« 初めての一眼レフ PENTAX auto110 | トップページ | 非正規雇用の闇、そして守銭奴 »

2007.02.26

神聖モテモテ王国(略称:キムタク)


神聖モテモテ王国 ながいけん

ナオンと彼らだけの約束の地、神聖モテモテ王国。23の謎を持つファーザーとその息子メガネボーズがもてもて台風上陸中って感じかにゃ~? (amazonより)

説明しても説明にならないので、説明はwikipediaに譲ります

なんていうか、このマンガすごく大好きで、支離滅裂なセリフのなかに筋の通った(というか、元ネタに忠実な)ネタがいっぱいなのですが、元ネタがなんだかわかんないと意味がわからないのは、久米田康治のマンガと同じですね)同時期にサンデーに連載されていたのは、あまり関係がないとおもう)

突然、連載が休止し(ほんとうに、なんの前触れもなく、いきなり連載がなくなった)、僕はながいけんが精神崩壊を起こして失踪したのではないか?とおもったのですが(実際そういううわさはあった)、さらに突然なんの前触れもなくヤングサンデーに5回だけ連載し、そのままちょん切れたまま、コミックスもサンデー掲載未収録分・ヤンサン掲載分も発売されずにいたりします。

ちなみに、ヤンサンの最後のコマでは、ファーザーが警官に拘束され(これはいつものパターン)

ファーザー:「じゃからわしは個性を追求してまあちょっと時空を越えてきたっちゅうか・・・」
ファーザー:「これは個性なんじゃよー。」
警官:「お前そんなのは人間の範囲内でやれ。」

となっていて、話が終わっていません。(毎回のオチではあるけれど、話全体の終了ではない)

内容どころか、その存在も理解の範囲を超える作品ではあります。
手に入れづらさも伝説的で(「ぶっせん」や「逆襲のギガンティス」並に見つけるのが困難、まあブックオフとかでみつけることもまぁないでしょう。

まんが大王を定期的にみていると手に入れることが出来るとおもいます。

|

« 初めての一眼レフ PENTAX auto110 | トップページ | 非正規雇用の闇、そして守銭奴 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神聖モテモテ王国(略称:キムタク):

« 初めての一眼レフ PENTAX auto110 | トップページ | 非正規雇用の闇、そして守銭奴 »