« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006.04.30

連休の正しい過ごし方

Kanahebi
カナヘビ(とかげ)を捕まえた。小さい恐竜みたいだ。

のんびりひなたぼっこ(爬虫類は変温動物なので、ひなたぼっこをしなくてはならない)しているところを捕まえました。捕まえるときは慎重にしっぽをつかまないようにしないと、しっぽが切れてしまい、それで逃げたあとの彼らの生活が多少困るからです。(トカゲ類はしっぽが切れた個体はほかの仲間から一番下っ端扱いされて虐げられる)

がんばって僕の指に噛み付いたりしていましたが、なにせ赤ちゃんなので小さくて痛くもない。なんかかわいいので、しばらくながめて、近くの茂みに逃がしました。(しっぽぼ無事です。)

カナヘビは東日本に広く分布するトカゲの仲間です。

Yahoo!きっず図鑑 - ずかんカード - 爬虫類 ニホンカナヘビ

この週末は予定を決めず、何もせずにいたのですが(多少買い物には出た)、この連休は後半に長野から彼女が遊びにくる以外は、あんまり予定を決めていません。予定を決めないで長い休みを過ごすってのが、一番正しい連休の過ごし方だと思うのです。

(ごく個人的なことですが、僕はこの春から彼女と遠くはなれて生活しています。ときどき僕が長野へいったり、彼女がこっちにきたり。こういう生活は2年ぶりです。)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.27

W-ZERO3用まもるくん ひそかにリビジョンアップ

W-ZERO3用まもるくん、両面テープで固定しなくちゃいけない問題について、メーカは対策を施した。

Mamorukun_refined
ウレタンマットみたいなシールで固定

僕は前に注文した「まもるくん」を、手に入れた当日(色が気に入らなくて)売り払って新しいのを購入したので、この違いに気づいたのですが、当初両面テープで固定しなくてはならなかったのが、こんどはベース部分だけ着脱可能になっています。


W-ZERO3用「まもるくん」はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

勢いで購入 スーパーカブ

Toua19840820img600x4501145412786dscf0101
勢いで買いました。

登録どうするんだよとか、保険どうするんだよ、とか、置く場所どうするんだよ、とか、いろいろな問題を後回しにして勢いで購入しました。

さて、どう料理しましょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.22

スーパーカブのレストア&メンテナンス 持ってないけど...


スーパーカブのレストア&メンテナンス
岩野 漠

近所の草ぼうぼうの空き地にぽつんと忘れ去られていたスーパーカブC65。20年間雨ざらしにされたこのカブを、総額47844円で見事生き返らせるまでの過程を紹介。分解・清掃・再塗装などレストアの手順がわかる。

なんとなく注文してしまったこの本、スーパーカブ持ってないのに、なんとなく惹かれたのです。

スーパーカブといえば説明不要の日本のベストセラーで、そのドレスアップパーツなどもたくさん出ており、実用バリバリからお洒落さんまで幅広い活躍を見せている(というか世界で5000万台売れた)バイクです。

いや、なんていうか、ちょっとほしくなってしまった、スーパーカブ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「後発医薬品に変更可」 ジェネリック医薬品

Zoro
処方箋から

先日病院でもらった処方箋にはこうした記述がありました。いま話題のジェネリック医薬品ですが、以前僕は小売の薬におけるジェネリックについて書いていますね。

2005.08.20
バファリンは半分がやさしさなら バッサニンは価格が半分なのがやさしさ ドリエルは価格のほとんどが厳しさ

今、徐々に処方箋にもこのように「後発医薬品に変更可」と記載されて、薬局で申し出るとジェネリック医薬品を選択することもできるようになるようです。

ジェネリック医薬品については、なんでも安くなるというわけではなくて、最新の薬については特許があり先発医薬品しかない状態なので選択できず、古い(歴史の長い)薬については先発医薬品もジェネリック品も薬価があまり変わりがないという状態になります。新しすぎず、古すぎない薬において、多少価格が違うという程度ですが、量や種類が多い場合には1回に数百円くらい違うこともあります。

いずれにせよ、医師や薬剤師とよく相談するのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

両立スタンドこそ、リバイブに

以前にテスト的にリバイブに両立スタンドを取り付けてみたのですが、春の嵐でも倒れることなくそのすばらしさはすばらしかったのですが、なにせ、とりあえずつけたもんだから、地面とのクリアランスがなくてコーナリングで擦るわ、遊びがあるわで、これはもうテストとか言わないでちゃんと取り付けようということになりました。

微妙に日本のリバイブライダーの人柱的存在になっている気がしないわけでもないですが...

