« 今年も高尾の冬そば | トップページ | 春になって、王たちが戦いに出るにおよんで »

2006.03.27

あたらしいあさがきた!


GANTZ 奥浩哉

少女コミックばかり読んでいるわけではなくて、まあ普通にマンガ読みます。
テレビCMでラジオ体操のテーマが流れると、思い出すのは奥浩哉のGANTZ。
この不条理なまでの暴力性は、もともと奥浩哉の初期の作品、「黒」にその源流を見ることができます。


奥 浩哉短編集 2 -黒-

一時期デッサンが狂いまくっていた彼の作品ですが、最近はわりとまともになってきました。
んー、なんていうか、コミックのCGテクノロジの進化とともに絵柄が変化してきたと思います。初期の作品は絵が見づらかったのですが、それはそれで今にはない味がありました。
GANTZは深夜アニメ枠で放映されたりしましたが、結局放映できないような表現もあり、DVD化されています。

さて、CGでコミックといえば、コミックスタジオですね。
僕自身はマンガ・コミックについては、「受け手側」でいることで十分なのですが、コミックスタジオには思い入れが少しあります。少しです。僕はマンガ・コミックについて「送り手側」にいることをよしとしなかったいきさつがあったりします。少しですけど。(描いていたわけではありませんが)

コミックスタジオの2DLT機能3DLT機能は、すごいなあとおもいます。うーん、一口じゃ言い表せないんですが、

|

« 今年も高尾の冬そば | トップページ | 春になって、王たちが戦いに出るにおよんで »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたらしいあさがきた!:

« 今年も高尾の冬そば | トップページ | 春になって、王たちが戦いに出るにおよんで »