« 星を継ぐ者 | トップページ | 佐渡島共和国 国民クイズ »

2007.02.01

タモリと京急と俺

1月のタモリ倶楽部でタモリが京急ファインテックの久里浜工場まで貸切電車をはしらせてはしゃぐという、一般の人がみてもな~んにもおもしろくない企画をやっていたと数人から聞きました。

早速録画を見てみると、みなはしゃいでます。くるりの岸田君もはしゃいでます。あのホリプロのマネージャはなんでしょうね、いつも。


赤い電車 くるり

これは東京ローカルで流れた京急のCMソングですが、京急には独自の哲学みたいなのがあって、特徴がわかりやすいのでモチーフになりやすいんですね。

ドレミの音がする、とよくいわれますが、ほんとうは「ふぁーそらしどれみふぁそ~ん~ぼ~」ですね。

で、あのはしゃいでる人たちをみて、小学生のとき、京急の新町検車区にいきなり電話して、むりに見学させもらっておおはしゃぎだったことを思い出しました。(すっかりわすれていた)
当時、なんか急に京急の車庫がみたくなって、ダメモトで電話したらOKしてくれて、遊びに行ったら、納車されたばかりの当時の新車1500形のトップナンバーの中へいれてもらったり、いろいろ案内してもらいました。

あ、こどもって無鉄砲ですね。京急の人、ありがとうございました、ホントに。コドモがやったこととはいえ...

その後、僕は京急で高校に通うことになるのですが、ときどき都営浅草線とかで京急の直通電車がくると、うれしいです。
(というか、北総や京成の電車だとかなりガックリくる)

京急ってなんでしょうね、あのアカさとハヤさが麻薬的なんですかね?あと、あの音。
あと、タモリ倶楽部程度の番組(あれは彼の趣味でしかないじゃんか)で貸切できたり、くるりやスーパーベルズのプロモに全面協力だったり、小学生に車庫見学させてくれたり、結構、フレンドリーですね。

|

« 星を継ぐ者 | トップページ | 佐渡島共和国 国民クイズ »

「おもちゃ」カテゴリの記事

「お出かけ」カテゴリの記事

「交通」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

それ、見ましたよ。
2週連続でやってましたよね。
ほんとマニアックで、
何がいいのが私には
さっぱりわかりませんでしたが、
電車が好きなんだなということだけは
わかりました。

京急は接客がいい(親切)なのも特徴的ですが、
大きな駅を通っているのに
なぜかとってもマイナーな
イメージがあるのも特徴な気がします。
(私の周りだけかも知れませんが)

投稿: みやっち | 2007.02.03 02:28

みやっちさん
返事がおくれました、すみません。

京急は乗務員と駅係員が、また動きが独特です。
指差し確認しない。
そして、自分に関係あろうとなかろうと(たとえば、乗務を終えて詰所に戻る乗務員であっても)、制服を着た人間はホームにいるときは戸閉めの安全確認をやる(手を上げて車掌にOKを知らせる)。

マイナーなイメージは、一番南のはしっこを走ってるからでしょうね。

投稿: akst | 2007.02.03 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/13747072

この記事へのトラックバック一覧です: タモリと京急と俺:

« 星を継ぐ者 | トップページ | 佐渡島共和国 国民クイズ »