Dvc00005
立ててみたところ

【スイス製】画期的センタースタンド
これを24cm強(24cmとちょっとのところ)で切って使います。

今度はクリアランスもちゃん取れて、長さもジャストサイズなので、(僕のリバイブはフロントバスケットがついているので微妙に重心が前にあるおかげもあるが)前輪接地できました。前のは長かったせいで、すこしバランスが悪く後輪接地になっていたのです。前輪が浮いていると間抜けなんですね、リバイブ。今度はましになりました。

Dvc00006
跳ね上げたところ。クリアランスも十分

マウント部分は本体の穴をすこしリーマで広げています。もう純正のスタンドは使わないのでいいのです。

とりあえず、いい具合です。というか、これを純正で取り付けてほしいです。重心が高く重量のあるリバイブを1本足で支えるのは無理です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.04.11

山手線の中で、知らない外国人にお菓子をもらう

山手線に乗ったら、ジャージを着た外国人の集団に出くわしました。その中の若い男性が、一生懸命ハイチュウのパッケージを開けようとしていました。一生懸命。

ぼーっとそれを眺めていたら、パッケージを開けるためのコツがわかったみたいで、スルっと開けました。

開けた彼が僕のほうを見て、ハイチュウを1個取り出し
「ドウゾ」
僕は唖然として
「アリガトウ」

僕と彼は電車の中でクチャクチャとハイチュウを食べました。チェリーの味がするぜ?
期間限定!ハイチュウ アメリカンチェリー12入り
ハイチュウ アメリカンチェリー

なにも極東まできて、アメリカンチェリーを食べることはないだろうに...

そして東京駅がやってきて(電車が東京駅に到着して)、彼が降りるときがきました。

「ジャアナ!」

なんだよその日本語。そりゃ、いいんだけどさ。

僕はよく街で外国人に声をかけられるけど、ちょっと不思議体験でした。

「ジャアナ!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.09

フォルクスワーゲン、その方向性

夜に旧知の大学教授に呼ばれて、親父のフォルクスワーゲンを借りて横浜(の手前)まで行きました。親父のフォルクスワーゲンは、リバイブを後ろに積めるので(なかなか、あのデカいリバイブを積める自動車はない)とても重宝しているのですが、最近のフォルクスワーゲンは、実用性とはちょっと違うプレミアムを求めていて、方向性というのがぶれているような気がします。

そもそもVolksWagenという言葉が(フォルクスワーゲンという日本式の発音のおかしさはおいておいたとして)「国民車」という意味なので、メルセデスなどのようなプレミアム性を求めて巨大化するのはおかしなことだと思うのです。ちなみに、日本ではメルセデスが高級車の代名詞みたいないわれ方をしていますが、本当の資本家はメルセデスには乗りませんね。ベントレーとかだ。

僕の中では勝手に

メルセデス:医者
BMW:弁護士
アウディ:不良中年
フォルクスワーゲン:大学の先生

という図式が出来上がっています。実際初代ゴルフなんていうのは、大学の先生が乗るためにあったんじゃないかと思いますが、最近どんどん方向性がおかしくなって、初代ゴルフのセグメントはポロに、そしてポロも巨大化してルポに、となってきていますが、ルポは大学の先生が乗ったらおかしな気がします。

そんなことを考えながらクルマを運転していたら、横に空冷のビートルが並びました。バタバタと音を立てているそのクルマの中には若いカップルがいて、「ああ、こういうクルマで夜のドライブをしたら楽しいよな」とうらやましく思いました。バタバタ。

【ポイント10倍】タミヤ 1/24スポーツカーシリーズ フォルクスワーゲン 1300 ビートル 1966年型...
ビートルというのは、すばらしいよやっぱ。

フォルクスワーゲン自体、戦時体制の国策でつくられた悲しい歴史をもっているわけですけれど。

ちなみに、夜に会った大学教授はアウディA4、そして僕の大学の指導教官だった教授はMGBでした。MGBってのは不良中年だよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.08

ハチクロ、そしてアナハイムエレクトロニクス

今日は座間には行かず、うちでハチクロを読んだ後、自転車で出かけました。


ハチミツとクローバー 羽海野 チカ

浜田山は前に近所に住んでいたことがあって、でもなんていうか、ハチクロに出てくるアカデミックでクリエイティブな感じは杉並区でももう少し北のほうの話じゃないかなあと思います。浜田山、いい街ですけどね。
こう、なんていうか、僕はクリエイティブな勉強も仕事もしたことないので、こういう感じ、あこがれます。

話は変わりますが、自転車でウロウロしていたら、見慣れたロゴのかばんをもった若い男性が歩いていました。

機動戦士Zガンダム アナハイムエレクトロニクス トートバッグ(取り寄せ)
アナハイムエレクトロニクス トートバッグ

一瞬で「あ、アナハイムエレクトロニクスだ。」と気づいた自分がちょっと恥ずかしくなりましたが、その前にアナハイムエレクトロニクスのロゴのはいったかばんで街を歩くというのは、どういう気分だろうと、すこし不思議な気持ちになりました。

だってさ、アナハイムエレクトロニクスだよ。リックディアスとか、マラサイとかの。

あ、笑ったらウォンさんに「修正」されちゃうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザクレロ、DVDで登場 (黒歴史)

TV放送版の機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)がDVD化されますね。ようやくですね。

いままでファーストガンダムといえば、声が変になってステレオにされちゃった劇場版三部作だけDVDになっていたのですが(あれは音声が気持ち悪い)、さらにいうと、劇場版はTV放送版にあったいくつかの話が省略さたダイジェスト版なので完全じゃなかったので、ガノタ(ガンダムヲタクの絶対最上級)にはうれしい話ではないでしょうか?

