« 小田原 ジュースじゃなくてかまぼこ | トップページ | カゴをつけると生活感が出るけど »

2005.05.05

炭水化物削減 つぶこんをゴハンに混ぜて炊く

konnyakugohan

ゴハンがおいしいからムシャムシャ食べてしまうのですが、それでは元の木阿弥になってしまいます。なんどかダイエット(成功)して気づいたのは、ちゃんと自転車をこぐことと、炭水化物を減らすこと。でもまあ、ゴハンたべたいですよね。
ためしに、「つぶこん」を買って、ゴハンに混ぜ込んで炊き込んでみました。お米2合に対してつぶこん1袋。炊くときに水を2割ほど減らして、つぶこんはよく水を切って炊飯器に入れます。
こんにゃくは比重が軽いので炊いたときに上に集中しますので炊き上がったらよく混ぜます。

出来上がったゴハンは写真のとおり。よーくみると透き通っているのがまじっているのですが、写真の解像度が悪くて見えませんね、すみません。
こんにゃくの匂いは基本的にはしないのですが、ご飯の味としては多少米の香りが減ります。
味はゴハンの味ですが、多少コメの甘さは減ります。あたりまえですね。この甘味の減りが成分的に「炭水化物(糖分)の削減」ということの表れなのですが、ゴハンのうまみというのもこの甘味によるところがあるわけで、そういう意味では多少うまみが減るという感じがないわけでもありません。また、このうまみの減りが、結果的に「いっぱい食べてしまう」ということの抑止力になるのかなあ、とおもいながら、食べました。

これはこんにゃくで出来たご飯です200g(つぶこんにゃく)
つぶこんにゃく ゴハン1合に対し1袋200gを。

こんどはマンナンヒカリにチャレンジしてみて、比較してみようかと思います。

☆★糖尿病・肥満症などでカロリー制限の必要な方に ☆★こんにゃく生まれの『マンナンヒカリ...
マンナンヒカリ こっちは乾燥していて取り扱いは楽そう

|

« 小田原 ジュースじゃなくてかまぼこ | トップページ | カゴをつけると生活感が出るけど »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ダイエット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。またなんだか不思議な物が・・(笑)

こんにゃくで出来たごはんですかあ。ダイエットには良さそうですね、カロリーはほとんど無いでしょうし。ごはんと混ぜてしまえば、見た目の違和感もなさそうですね。

ちょっと、欲しくなります。

投稿: まつ | 2005.05.05 22:02

まつさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

パッケージ(袋)にはゴハン1杯あたりのカロリーを50kcal程度削減するとあります。これは一見たいしたことなさげですが、50kcalってのは結構積み重ねるとおおきな違いになってきます。特にゴハンのように毎日毎回食べるものになるとかなり違ってきますね。

削減したカロリーと同じ分だけ運動でも消費するようになるとダイエットは意外と進みます。

なんせ88kg->62kgの僕が言うのだから間違いはないです。

食品のカロリー削減は補助的なものですが(運動が一番)毎日のことになると結構違いますよ。

投稿: akst | 2005.05.05 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/3996293

この記事へのトラックバック一覧です: 炭水化物削減 つぶこんをゴハンに混ぜて炊く:

« 小田原 ジュースじゃなくてかまぼこ | トップページ | カゴをつけると生活感が出るけど »