはちょっと探すほどの(そして取り寄せてもらうほどの)ものではなかったのですが、「ほしいな」とおもってから手に入れるまでちょっと時間がかかりました。風邪引いて表に出られなかったのと、扱っているお店がなかなかみつからなかったからなのですが、偶然新宿駅の地下、小田急の地下西口改札の入り口ちかくにあるタバコ屋さんでみつけたので買ったのです。(この説明をするために構内図をさがしたのだけれど、ちょうどいいものはなかったです。小田急の新宿駅は複雑なんだからもうすこしいろんなものをちゃんと案内できるものがないとなあ)

そこのタバコ屋さん、一見タバコ屋という風に見えません。あ、いや、タバコ屋さんじゃないですね。タバコもうっている物販コーナーというかんじ。タバコのショーケースの横にパンストとか化粧品とかが売ってるのです。一見して女性が出かけたときに必要になるアレコレをうっているコーナーという感じなんです。スタッフの方も女性。よくみるといろんな銘柄のタバコが売っていて珍しいものもたくさんあるのです。

別に僕はパンストなんて必要ないけれど、なんだか気恥ずかしい気持ちになりながら一箱買いました。あ、いや、シガリロをですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.30

21世紀なんだから と、外反母趾対策?

髪の毛が伸びてヘルメットみたいな髪形になりかけています。まあ21世紀っぽいといえばそうだけれども、売れない芸人みたいでもあり、それじゃダメだともおもいます。

かねてから僕は「21世紀だから紐を結ぶクツはイヤだ」とか言っていますね。「21世紀なんだからいまさら背もたれのない自転車なんて乗れないからリバイブだ」し。クルマにいまだにタイヤがついていたり浮上式リニアモーターカーが万博でしか乗れない21世紀なのだからそれくらいのことを言うのは許してほしいものです。

さて、クツについてはちょこちょこ書いていたりするのですが、これは全部男の視点。まあ僕が男なんだから仕方ないんですが、女性はどういうクツを履いているのか?

「あんまりヒモで結ぶクツは履いていないなあ」

そうですね。パンプスとかピンヒールでグリグリ紐をどうこうしてるクツなんてないです。(編み上げブーツは別)
でもちょっと気になるのが

「あんなにとんがっていて、さきっちょ、大丈夫?」

いや、それ大丈夫じゃないでしょう。世の中には「外反母趾対策グッズ」がいっぱいです。

眺めているとパンプスとかは結構あるですね。形もまあ品のある形で、重要なことは「さきっちょがブワアって広がっていないデザイン」っていうところだとおもいます。つま先がらくでも、女性のクツは外見が一番大事ですから。
痛くない、疲れないと大好評神戸の靴職人が作った5Eサイズのパンプス5E外反母趾ラム革プレーン...
おとなしいデザインのパンプスは結構あるもよう

ハイヒールやサンダルやミュールの場合はどうするの?ということなんですが、そもそも外反母趾っていうのは足裏のアーチを無視したクツの中で、足が前に滑り込んでしまうことからおこるようなんです。足の裏のアーチは体重をうまく分散させるために存在するわけでこれを無視してしまっては足の一部に非常に加重がかかる。
また、クツのなかで足がすべる(前にスライドする)ことも関連してきます。クツのなかで足がすべっちゃいけない。傾斜があればそりゃ前に滑ります。

ハイヒールなどをそのまま履いていると、先っちょの細い部分にドンドン足先がのめりこんでいってつま先が圧迫されますね。アーチが無視されているからその加重も一部にかかりやすくなる。クツが傾斜していて足が前に滑っているならつま先が一番加重がかかってしまうのは自明です。
クツの先っちょが細いということだけが原因でもないんですね(一因ではあるけれど)

じゃあ、先が細くて傾斜(ヒール)があるクツは履けないじゃないか?ということになるんですが、そこはまあ、女性のクツの一部はヒールがあってナンボのものでしょうから、履くなというわけにもいきません。
そうなるとポイントが2つあって

・前に足先が滑り込まないようにしっかりホールドできればいい
・クツのなかでアーチが作れるようになっていればいい

ということになると思います。そうした観点からこういう製品が出ていますね。

前すべり防止カバー ミュールやサンダルがズリズリって前すべり。そんな時の強い見方!
前すべり防止カバー

これは足に巻きつけるタイプ。小さいのでサンダルやミュールでもOKみたいです。

滑り止めながらアーチも保つタイプ
ミュール・パンプス用ずれ防止パッド
ミュール・パンプス用ずれ防止パッド

これはクツのほうにつけるものです。

僕は男だしクツは長いことかけて足に合わせるタイプなのでこういう苦労はしませんが(オフィスではクツをコンフォートなタイプかサンダルに履き替えるし)、女性はイロイロ大変です。ほかに苦労していることとか対策とかをお持ちの女性の方はコメントくださるとうれしいです。

わりきってスニーカーという選択肢もありますね。スニーカーは僕は例によってヒモのないクツ(Adidasのモックとか)を履きますが、なかなか見つからない。女性用は結構イカすのがでてたりするのですが

REEBOK CL Moda Mule リーボック クラシック モーダ ミュール
こういうのはなんかイカします

【ナイキ】 エアモック4 黄/茶/紫 レディース ★送料無料★
Nikeのエアモックのレディースとかもいいですね

Reebok リーボックトラベル トレーナー2
これは自分がほしいな、とおもったもの。ヒモあるけれど、結ばないもの

あ、そろそろ今年のスニーカーがほしくなってきた。暖かくなってきましたしね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.29

グランドセイコー 背伸び気味?

GS6156僕の手元には70年代GS(グランドセイコー)ハイビート(GS61 スペシャル)があります。GSは以前から多少背伸びしてほしいなとおもっていたところだったのですが、先日GSハイビートを譲ってもらえました。GSは非常にプレミアムをもったブランドだとおもっている時計です。でも今はちょっと動かない。修理に出すつもりで、修理を請け負ってくれるかたを探したところで、ちょっとバタバタしていて出せていないのです。もったいない。

(しかし、ケータイのカメラできれいに写真を撮るってのは、難しいですね、ほんと。

バブル以降、ゲット系雑誌のおかげでROLEXが若い人の間で爆発的に普及してしまったのですが、冷静な目でみれば身なりのしっかりしていない(そしてまだ人格がしっかり作られていない)20代の若者が時計だけROLEXっていうのは(もしくはバッグだけLVだったりするのは)バランスという意味では非常に具合が悪いとおもいます。ブランドって言うのは人間がそれをつけることができるプレミアムをもったときに、それらを持ち歩くことができるようになった人間としての証なわけですから。
だけどまあ、靴と時計というのは身だしなみの中ではよく見られる部分で、多少こぎれいに、かつ、多少はいいものをつけていたいという気持ちもあります。

