« キャンプ座間 盆踊りフェスティバルは8月6日(予定) | トップページ | よく寝た »

2005.08.05

ウエンツ君と一条ゆかりさん

ウエンツ君が竹田博明君を演じて、一条ゆかり氏のコミック「正しい恋愛のススメ」がドラマ化するという記事を見ました。

Yahoo!ニュース - スポーツ報知 - ウエンツ瑛士、昼ドラで初主役!ラブシーン! 主婦メロメロ!? TBS系「正しい恋愛のススメ」

メロメロかどうかは置いておいて、これにあるウエンツ君の紹介文が、毎度のこととはいえ悲しいことになっています。以下抜粋。

◆ウエンツ瑛士(うえんつ・えいじ)1985年10月8日、東京都生まれ。19歳。父はドイツ系米国人で、母は日本人。4歳からモデルをはじめ、10歳で劇団四季「美女と野獣」に出演。00年3月まで5年間NHK「天才テレビくん」のレギュラーを務める。小池徹平とのユニット「WaT」で04年2月にCDデビュー。現在はTBS「ハナタカ天狗」フジテレビ「脳内エステ・IQサプリ」などに出演。170センチ。語学は日本語だけ。

もう、毎度のことですよ。ウエンツ君があれだけバタ臭い顔をしていても日本語しかしゃべれないなんてみんなが知っていること(バラエティ番組での定番ネタのひとつ)なんだからあんまりそういじめなくてもいいでしょうに...
(テレビ的には加藤ローサちゃんがイタリア語を話しても、ステラかなえちゃんがセルボクロアチア語話しても意味はないのだろうから、ウエンツ君が英語やドイツ語を話せても意味がないかわりに、逆に話せないためにいじられるっていうのはあるんでしょうけれど)


さて本題、
この原作、ちょっと男の人が読むにはキツかったりします。それは話の内容がキツいのもそうなんですが、それだけじゃなくて
「女の人ってこういう話、平気で読むんだ...」ってショックのほうが大きいような気がします。すくなくとも僕はそうだった。
正しい恋愛についてなんて1ページもかいてない
正しい恋愛のススメ : 一条ゆかり

僕はこういうコミックのカテゴリのことをなんて呼んだらいいのか悩みます。すくなくとも槇村さとる氏や一条ゆかり氏のマンガを読むようになったら、それは少女ではなく「オンナ」だからです。少女コミックじゃないくてなんて呼べばいいんでしょうね?男の子は少年コミックの次は青年コミックです(成年コミックじゃない)
青年に対応する女性の言葉ってなんていうんでしたっけ?

いやあ、まあ、ウエンツ君も大変だなあ...

<追記>
トラックバックをいただいた全力で脱力!アンバランスアワー:からくり、松岡修造・ウエンツ瑛士のながはらゆいこさん、「レディースコミック」ですかね、やっぱ。青年コミックと成年コミックが混じったのがレディースコミック?ってイメージですね。あれのちゃんと成年レディースコミックにはマークがあるのでしょうか....
いや、ありがとうございます。多分「レディースコミック」が解答です。すっきりした。

|

« キャンプ座間 盆踊りフェスティバルは8月6日(予定) | トップページ | よく寝た »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

青年に対しては「女子」、かなぁ。けっこう考えてしまった。

投稿: 川上相知 | 2005.08.05 22:52

クックッック・・笑っちゃいました(^^)
ウエンツ君の「天才テレビくん」時代、子供と見てました。
ウエンツ君光ってたし、「キル・ビル」の栗原千明さんも天テレ出身ですよ。

確かに女性も結構、過激なマンガ読みますよね。
一条先生・・好きかも♪

投稿: mei | 2005.08.06 09:28

ウエンツくんみたいな顔立ち、結構好きなんですよね。
でも相方の方が人気ありますよね(笑)

にしてもテレビで「日本語だけ」と聞いた時は
かなりビックリしました(笑)
でも逆にかわいそうかな…

投稿: ハル | 2005.08.06 14:02

ゴメンナサイ。
栗山千明さんでした。
それから、天てれ出身かも怪しい。調べると出てこないんです。
子供と「6番目の小夜子」を見た時、千明だ〜っと見た覚えがあるんだけど・・
正確じゃなくて、ごめんなさい。

投稿: mei | 2005.08.06 18:32

いっぱいコメントがつきました。ありがとうございます。

>川上さん
wikipediaによると「娘さん」「お嬢さん」「女の子」らしいですが、それはおかしな話です。
一応、少年青年中年などは一般的には男女ともにつかい、女性の場合は別称がある、といいことらしいです。難しい。

>meiさん
栗山千明さんですね。
一条先生っていうか、このコミックがおかしなことになっていますよ。彼女の離婚した(理由はゲイだと気づいたから)父親の経営する宅配ホストでバイトしてしまう男子高校生(主人公)がそこの客である彼女の母親(知らなかった)と良い仲になって(元夫が元妻に男を買わせるのか...)と、言う話ですよね。まあ話の展開としてはジェットコースターみたいなんですが、荒唐無稽な設定のわりにディテールが濃ゆくて、僕ははじめて読んだときめまいがしました。(悪くはない)

>ハルさん
男女かかわらずこういう顔というのは憧れです。完全日本人顔で完全バイリンガルよりハーフ顔で日本語のみのほうが、日本人には受け入れられやすいでしょう。
いいキャラです。

投稿: akst | 2005.08.07 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/5324132

この記事へのトラックバック一覧です: ウエンツ君と一条ゆかりさん:

» からくり、松岡修造・ウエンツ瑛士 [全力で脱力!アンバランスアワー]
6ch「さんまのからくりTV」での松岡修造。 下手な芸人より面白い。 もっというと、ある程度ポジションが落ち着いてきた 中堅の芸人より間違いなく、いい。 家庭の中での松岡修造は、食事は出来たて即! を好み、フライパンから目の前の皿にアツアツの 状態で妻...... [続きを読む]

受信: 2005.09.04 21:03

« キャンプ座間 盆踊りフェスティバルは8月6日(予定) | トップページ | よく寝た »