TV版のガンダムって放送が打ち切りになった割には、間に中だるみみたいな、微妙な間の、無駄な話があって、それがそれでとても人間らしいドラマを繰り広げていたので(「時間よ、とまれ」「ククルス・ドアンの島」「強行突破作戦」あたり)、DVDでそれらが見られることは喜ばしいことだし、へんに音声だけ録りなおされたものでなくてオリジナル音声ということも重要なポイントです。(いや、セイラとハロの役をやっていた井上さんがすでに鬼籍にはいられているので録りなおしは無理という事情もある)

僕はLD版を、劣化しないようにキャプチャして全話もっているのですが、ちょっとほしいなあ。「ザクレロ」と「ガンダムスカイ」、DVDで復活ですよ、デミトリー曹長。

バンダイ: HGUC 1/144 Gアーマー(G-FIGHTER+RX-78-2 GUNDAM)
HGUCのGアーマーはあの「ガンダムスカイ」が再現できる。

いずれにせよ、あの「微妙な間」っていうのが、TV版ファーストガンダムの魅力だと思うのです。劇場版もオリジナル音声でDVDを出してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.06

W-ZERO3用のまもるくん 注文しちゃった

【予約】(携帯カバーまもるくん)メタリックモデル(W-ZERO3専用/グラデカーボン)
携帯カバーまもるくん)メタリックモデル
(W-ZERO3専用/グラデカーボン)

これ、注文しちゃいました。「まもるくん」シリーズは携帯のケース/カバーとしては比較的高価格だと思うのですが、以前に注文して届いたW-ZERO3用のケースはスタイラスが取り出しづらいという大問題があり、(F900iT用スタイラスを利用したり、後にストラップ格納用ストラップがおくられてきたりと対策がないわけではない)、まあ、まもるくん出たら買おうと思っていたので、予約なんですが注文しちゃいました。

また、届くまでしばらくの辛抱です...

っていうか、みんなこれで電話するの信じられないというし、僕自身も信じられないんですが、僕はこれで電話してますよ。着信は出られないけど、かけるのはかけています。毎日電話してます、これで。

他の携帯用「まもるくん」はこちらからどうぞ。
結構バリエーションありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相武紗季ちゃんと、海野幸と、猪熊柔と...

相武紗季ちゃんが主演で、浦沢直樹の「Happy!」がドラマ化されますね。

僕はワンデーアキュビューのCMのころから相武紗季ちゃんはかわいいなとおもっていたし、「ワレワレハ、ヒカリノイチバンOCN」では悲しい気持ちがしていたけれど、この役はよく似合っているなあと思うのですが、それはそれで、ちょっと待て。

海野幸と猪熊柔は基本的に同じ顔なのに(髪型のみ違う)、片方は相武紗季ちゃんで、片方は北斗晶似かよ!

だれもが釈然としない、国民的柔道選手の愛称とかいろいろ。
まぁ相武紗季ちゃんにはそういうことは関係なくがんばってほしいなと思って、浦沢直樹の「Happy!」を一気読みしました。


Happy! 浦沢直樹

浦沢直樹っていえば、「MASTERキートン」が絶版になっていますが、小学館は「イデオロギー臭くて激しくつまらなくなった美味しんぼ」に遠慮なんかしないで、ちゃんと復刊してほしいものです。

絶版コミックはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊那の新名物?ローメンまん

前の週末は伊那に出かけていきました。これからまた頻繁に長野県を訪れるようになるのは、僕の私生活が変わったせいなのです。(僕というより相手の、だ)

伊那にはローメンという名物があり、かねてから食べてみようと思っていたのですが。彼女が
「あんなの地元の人は食べないよ」っていうので、余計気になっていたりしていました。

そしたら、こないだ鉄腕DASHで「ご当地まん」として紹介されていた「ローメンまん」みはらしファームにあったので、一つ買ってみました。

Romenman
巨大なローメンまん 300円

うーん、僕はこれがローメン初体験だったのですが、おいしかったけど、これっていわゆる「常食」じゃないなあとおもいました。

更新頻度がおちましたが、ぼちぼち続けていきます。

ローメンセットA
ローメンセット。ローメンを手軽にご家庭で。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »