« 木枯らし1号とあずさ2号とかいじ101号 | トップページ | 週末が2日しかないのはけしからん »

2006.11.15

地デジと見えないテレビと見えるラジオ

僕にとっては「地デジ」という言葉はどちらかというと「地上デジタル放送」より「地下デジタル放流」で、この「地デジ」に首っ丈なのは内緒として、地上デジタル放送にむけて、各社張り切っている今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕はなんとなく、オフィスで「地アナ」のテレビを出して、「うまく見えないなあ」というのが、2011年には「まったく見えなくなってしまうのだなあ」というのが感慨深く、関係ないところで「見えるラジオ」を取り出して、ボリュームを絞って文字多重放送だけを見ていたりします。

正直なところ、地デジ対応TVは、各社安くなってきていますし、地デジのHD放送はきれいですが、所詮はテレビ放送、コマーシャルは入るわ、突然放送内容が変わるわで、録画するほどのもんでもないとおもいます。

そうおもうと、今はワンセグで十分ですね。フルセグは来年あたりのモデルから注目することにしましょう。

|

« 木枯らし1号とあずさ2号とかいじ101号 | トップページ | 週末が2日しかないのはけしからん »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/12702366

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジと見えないテレビと見えるラジオ:

« 木枯らし1号とあずさ2号とかいじ101号 | トップページ | 週末が2日しかないのはけしからん »