僕の普段の腕時計はSEIKOかSwatchかDatalinkです。Swatchはちょっと若作りしすぎな気持ちではありますが、クォーツはこれとDatalinkしかもってないし。(Datalinkは「変人」というエクスキューズでどうにかなるんじゃないか?)GS以外のSEIKOの機械式も1本をのぞいてかたっぱしから調整をしなくてはならない状態だったりします。


昔は腕時計は、その高精細なつくりのおかげで、持っていることそのものがプレミアムでした。さらにスイスのそれぞれのブランドが、それぞれ厳しい努力の上に高い精度という腕時計プレミアムの根本的な価値を得て、そののちに芸術性という大きな付加プレミアムをさらに得て、さらに、有名なシチュエーション(事件や人物)で使われるという付加プレミアムを得ることでそれ自体の価値を高めてきたといういきさつがあると思います。

SEIKO、とくにGSは、高い精度という腕時計そののもの根本的なプレミアムについて世界最高の栄冠を手に入れ、これから芸術性だとかシチュエーションだとかいうプレミアムを得ようというときに「クォーツ」というパラダイムシフト(時計の精度についての価値観のひっくり返してしまった革命)がおこってしまい、さらに自分自身でそれを推進してしまったために、根幹のプレミアムを失い、そのためにこれから得られるはずだった付加的プレミアムのほとんどを失ってしまったという悲しいブランドであります。
これはまあSEIKOだけのせいではなくて、産業革命のように歴史的にどうしようもない要因だったし、SEIKOだけでなく、精度という根幹のプレミアムのが崩れ落ちてしまったために時計業界全体がとんでもないことになってしまったということもあったりするのですが。

日本で今ひとつSEIKO、そのなかでもGSが「他のスイス製時計よりも格下」と思われているのはそういういきさつがあるからなのだろうけれど、「どのスイス製時計よりも抜群の高精度の機械式」というプレミアムはやはり大きなものですし、かつそれが自分の生まれ育った国の技術の結晶だと考えるとこれは日本人として誇ることができるプレミアムブランドなのです。

(そういう意味ではいかに芸術性や歴史というプレミアムがあったとしてもムーブメントがクォーツになってしまった高級時計ブランドというのは、時計のプレミアムの根幹がおかしくなっているために価値的には本末転倒な存在だとおもいます。)

ブランド選びはそういうバックグラウンドを理解したうえでするとカッコウよいとおもいます。そういう意味では僕は機械式GSはオススメだとおもっています。
20代でGSっていうのも背伸びだとはおもいますが。(もうすぐ三十路だけど)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.28

水のいらないシャンプー

水のいらないシャンプー

ずっと風邪を引いていて髪の毛を洗えない間(髪の毛を洗ってしまってはまた熱があがってしまいます)、この"水のいらないシャンプー"を使っていました。
僕は以前は割と頻繁に入院することが多くて、自宅に「入院セット」と呼ばれる身の回りのもの一式をもっていたりします。これはまあ洗面用具一式とテレカと手鏡(没収されないもの)と目覚し時計、箸、スプーン、プラスチックのカップ、目覚まし時計などをまとめたもので、急に入院することになったらうちのひとがとりあえずこれだけもってきてくれれば生活できるというものです。(お金とか保険証とははまた別の問題ですが)

そのなかにこのいわゆるドライシャンプーを入れています。入院していると入浴が自由でなくなるし(管つなぎっぱなしで風呂に入るには医師の許可とテクニックが必要だし)、洗髪なんてもっと自由じゃなくなるわけです。だけれども頭っていうのは人間には珍しく毛がいっぱい生えている場所だし、とにかく不潔になりがち。蒸しタオルで拭くだけできれいになるわけじゃないし、ニオイもでてきますから。僕はニオイは苦手で自分のニオイもだめなので余計こういうときは困るのです。

この週末はずっと風邪がひどくて熱もあったので髪の毛が洗えずにいたので入院セットからこれを取り出して頭をきれいにしていました。

使い方は蒸しタオル(電子レンジでつくる)で頭全体を蒸らした後にこれをスプレーしてよく頭皮になじませます。ブラッシングをしてから別の蒸しタオルでふき取るのです。これだけで結構違います。髪の毛や頭皮の汚れはシャワーで流すよりはとりづらいですが、何よりもカユミもニオイもだいぶなくなりますし、身体を冷やすことがない。
蒸しタオルの後は乾いたタオルでよく拭かないとシャワーと同じように身体を冷やして意味がなくなっちゃいますが、そのあたりの手順を間違わなければ病気でいたって髪の毛はある程度は清潔に保てるのです。

でもまあ、シャワーが一番なんですが、それだって回復してからでも遅くない。体の状態が一番ですから。

会社に泊まってシャワーが浴びられなかったときとかにもいいと思います。僕はまあ今はオフィスに泊まってもシャワーがあるので今はオフィスにはおいていませんが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.27

電話機のUIに思う

京ぽんを買ってからはメインの電話が京ぽんになっていて、SO505isをよく持たないで出かけたりしています。電話番号としては相互に転送なのでどちらかを持っていればつながるわけですからね。

フルブラウザに関して言えばSO505isで試してみたjigブラウザもそこそこ使えるなとはおもいました。だけれどもPDCでパケット代を払いつづけるつもりはないなあと。FOMAになったら考えます。
Scopeに関しては作りこみの甘さがどうもなじめませんでした。いずれも今後のアップデートには期待しています。(それと僕自身がPDCから去らなければならない。)

そうした中ではやはり持ち歩くブラウザとしては京ぽんのOperaは(比較的)高速で再現性も高いから今の時点ではベストなんだろうけれど、(ネイティブアプリなんだからJavaでかかれている上記2つのフルブラウザより高速に動作するのはあたりまえ)電話機の他の機能との間にUIの一貫性がないというのはやはり痛いです。これはiアプリなどでフルブラウザを実現する方法でも起こる問題なのだけれども、京ぽんの場合、この問題が「そもそも機能が不足しているか中途半端」という問題とあいまって、本当に惜しいことをしています。

持ち歩くブラウザとしては最強なのだが電話やPDAとしてはムカつく

これは僕の京ぽんの記事を紹介してくださっているページでの、僕の記事の紹介文なのですが、まさしくそのとおりなのです。


京ぽんに限らず日本の電話機デバイスにおけるUIの致命的な問題は、日本のメーカのUIに関しての認識が足りないということと、海外メーカの良質(かもしれない)UIの導入が「日本語入力」という障害があってなかなか入ってきづらいことにあるのではないかな?と思っています。

日本のメーカのUIに関する認識といえば、5年くらい前、ある日本の大手電機メーカに赴いたときに、あるデバイスのUIについてそのメーカのエラい人に「UIのガイドラインがない」ということを真顔で、かつ問題として捕らえていない表情で言われたことがあることをおもいだしました。

「そんなもん、ないよ。設計主任者ごとに、ちがうんだ。」

そのとき、話にのぼっていたデバイスは電話機ではないのだけれども、当時国内でだいぶ普及していた(というかどこの家庭にもある)デバイスで、僕はどうしようもない気持ちをお土産にもらって帰ってきたのです。

