« ルーメン、いまならライターもついてる | トップページ | マンホールあれこれ »

2005.03.05

しゃべる地球儀にメロメロさ

最近の知育玩具はスゲーなとおもいます。今日はこれにしてやられました。

しゃべる地球儀 オデッセーグローブ
しゃべる地球儀 オデッセーグローブ

ペンで地球儀の上を指すと、男の人でしゃべります。国の名前や通貨、首都などを。それにクイズモードみたいなのがあって

「コンゴ民主共和国は、どこですか?」

とか質問してきます。地球儀の上の地名は全部英語で書いてあるので、コンゴ民主共和国とコンゴ共和国の違いがわかる子供も、「ベイジングは、どこですか?」と聞かれて素直に北京を示すことができる子供も素敵だとおもいます。

僕は店先でスイッチを「通貨」にしてしばらくのあいだ
「メキシコ!ペソ!」「フィリピン!ペソ!」「中央アフリカ共和国!シーエフエーフラン!」
とかやって遊んでいたのですが、そのうちスイッチを「国名」にして
「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」「アルジェリア!」「ナイジェリア!」とずっとやっていたら、周りの人に変な顔で見られました。そういう遊びはうちでやるもんです。

|

« ルーメン、いまならライターもついてる | トップページ | マンホールあれこれ »

おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しゃべる地球儀にメロメロさ:

« ルーメン、いまならライターもついてる | トップページ | マンホールあれこれ »