« にゃんにゃんにゃんの日 | トップページ | 神聖モテモテ王国(略称:キムタク) »

2007.02.25

初めての一眼レフ PENTAX auto110

中古屋をウロウロしていて見つけてしまったカメラです。衝動買いしました。
Img067
PENTAX auto100 とても小さい一眼レフカメラ。実用性はよくわかんない

比較物がないので、大きさがどのくらいかわかりづらいかと思いますが、(w-zero3 [es]で撮影したから写真も甘い)、すごく小さいです。タバコの箱くらいの大きさです。
110という、昔のポケットカメラのカセット型のフィルムを使いますが、ちゃんとした一眼レフカメラです。

僕が(子供の頃)人生で一番最初に買ったカメラは、やはり110フィルムを使ったカメラでした。


ベイビーHOLGA


はちカメラ

まあ、この類のおもちゃカメラだったんですが、110というフィルムはガシャポンってフィルムを入れられるのと、カメラの構造を単純に出来るので、昔の安いカメラはこんな感じだったと思います。

その後、写ルンですなどの「レンズ付きフィルム」(この名称はすばらしい。使い捨てという言葉に抵抗感のある社会にとって、受け入れやすかったのだと思う)が低価格で35mmをつかい鮮明な写真が取れるようになって、またAPSカメラ(フィルムが入れやすく、使いやすい)やデジカメの低価格化によって110なんてフィルムは、よほど大きなカメラ屋さんにいかなくては手に入らなくなってしまいました。

話をもどして、このPENATAX auto110ですが、autoというのにオートなのは露出のみ。フォーカスは手動であわせます。(また露出はオートにしかできない)

まあそんな機能的なことはおいておいて、110というチープなフィルムを使うのに一眼レフ、一眼レフなのに110フィルムという中途半端なところは、これとこれのマイナーチェンジ(auto110 Super)以外はなかったような気がします。

さて、この小さいカメラですが、これを手にして、ほかの小さいカメラも気になってきました。
昔、Sharanというミニチュアカメラ(実在のカメラを小さくデフォルメし、ミノックスのフィルムをつかるようにたしリーズ)がありましたが、いまはデジタルなのもあるんですね。


MINOX DCC Leica M3(4.0) デジタルカメラ
ライカM3モデル 400万画素

なかなか小さいカメラも奥が深いですね。

|

« にゃんにゃんにゃんの日 | トップページ | 神聖モテモテ王国(略称:キムタク) »

「おもちゃ」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

新宿の中古店にauto110用交換レンズが並んでましたよ。
個人的にauto110用のアイテムで最高にかっこいいと思うのは
http://kougasha.net/auto110/item/strap/beltclip.html
のベルトクリップです。

ま、実物を見た事は無いですが・・・

投稿: kuroken | 2007.02.25 23:16

その新宿も中古店ってのは、靴屋の上か、マッサージ屋の下のいずれかでしょう。
明日、昼時間があればいきたいです。
ベルトクリップ、イカすなぁ。

投稿: akst | 2007.02.26 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/14046693

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての一眼レフ PENTAX auto110:

« にゃんにゃんにゃんの日 | トップページ | 神聖モテモテ王国(略称:キムタク) »