そういう「基本的な考え方がない」状態っていうのは5年間努力したからといって大幅にどうにかなるものでもないでしょう。だからといって海外のメーカのUIが良質だと思うのは幻想なのかもしれないけれど、少なくともUIを「ソフトウェア」として考える海外のメーカ(日本のメーカはUIまでハードウェアとして考えているんじゃないか?)にはよりいっそう期待するところであります。

ただ、僕自身は海外メーカの日本語入力にもこっぴどくしてやられているので、過度に期待することが出来ないでいたり複雑なんです。

いつになく辛辣なエントリですが、電話機デバイスの開発にかかわっている方々には、とくに日本のメーカの方々にはマジメに考えてほしい問題なのです。

いや、電話サービスのほうにも問題がたくさんあるわけですが、その辺の話はまたおいおい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ネオシーダーでセキを

前に「ただしくない使い方」で紹介したネオシーダーですが、今日はセキがとまらなくて本当につらかったので、ネオシーダーを「ただしい使い方」で使いました。どうにもこうにもセキがとまらなくて、腹筋が痛くなるまでセキをしていたので、一箱かってきてもらったのです。

ネオシーダーキングサイズ20本 (医薬品)
医薬品です、これ。

とりあえず、プラシボだろうがなんだろうが、僕はこれでセキがとまるのです。

裏付けが取れている話ではないのですが、流通が不安定(時期や店舗によって多かったりまったくなかったりする)なのは原料の供給が多少不安定なためとききました。みなみの方から船で原料がやってくるんだそうです。が、まあ、噂話レベルの話ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

ペーパークラフト

コンピュータとインターネットが便利になって、身近にそして手に入りやすくなった(手を出しやすくなった)ものというのがいろいろありますが、ペーパークラフトってそういうもののひとつじゃないかな?と思います。

ペーパークラフトというのは3次元の型紙を2次元に投影させて図面を引いて、それを切って折ってはり合わせて3次元にするという、割と高度な置き換え作業の連続です。以前のペーパークラフト作りというのは一般的には「組み立てる」作業がメインで型紙そのものについては本を買ってくるか、キットとして買ってくるのが多かったわけです。それが今や、3Dデータからペーパークラフト用の展開図を簡単に作成できるソフトがあったり、いろんな作家さんがフリーで公開していたりして、PDFとかPNGファイルを原寸でカラープリンタで印刷して、画用紙などにはり合わせて切って組み立てることができるのです。スゲー。

ペパクラデザイナー
3Dデータから展開図を簡単に作成できる"ペパクラデザイナー"

企業も自分の会社のプロモーションの一環としてペーパークラフトを公開しているところがあります。
日産自動車だとかJR西日本だとか阪神だとかは自社のクルマや電車のペーパークラフトを公開しています。近鉄なんて作り方の解説まであります。どれも結構気合がはいっています。こういうのはウレシイ。

フリーで公開されている作家さんもたくさんいらっしゃいますが、僕が特に気に入ったのはこれ。
「いもむし工業」さん。

寸足らずの鉄道模型というところではBトレインショーティーのようではありますが、こちらは特徴をつかんでデフォルメするというアプローチ、しかも無料(走らないけど)でかつ豊富なバリエーション。どれも力作ばかりです。
(それにBトレインは寸足らずなだけで(長さが半分なだけで)実は精巧なスケールモデルで、それがウリでもあるし...)

いもむし工業さんの"209・E231系他"のところ

コピー用紙で作ればヘコヘコの車体が忠実に再現できます。

とあるのも作家さんのセンスが光るなあ、とおもいました。

僕は不器用なのであんまりうまくこういう工作ができるタイプではないのですが、ペーパークラフトというのは型紙を見ているだけでも結構楽しいものですね。

楽天でペーパークラフト関連製品を探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

ネコの手、借りた

nikukyu
風邪引きました。どうにもしんどいので、ゴロゴロしながらうちのボウズをいじっていたのですが、彼は怒るとガブガブ噛むのでちょっとあちこち傷だらけになりました。肉球くらい自由にいじらせてくれたっていいのじゃないかとかおもうのですが、あすこは実はわりと敏感なところらしくてヒトに触られるのは嫌いらしいですね。

こないだヨソのネコの世話をする機会があったのですが、ヨソのネコっていうのは小さいし、噛まないんだなあと関心したので、飼い主に「小さくていいコですね。噛まないし」といったら怪訝な顔をされちゃいました。まあ、普通10kgも体重があっていつでもなんでも噛むネコっていうのはそっちのほうが不思議みたいです。


肉球はうちのネコでもヨソのネコでもそうそう見せてくれたり触らせてくれたりするものじゃないので、写真集でのんびり観察するというのも心の安らぎのためには大事だなあ、と。

風邪引いてると気持ちも弱まりますから、こういうのって必要だなあと思います。僕の場合、猫の手借りたら傷だらけになってしまったわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

今年の花見は米軍で キャンプ座間桜祭り

去年は桜の季節にバタバタしていてデパ地下で買ったお弁当を風の強い公園で広げてあわてて食べたりしていたり、リバイブで神田川をこいでそれで済ませてしまったりしたのですが、今年は違います。

キャンプ座間に出かけていきます。今年の在日米軍の桜祭り(Cherry Blossom Festival)は4月9日土曜日に行われるようです。(リンク先は在日米陸軍のページ・英語)

ワッパージュニア in Zama

僕はよくまあ米軍基地に出かけていきます。去年は夏に座間に牛肉食べにいこうとして食べられなくて、そのあと横田でTボーンステーキにありつけて満足していたりしていますが、座間のあの雰囲気は好きなんです。なんていうか、緑がおおくて広々としていて、ちゃんと街があるし林だとか丘だとかゴルフ場だとかまであってその鉄条網の中だけ日本じゃないみたいだし。(実際主権は及ばないが、そういうことをいっているのではなくて、雰囲気が違う国みたいだ、ということ)あと、日本からはもう撤退してしまったバーガーキングもありますしね。


横田は格納庫とその前のコンクリ舗装の地べただけでお祭りをやりますが、座間は米軍施設のなかにある街の一部(野球場みたいな広場があったり、講堂があったり)でお祭りをやります。だからのんびりできるんですよ。

車で行ってはいけません。とめるところはありません。電車と徒歩で行きましょう。ゲートで荷物のチェックがあります。めんどくさい思いをしないように、できれば手ぶらに近い格好で行きましょう。
僕はウェットティッシュ、ポケットティッシュとレジャーシートだけ小さいトートにつめて出かけていこうと思います。お花見だからレジャーシートは必須ですね。それ以外はあんまり荷物は持っていかないよ。

