« バーガーキングとキャンプ座間盆踊り2007の日程 | トップページ | 最近のこと(ブツブツ) »

2007.07.04

斎藤昌三とその装丁


書痴斎藤昌三と書物展望社

前に紹介したぼくのおじいさんのおとうさん(おとうさんのおじいさん)に関する本ですが、読んでみるとまあ知っていることと、知らないことのミックスでした。(あたりまえか)
目録的に昌三の作品を紹介しているので、これは資料として(どんな作品を出していたか、そのときどういう状況だったかということがわかるので)とてもよかったです。

で、その記事を書いた後、ちょっとした出来事がありました。現在進行形の出来事なので、一通りことがすんだらこのブログで報告しますが、やはり、ポイントとなったのは「蓑虫3万匹捕まえて、本の装丁に使った」というあたりでした。

蓑虫の話を大叔母(昌三の長男のお嫁さん)と話したとき、新しい事実がわかりました。

「じつはね、浅草海苔でもやったのよね、本。私がお嫁に来たあたり」

大叔母がお嫁に来たのがいつ頃なのか良くわかんなかったのですが)大戦中か戦後すぐだとおもう)、浅草海苔で装丁された本ってのは、現在どうなっているのだろう???とかおもいました。

また、記事を書きます。

|

« バーガーキングとキャンプ座間盆踊り2007の日程 | トップページ | 最近のこと(ブツブツ) »

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

えーーー!そうなんだ?!すごい!!!

手作り装丁で思い出したけど、この本かわいいよ♪
Evil Twin Publications の
www.eviltwinpublications.com/CATS.html

投稿: hirji / poppy | 2007.07.12 16:35

hirji / poppy さん
おかしいでしょう?みのむしとか浅草海苔...

このねこちゃんかわいいねえ。

投稿: akst | 2007.07.13 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/15631239

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤昌三とその装丁:

« バーガーキングとキャンプ座間盆踊り2007の日程 | トップページ | 最近のこと(ブツブツ) »