« ムラタセイサク君が主役か?CEATEC2006 | トップページ | W-SIM対応の腕時計「スーパーワンセグTV Watch」をゲット! (予定) »

2006.10.04

やはり目玉はムラタセイサク君 CEATEC2006

Murataboy
大勢の人が見守る中がんばるムラタセイサク君(R)

やはり、今回目玉だったのはムラタセイサク君(R)だったですよ。今回はbluetoothでリモコン、坂道、S字カーブを何回も披露するたびに、人垣が増えていく。
この小さいからだには村田製作所のテクノロジーが詰め込まれているわけで、ちゃんとそれらのテクノロジ(小さい無線モジュールとかセンサモジュールとか)も展示されていますよ。

正直言って、自前の技術でこれだけのものを作り上げて、自社のキャラクターとして(登録商標もとって)プロモーションに使えるということは、適当にキャラクタの版権を買ったり、広告代理店につくってもらったりしたキャラクタにくらべて、100倍もすばらしいことだと思います。

Murataboy2
帰りにムラタセイサク君(R)のフィギュアのメモクリップをもらいました。

まだイベントは続きますが、ムラタセイサク君(R)とエンジニア、スタッフの方にはがんばってほしいです。

CEATECについては、ほかはドコモのBlackBerryとか松下のビエラとか見ましたけど、松下のビエラに関して言えば、普段人まねしかできないくせに、ビエラリンクとか言う名前で自社製品しかつながんない勝手な拡張規格をつくって(オレラリンク)、今後どうすんですかね?(こういうところまでクSONYの真似をしなくてよろしい)とおもったし、ドコモのBlackBerryは正直うまくいかないだろうな、という印象を得ました。これには根拠があるのですが、それはそれで、また今度。


|

« ムラタセイサク君が主役か?CEATEC2006 | トップページ | W-SIM対応の腕時計「スーパーワンセグTV Watch」をゲット! (予定) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり目玉はムラタセイサク君 CEATEC2006:

« ムラタセイサク君が主役か?CEATEC2006 | トップページ | W-SIM対応の腕時計「スーパーワンセグTV Watch」をゲット! (予定) »