「花より団子」もとい「花よりお肉」

<追記>
行って来た。人が多かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.22

ヒデじい 西城秀治

「ちびまるこちゃん」第13巻を読んでいて、花輪くんのうちの「ヒデじい」にもドラマチックな人生(青春時代とか)があることを知りました。


ちびまる子ちゃん 第13巻
さくら ももこ / りぼんマスコットコミックス

そしてフルネームが「西城秀治」であることもしりました。

日曜にぼーっとテレビをつけっぱなしにしているとときどき出てくる丁寧な老執事。ああいう人はなかなかいないよなあ。

(あとまあ、この13巻では浅草時代のビートたけしに野口さんがサインをもらったりする)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.21

VAAM Walker ヴァームウォーカー

vaamwalker

写真はヴァームウォーカー。リバイブのサドル(といういかシート)の上に載せています。背もたれが見えますね。
ヴァームより薄くてヴァームウォーターより濃い味。より「清涼飲料水」っぽい味です。清涼飲料水としてはヴァームシリーズのなかでは最も洗練された味だと感じました。

最近運動不足と食べ過ぎでちょっと体重が増加気味なので、時間をつくって自転車に乗っています。
やらなくてはいけないことはいっぱいあるのだけども、だけれどもとりあえず「考える時間」もひつようだし、リバイブは考え事しながら乗るのには適した自転車だし、お天気もよかったですし。

暖かだったので油断して薄着でウロウロしたら、体を冷やしました。
ヴァームは去年の大ダイエットの大きな立役者で、これがあると体はあったまるのですが、(脂肪が燃焼するというのはこのことか、と、おもうくらいに)このヴァームウォーカーをみつけて飲んだのはもう家の直前だったのです。ちょっと残念です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.20

術語集、そして琉伽といた夏

気持ちを安らかにするために、本を読んで自転車をこいでいました。

まずこれ

術語集 気になることば
中村 雄二郎 岩波新書

現実や世界を読み解いていくためのキー・ワード=術語。現在の〈知の組みかえ〉の時代にあって、著者は、記号、コスモロジー、パラダイム等、さまざまな知の領域で使われている代表的な四〇の術語と関連語について、概念の明晰化を試みながらそれを表現の場で生かそうとする。現代思想の本質が把握できる、〈気になることば〉の私家版辞典。 

これ大学受験のときに受験のために買ったんですが、入試に役立てることをしないで(そういう科目を選択しなかった)、そのあとの大学の勉強に役立てた覚えがあります。受験勉強がその後の人生に役立った例ですね。
今読んでも実に意味のある書です。僕自身は記号論の基礎知識として捕らえたんだけれども記号論はちゃんと勉強したとはいえないなあ。

つぎにこれ


琉伽といた夏
外薗昌也 ヤングジャンプコミックス

平穏な日常を送っていた遠野貴士と弥衣兄妹。だが、ある夏の朝、弥衣は空を覆った不気味な閃光の直撃を受けた!! 奇跡的に命はとりとめたものの、その直後から不審な行動をとり始める。妹の身に起きた驚愕の真実とは!?

これはSFモノですね。全4巻で一気読みにはちょうどよいボリウムだったのです。外薗昌也氏は「目に力のある」絵を書きますね。ただまあ、兄って妹に対してこんなにコミットした日常生活をしていたかなあ?と、兄としては思います。

そして自転車を3時間くらいこいでいました。オフィスに行かない休日って素敵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

クマの形をしたパスタ

kumapasta

写真はクマの形をしたパスタです。例によってロオマから妹がもってきたものです。これ以外とおいしくて、こういう複雑な形をしている穴の部分に味がしっかり入り込むのです。春キャベツ、カットしたトマトといっしょにマヨネーズであえたりするといいかもです。ペンネの代わりにアラビアータにしてもいいですね。

似たものを楽天でみつけました。

アルゴ・ボルド エッグパスタ ベアパスタ 125g
アルゴ・ボルド エッグパスタ ベアパスタ 125g

奇をてらったような形ですが、味という面では実用的な形なんですね。ごちそうさま。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.18

大塩平八郎の妹の名前

高校2年のとき、大学受験のために3年からの選択科目を検討するという段になってクラスメイトが

「○○大学の△△学部の日本史って半端なく難しいらしいよ」

と言い出しました。彼が言うには

「中堅有名人の妹の名前が出題されるくらい難しい」というものでした。

「中堅有名人って誰だよ?」
「大塩平八郎くらいじゃない?」
「大塩平八郎って中堅か?それより知名度は上じゃないか?ってか大塩平八郎に妹っているのかよ?」
「超有名ではないだろうから、中堅だろ。それに妹なんか知らないよ。だから難しいって言ってんだろう。」

このどうしようもない会話で僕は大学受験の社会の選択肢から日本史をはずしました。若いって恐ろしい。

日本歴史占い。これをやってみました。僕は空海でした。空海がどんな人かはよくわからないけれど、多少むずがゆい結果です。

さてこれを見ていると「大塩平八郎」なんてでてきません。そうするとやはり彼は「超有名人」ではなくて「中堅有名人」なんでしょうか。「八百屋お七」がいるのに「大塩平八郎」がいないとなるとやはり「中堅有名人」なんでしょうね、平八郎。

いまだに大塩平八郎の妹の名前どころか、彼に妹がいたかどうかも知りません。誰か教えてくれるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

ハンモックで寝る

オフィスで寝るためにリクライナを持ち出して使っているわけですが、そうなると自宅で昼寝するツールがないなあということに気づきました。まあ社会人なので昼寝が生活に占める時間というのは大きくないはずで、そういう理由でリクライナを自宅からオフィスに持っていったわけなんですが、でも昼寝は快適にしたいよ。

部屋の中で使える、しかも上からつるさなくても大丈夫なハンモック。仕組みとしてはフレームを組み立てて、そこからつるすわけでつるされる位置も低いから高所恐怖症の僕も大丈夫。フレームの脚の部分にはゴムがついているので部屋の中でも床を傷つけずに使えるようで。
本来はオモテでつかうようなものなんでしょうけれど、僕はリクライナ(これもアウトドア用だ)を部屋の中で使うので無問題。今、自宅に昼寝ツールがないのでちょっとこれはマジメにほしいなとおもいました。
置く場所が問題?使うときだけ場所が必要で普段はたためますね。これもリクライナといっしょ。アウトドア用っていうのは意外と日本の住居事情にマッチするのですよ。

ただ、このハンモック、会社で昼寝するために使おうとしたら、周りの目が痛いかもしれませんね。自宅で使いましょう。僕のリクライナも会社にやむを得ず泊まるときに夜だけ使うようになってしまいましたし。

そういえば7年位前にビーチチェアっていうかディレクターチェアを会社に持ち込んだこともりあました。その後転職したオフィスではみんなが勝手にすわって壊してしまってかなり憤慨した覚えがあります。

コンパクトなデイバッグ型ビーチチェアColeman(コールマン)コンパクトビーチチェア 170-5789 ...
Coleman コンパクトビーチチェア

とにかく、僕らに大事なことは身体を横にすることですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

ホルストのバレエ組曲とウォルトンの戴冠式行進曲

クラシック音楽のことを書いてもコメントやトラックバックがつきません。スルーされちゃうんですが、それでも書くよ。

個人的には英国の作曲家ってぱっとしないなあと思います。聞く人が聞いたら怒り出すようことだけれど。
だけどまあ、それでもホルストとかウォルトンなど有名どころは聴いています。

ホルストは「惑星」が有名ですが、今回フォーカスするのはそれじゃなくてバレエ組曲。

ホルストの「バレエ組曲」はNAXOSのホルストの「惑星」のCDに収録されています。(多分このCD以外のCDはないんじゃないかな、とおもう)
指揮はエイドリアン・リーパー。ブラチスラバ(スロヴァキア)の放送交響楽団との組み合わせの「惑星」はダイナミズムに欠ける演奏ではあるとおもうが、こういう演奏もあるのだなあと思わされます。世の中にはパンチが効いた「惑星」があふれているので新鮮かもしれない。
NAXOSは香港のレーベル。東ヨーロッパの楽団と若手中堅の指揮者の組み合わせで新しい演奏と低コストを実現しているので、値段以外にもちょっと変わった曲がラインナップされているの点も魅力です。

英国人がバレエをおどっているようなところはあまり想像できないのだけれども、ホルストの「バレエ組曲」は正統的なバレエ組曲だなあとおもいます。ロシア人の大掛かりだったり、前衛的すぎるバレエ組曲になれているとつまらないかもしれないですが、僕はこういった正統的で小さな宝物のようなバレエ組曲はとてもいいとおもうし、旋律に愛があります。僕はすくなくともストラヴィンスキーのバレエ組曲には愛を感じることができないし、たとえばオーケストレーションの天才ラヴェルの「ダフニスとクロエ」ですら、ちょっと聴いているとくたびれるので。あれはあれでいい曲なんですけど。

こうして聴いていると結構英国の作曲家もすてたもんじゃないなあ(有名どころだけだけど)とおもいながら、次はウォルトンの話を。

ウィリアム・ウォルトンは20世紀英国の作曲家です。英国人としてはエルガーほど日本ではフィーチャーされていないけれど、映画音楽を中心に、確かな評価がある作曲家ですね。
映画音楽だけでなく、式典用の曲から交響曲まであります。大衆的なつくりからロマン的なつくりまでできるということですね。

交響曲は僕はちょっと難しいのですが、戴冠式行進曲などは非常に好きです。わかりやすい。

前の国王ジョージ6世の戴冠式のためにつくられた「王冠」(Crown Imperial)は正統派の式典行進曲です。華やかで荘厳だけれども非常にロマンティシズムあふれる旋律でつくられていて、わかりやすいつくりのなかに繊細さを感じます。

今の国王エリザベス2世の戴冠式のためにつくられた「宝珠と王の杖」(Orb and Scepter)はCrown Imperialの流れを汲む(構成の似た)式典行進曲ですが、さらに円熟した雰囲気で、華やかさと繊細さにあわせて力強さのある曲ですね。それぞれ甲乙つけがたい出来です。ウォルトンの戴冠式行進曲は行進することができない行進曲ですが(テンポが変わるから)、そういう「式典音楽」なのでべつにかまいません。

ホルストにしてもウォルトンにしても、なんか愛のある旋律なんです。このあたり。そして今僕には愛が必要。月曜日がホワイトデエであることすら忘れていたくらいだから。(4月まではまたひとりだから、今、春休み)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.15

ゲーム伝説とアイツ

ナムコがカバヤとコラボしてゲーム伝説なるものをだしてきました。CD-ROMから起動可能(インストール不要)で、ナムコの懐かしいゲームを315円(お菓子つき)でコンビニで買えるという代物です。

ナムコの80年代の人気作がコンビニ価格で登場
パソコンでゲームをやったこと無い!という方でも安心!

簡単操作! インストール不要!

収録ゲームは
『マッピー』 (1,2,3,4,5,8 面)
『ドルアーガの塔』 (2,3,4,5,15,18,21,26,29面)
『グロブダー』 (1 ~ 12 面)
『ディグダグII』 (1,2,3,5,7,8,10 面)
『モトス』 (1 ~ 9 面)
のうち、いずれか1タイトルを改変したもの
Windows 98/me/2000/XP 対応 要CD-ROMドライブ

公式ページより引用

ゲーム伝説(カバヤ食品 食玩) BOX
大人なら箱でいきましょう。サクっと。

昔のテーブルゲームにあった説明の紙復刻版もと「ゲームセンターあらし」の作者すがやみつる先生のコメントがおまけにとあります。すがやみつるセンセイの絵って80年代バリバリですから、懐かしいというかなんというか。僕は子供のころ
「ああいう子供にはならないぞ」
と心に決めていました。すがやみつるセンセイはそういえば昔ASCIIからMSX2の試作機の提供を受けてつかっていたような気がします。MSXのマンガとかも書いていましたね。


マッピーかあ、買おうかな...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.14

矢田亜希子さんの前髪(が自由化したなあ)

日曜の終電の中で、ブランド王ロイヤルの社長の前髪が日常生活を営める程度に縮小したようなウィッグをつけた紳士を見かけて、前髪についていろいろ考えていると、矢田亜希子さんの広告写真が目に入ってきました。そこで男性の前髪について考えるのはやめにして彼女の前髪について考えながら帰ってきました。

(森田社長は自前なんですかね?あの紳士のはウィッグじゃなくてエクステと呼ぶべきだったのでしょうかね?だって前だけだったんですよ、ひさしの部分だけ)

「最近、矢田亜希子さんの前髪が自由化してるなあ」

昨年くらいまで、矢田亜希子さんといえば、花王ケープもびっくりするくらいどんなシーンでも前髪が特徴的でした。トレードマークとうくらいな不自然さはないけれど、予定調和という言葉がしっくりくるくらいの前髪ね。

それがどうも最近前髪がそうでないんですね。固定イメージを避けたのかもしれません。なんていうか電電公社がNTTになって電話が黒電話だけでなくなったとき(電話事業の自由化)のような気持ちがします。静かに、そして着実とした変化というかなんていうか。電電公社の民営化という大イベントをのぞけば、電話の自由化っていうのも割と静かで着実なものだったと思います。

矢田亜希子さんはテレビCMや雑誌の表紙でいつも見かけますね。他のタレントさんとちがってジョイントプロモーションみたいな波のある露出(映画とかドラマが近いと露出がおおくなるということ)ではなくて、いつもこちらを向いて微笑んでいます。静かに、そしてとても露出が多くて僕らは意識的、もしくは無意識にいつも彼女の顔を見ているわけです。

広告としてはこうした静かで着実な影響力っていうのを期待しているのでしょうから、お金のことも「よーく考え」てしまったり、あの航空会社で出かけようと思ったりしたら、それは広告キャラクターとしては大成功なんだろうとおもいます。でもこれだけ静かで着実な影響力ってなかなかすごいことですよね。

隠然とした影響力の行使という意味で言えば、たとえば先日後継者が決まってほっとしている大山のぶ代さんの声でテレビから
「みんな、学校なんかいくのやめちゃおう」
って声が聞こえたら小学生はいっせいに学校にいかなくなってしまうなあとか、
電話をかけるとかたっぱしから中村啓子さんの声で
「ただいま、すべての通話が規制されています。後ほどおかけ直しください」
とかいわれたら日本中パニックをおこしちゃうんだろうなあ

と、ほんとうにどうでもいいことばかり考えちゃう日曜の終電の中でした。だって2週連続して日曜にオフィスに仕事しに出ていて、2週連続オフィスに泊まっちゃ悲しいとおもったけれど、だからといって日曜の終電ってのもやっぱり悲しかったから。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.03.13

おさかなポリンキー

日曜なのに、そしてもう夜10時すぎたのに、オフィスで仕事してます。年度末ですね。
ろくに食事もとらないでこんなのを食べています。

おさかなポリンキー てりやき味
おさかなポリンキー てりやき味

そういう生活は改めないといけないんですが、年度末だから許してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

有言実行高尾の冬そば(とろろそば)

takaosoba

以前に話題にして、それでもいけなくてグズっていた高尾のおそばですが、今日いってきました。ひとりで。そして自転車で
以前に記事を書いたとき、結構トラックバックやコメントをいただいて、そのなかで結構皆さんたべにいらっしゃっているので、それを拝見してはグズグズしていたのですが、なかなかタイミングがなくていけずにいて、今シーズンは無理かなあとおもっていたところ、今日なんとなく自転車をこいでいたら(現実逃避という)高尾に出てしまったので、勢いで行ってしまいました。

高尾山口の駅についたのが夕方で、ケーブルカーに乗って上に上がろうかとも考えたのですが寒いしあれは傾斜が日本一キツいケーブルカーなので怖いし(高所恐怖症)、駅前でグズグズしていたら最終のケーブルカーがでていってしまって(内心ホっとしたけど)、ああ、これはもう高尾全体が店じまいの時間だとあわててお店に入ったのです。
(高尾というのは日帰りの観光地なので、ケーブルカーが終わる午後6時には全体が店じまいになってしまいます)

あったかくて、ボリウムがあってコシがあってトロトロしていておいしくいただきました。ごちそうさま。

日中はあったかだったのですが夕方は寒くて帰りは往生しました。高尾っていうところは自転車でいくところじゃあないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恵安の動画再生HDDケース

恵安から新製品が出ました。動画再生可能な3.5インチHDDケースです。

JHMP-2500S
恵安 JHMP-2500S

MP3/JPEG/MPEG/MPEG2/MPEG4/DivXファイルをTVやVGAディスプレイに出力可能です。アナログVGAに出力可能というのはなかなか便利だと思います。僕はテレビ全部捨てちゃって液晶モニタでTV放送を見ていたりしますから。
USBコネクタを2つつかうことによって電源を供給することができるのでACアダプタを使わなくていいというのもよいことです。ACアダプタなんて非人道的だとおもうわけですから。この種のケースはいろいろ出ていますが、こういう割り切った設計のものはいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.11

クイーンアリスのケーキ

クイーンアリス チョコレートのパウンドケーキ
ダイエットをガマンして
クイーンアリスのチョコレートのパウンドケーキをいただいています。
ただのチョコレートケーキでなくて、チェリーソースがかかっていて甘酸っぱさもあり、これはおいしいなあとおもいました。ごちそうさま。

これは石鍋シェフという方のブランドなんですね。クイーンアリス。ちょっといまから注文するとホワイトデエには間に合わないですが、おいしいものはイベント関係なく食べましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.10

オフィスで寝る(な)

昨夜はガリガリ仕事をしていたら、帰るのがめんどくさくなってオフィスに泊まってしまいました。僕の働くオフィスにはシャワーがあるので次の日も清潔に生活できるので、オフィスに泊まるということはあんまり気にならないことではあります。

以前は「どんなに遅くなろうともうちに帰る」という生活が5年くらい続いていました。その前は「めんどくさいから帰らない」という生活が3年くらいで、どうもその辺の理由が「通勤電車がイヤ」ということなんじゃないかな?とおもいました。自転車でオフィスに通える距離じゃなくなっちゃったですから。

と、オフィスに泊まるときは、仕事と睡眠の間にやることがないので(テレビのうつりがよろしくない)、ギリギリまで仕事します。仕事人間みたいだけれども、それは仕方ない。

marga

寝るときは以前紹介したリクライナを、今は実はオフィスに持ち込んでいるので、これと毛布で寝ます。あれは本当は昼寝用にかったのですが、社会人がそうそう昼寝ばっかりしているわけでもなく、効率的に使おうかとおもって。折りたたみできるので便利です。

Coleman ニューファーストクラスチェア
Coleman ニューファーストクラスチェア

寝れる椅子とていはこんなのもあります。

自由自在に変化して、思いのままのスタイルでリラックス(グランドマンボウチェア)
グランドマンボウ

これいいですね。友人に「普段これで寝ている」という人がいます。

小型軽量!シルク100%の携帯用寝袋「シルクトラベルシート」
シルクトラベルシート

僕は個人的にはリクライナがあるから、その上で毛布のかわりにこのシルクの寝袋がほしいです。心地よさそうだなあ。

と、ここまで書いていて、冷静に考えると、オフィスで寝るのに快適なものを探すのはなんだか多少悲しくなっていました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

こんにゃくラーメン

去年おととしで-25kgのダイエット大攻勢において重要だったファクターはVAAM自転車なのですが、陰でサポートしてくれたものとしては、実はこんにゃくがあります。

ダイエットはエネルギー収支をマイナスにしなくちゃだけれども、まあ、我慢しちゃだめとも思います。続かない。ラーメン食べたくなるし、食べたいものは(あとで自転車をこいでつじつまを合わせることを前提に)無理しない。
でもまあ、炭水化物は全般的に控えたほうがいい(僕もご飯は食べないようにしていたし)ので、こんにゃくラーメンっていうのは結構ありがたかったわけです。

で、こんにゃくラーメンなんですが、工夫して食べると結構いけるんですよ。
ラーメンとしてはこんな感じ、焼きそばとしてはこんな風にそれぞれ工夫してました。

でもまあ、あとは自転車こいでいればなんとかなるわけなんですが、暖かくなってきたので、そろそろ再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100人津波とエンペラー吉田

天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD
先日、気が立っていて眠れなかったので天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVDをぼーっとみていました。たけしSelectionのほうだけなんですが。
山本太郎君が海パン一丁で「メロリンQ~!」ってやったり、秀吉の息子(っていうか三上君)が口ゲンカでうちまかしたりというシーンがあるわけでないので、どういう総集編なんだよとかおもいながら、100人津波とかを見ていたんですが、浪越センセイが花やしきのジェットコースターに乗っていたり、エンペラー吉田さんがフガフガ入れ歯をはずしたりしているのを見て、すごく懐かしくなりました。お二人ともすでに故人だということをおもいだし、なんとなく半べそになりました。

島崎俊郎氏のバンジージャンプは、あれ、今みてもすごいですね。「おか~ちゃ~ん」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.09

スパイとライターとカメラの関係

ゴソゴソ吉田戦車のコミックを整理していたら、油断ちゃんがでてきました。

油断ちゃん/吉田戦車

大手スーパーVS地元商店街!!
街は戦いのバーゲンセールと化した!!
目指すは世界征服記念金曜びっくり市。大手スーパー「赤サソリ」は大手特有の圧倒的な資本の力を背景に、恐るべきあの手この手で地元商店街に襲いかかってきた。「資本にはかなわない」。誰もがしたり顔で絶望した時、全ての希望は1人の少女に託された。韮崎油断、コダヌキ幼稚園に通う女の子。その正体は地元商店街秘密謀報室、最強のスパイ!!

さがしていたのはぷりぷり県なんだったけどな。

この話(といっても吉田戦車氏のギャグだからストーリは基本的にない)の中で、油断ちゃんの幼稚園の先生、ハマ子先生は異様に油断ちゃんのことをスパイとうたがって、ライターですら「隠しカメラ」と疑ったりするのですが(実際にもカメラでハマ子先生は間抜けな顔を油断ちゃんに撮影されてしまうのだけれども)、スパイのライターがカメラなんていうのは007的なベタベタの発想で、それはそれで楽しかったりします。

カメラ型オイルライター
カメラ型オイルライター

ヲイヲイ、これは、逆、逆だよ。

ちなみに、「ミッチャムさん」が所属しているCIAは、Central Intelligence Agencyの略ではなくて、「キャミソールを一生懸命あれこれする会」の略だそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

ハンドセットの重要性

割と仕事でSkype使います。電話代もったいないから。これ使うときは以前紹介したハンドセットを使います。

handset

Skypeについてはびっつさんが詳しくレビウされているので、そのものの説明はリンク先を参照していただくとして、ヘッドセットを使うかハンドセットを使うかというのは、通話に対する人の好みの問題だとおもっています。僕はハンドセット派。
実は以前、実際の電話でヘッドセットって楽だろうなとおもってリアル電話で何回か使ってみたことがあるんですが、あれは「電話で話している感がないから、何を話しているか明確に自分の中で確立することができず、あー、とかうー、とかばっかり多くなる」というまったく持って個人の話し方に起因することで使いづらいなと感じました。
そしてボイスチャットが一般的になると、また掘り出してきて使おうとしたのですが、リアル電話よりS/Nが悪く意思の疎通が難しいVoIPで、僕自身ちゃんと話せなくなるヘッドセットを使うのはもうだめだーとおもって、わざわざ電話の受話器の形をしているハンドセットを使っているのです。

「もしもしー」っていえないと電話じゃないなあとおもうのは、僕が多少古臭くてコンサバティブな人間なせいなのかもしれません。
さて、この黄色いハンドセット。とても便利なところは、普通のピンジャック2本(マイク・スピーカ)でつなぐことができること。場合によってはUSBのないmobioやジョルナナでも使うことができるんです。そういう、低次元の便利さのおかげで僕の手元にはこのハンドセットが2個あります。もう1個あってもいいやとかおもいますが。
一応外部スピーカにスルーアウトする端子がついていて、ハンドセットがオンフックのときは音声は端子につないだ外部スピーカから出すことができます。でもこの端子、ハンドセットの本体(置き台)のほうにあるので多少ケーブルのとりまわしが面倒で、あんまり使っていません。
そうなると問題になるのが、Skypeでの呼び出し。リーンリーンが、まったく聞こえなくなります。これは困った。

こういうのをさけるにはUSBのハンドセットのほうが便利だともいます。

【Skype(スカイプ)に最適なUSBハンドフォン】急いでヘッドセットを取り付ける煩わしさから解...
こいつはボタンもあるからダイヤルも楽でしょう

やっぱり電話はハンドセットをもって「モシモシ」としないと落ち着かないわけで、携帯電話が、こういうガチガチのスマートフォンになったとしたら、別にハンドセットをもって話ができないと僕は落ち着かないんじゃないかなあと思います。ただ、そういうときはBluetoothのやつであったとしてもあんまりスマートにしないで、ちゃんと受話器の形しててくれると助かります。

(いや、ハンドセットにwifiとSkypeのクライアントソフトだけ入っているデバイスがあってもうれしい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.07

エクスタシーシガレットとガラナ


これはタバコなんですが、ちょっと変わったもの。

エクスタシーシガレットは100%ナチュラル。タバコ&ニコチンは含まれておりません。最上級のエキゾチックなハーブだけを原料につくりました。

タバコなんだけどタバコの葉は使っていない、つまり、法的にはタバコじゃないんですね。ニコチンが含まれていないそうです。じゃあなにでつくっているかというと、各種ハーブ。「エキゾチック」ってどんなんだかわからないですが、日本国内でおおっぴらに売られているので別に変なものを使っているわけじゃないようです。

中に使っているハーブとしてガラナがありました。ガラナ。なんとなく怪しい響きのするものですが、ゲンキになるハーブとして昔から使われているものですね。カフェインをたくさん含んでいます。アマゾン産っていうののが「エキゾチック」たるゆえんですね。昔ジョルトコーラがこれを配合していたと思います。

さまざまなガラナ飲料を紹介しているこのページはすごいですね。
「Guaranaが飲みたい。」

北海道限定 コアップガラナ
北海道限定の炭酸飲料
コアップガラナ

じゃあそのガラナ、どんな形をしているかというと
guarana
これは、エクスタシーシガレットのおまけにもらったガラナの実。こんなかんじなのです。


さて、エクスタシーシガレット、いつもの神田末広町のコロボックルさんで買うことができます。いつも変わったタバコがあって非常に楽しみなお店です。

(ガラナの実をガリガリ食べながら仕事したら、結構テンションが上がってしまいました)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.06

エドワード・モスさんとか


例の裁判のドラマ
の主演、エドワード・モスさんですけれど、主演なのにまだ一言もセリフがないそうです。そりゃ、今この時点で法廷で一言もしゃべってないそうなのでしかたないでしょう。

僕はなんとなく彼が前田健さんに似て見えてしかたありません。

ネバネバランド。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

追い炊きのない風呂で保温するアレコレ

前に住んでいたマンションの部屋は、なぜか風呂が追い炊きができず(ファミリータイプなのに風呂釜がなくてセントラル給湯からすべてのお湯をまかなっていた)、冬の間は結構苦労しました。ゆっくりお風呂に入りたいときは電気ポットで熱湯を作り、それを風呂に持ち込んで冷めてきたら足すという多少危険なことをしていました。よい子はマネをしないでね。

マンション(とかアパートメント)の構造上、風呂が追い炊きできない部屋って意外と都内には結構あるのです。(あのマンションのほかの家庭ではどうしていたのだろうという疑問はスルー)
一人暮らし用のユニットバスだと確実に追い炊きできません。っていうかあれはシャワー専用の感じがしますが。

そういう追い炊きのできないお風呂の部屋に住んでいるひとだって暖かいお風呂に入りたい。電気ポット持ち込みはもうごめんだ。

工事不要。24時間快適バスタイム バス保温クリーナー 湯美人
バス保温クリーナー 湯美人

これはすごい。5万円もするけれど、すでにさめてしまったお湯からお風呂が沸かせるし、フィルタがついている。24時間入れるようにしておく必要があるかどうか微妙ですが、これはいいかもしれないです。

別に水から沸かせなくてよいひとには保温だけの別の製品もありますね。これだと多少安い。(湯沸しタイプもある)

風呂バンス(280W)保温タイプ
風呂バンス(280W)保温タイプ

電子レンジでチンしてお風呂に入れておくタイプもあります。これはこれで安くて便利だとおもいます。お風呂の中に電気で動くものを入れるのには多少抵抗があるというひとには(それってみんなだとおもいますが)

バスパ
バスパ

寒い冬もあと少しでおわって春になりますが、お風呂は僕らの人生での重要なファクターだとおもうのです。
住んでいる間に気づけばよかった。むう。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.03.05

マンホールあれこれ

先週、運動不足を解消するために寒い夜中に無理やり自転車を3時間くらいこいでいたのですが、そのときにやたら電電公社のマンホールを見ました。NTTでなく電電公社っていうことはもう20年以上前に設置されたものなんでしょうけれど、マンホールの寿命ってどのくらいなんでしょうね?

(電電公社と帝都高速度交通営団のマークって似てるなあと子供のころおもっていました。今はもうどちらも民営化しましたね)

マンホールっていのうは実はいろいろな意匠があって、気にして見ているとすごく楽しいものです。趣味で写真を集めている人とか見ると楽しいんだろうとおもいます。都電マンホールなんていうものもあるんですね。

m.h.c table(circle)
マンホールをテーブルにしてみました

このテーブルすごいですね。倒したら怖いです。庭とか、表でつかうと結構よさげですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃべる地球儀にメロメロさ

最近の知育玩具はスゲーなとおもいます。今日はこれにしてやられました。

しゃべる地球儀 オデッセーグローブ
しゃべる地球儀 オデッセーグローブ

ペンで地球儀の上を指すと、男の人でしゃべります。国の名前や通貨、首都などを。それにクイズモードみたいなのがあって

「コンゴ民主共和国は、どこですか?」

とか質問してきます。地球儀の上の地名は全部英語で書いてあるので、コンゴ民主共和国とコンゴ共和国の違いがわかる子供も、「ベイジングは、どこですか?」と聞かれて素直に北京を示すことができる子供も素敵だとおもいます。

僕は店先でスイッチを「通貨」にしてしばらくのあいだ
「メキシコ!ペソ!」「フィリピン!ペソ!」「中央アフリカ共和国!シーエフエーフラン!」
とかやって遊んでいたのですが、そのうちスイッチを「国名」にして
「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」とずっとやっていたら、周りの人に変な顔で見られました。そういう遊びはうちでやるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

ルーメン、いまならライターもついてる

lumen
カニカマの話のときに、大きさ対比用においたタバコは、このルーメン。いまならライター付で買えます。250円。神田末広町のコロボックルさんで。

韓国のタバコですね。250円っていうのはハンター並に安い値段ですが、(ハンターは100sサイズで18本で230円)味はクセのないわりとすっきりした味です。ルーメンっていうのは、光の収束の単位ですね。なんでそんな名前にしたのだろう?カンデラとかルクスでもなく、ルーメンってのはなにか意味があるのかなあ?パッケージも味もクセのない味です。でもまあ、キャンペーンとはいえ、普通のタバコより安い250円のパッケージに1個ずつライターがつくなんて豪気ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.03

昔のニュースのナレーション

よくテレビで昭和30年代とかの昔のニュース映像が流れたりしますが、なんで昔のニュース(天皇の皇太子時代の成婚のニュースとか)のナレーションは、あのような上ずった声でとても不自然な形で読み上げられているのでしょう?

そのまんま、父に質問したところ

「ああ、あれ、フィルムだから。」

と一言。もう少し解説すると...

昔はテレビが一般的じゃなかったうえに、記録媒体としてフィルムを使うことが多かった。フィルムは感光させて撮影するわけで、ビデオのようにその場でチェックしてやり直しとかができるものじゃないわけで、音声もいっしょに撮るとなるとやり直しが聞かないし、また撮影したものにあとでナレーションを吹き込むにしてもそれは今と違って簡単にやり直しの聞くものではなかったわけです。(テープも高いし)だから朗々と台本を読み上げるほかなかったわけです。

昭和の缶詰(1)昭和29~24年
あのナレーションのオンパレード「昭和の缶詰」

ビデオテープ(というかビデオ技術)の放送現場における普及は結構テレビ番組自体のありかたを大きく変えたんだなあと思いました。

そういえば、フィルム(感光して記録する)とテープ(磁気で電気信号を記録する)でそれぞれ撮影されたテレビ番組って微妙に雰囲気が違います。最近の時代劇はかたっぱしからビデオ撮影になって、急激に重みが減りました。
テレ朝の刑事ドラマ全般もそう。そりゃコストはかかるし、そもそも映画じゃないんだからフィルムで撮影するってのは工数とかコストの問題で大変なんでしょうけれど、でもまあ、フィルムの重みって大事なんじゃないかと思います。映像効果としては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.02

ひざまくら

そりゃ僕らはひざまくらが大好きさ。でも年末にこの「ひざまくら」の話を聞いたときは、びっくりしたというより、どういう反応をしていいか今ひとつ戸惑いました。

送料無料!夢の癒しグッズ♪ひざまくら
中をのぞいてはいけないとおもう

実際のモデルさんから型取りしたそうですが、そのモデルさんに本当にひざまくらしてもらっている男も世の中にはいるわけで、そう思うと、多少悔しい気分になりますよきっと。

僕個人的にはこのスカート(タイトミニ)がどうもなあって思うんですが(お姉さんっぽすぎる)、ひざまくらっていうのはしてあげるほうとしては意外と重たいしくたびれるわけで、彼女や奥さんがいる人でもそうそうしてもらえるようなものでもないですから、意外とありがたいかもしれないですね。

ちなみに、これに耳掃除がついていれば四の五の言わずに僕は買います。ただし、それが危険でないという保証があるならば。

(だいたい、ひざまくらだけでもうっとうしがられるのに、耳掃除なんてよけい、ほら、ねえ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »