« ウィーンの音楽時計・くじゃく コダーイ | トップページ | 温存、QOL »

2007.10.25

MSXに関する無限ループ

1. お、まだ1chip MSXって買えるのか?
2. でも微妙に高いなぁ、中古の実機(MSX2+くらい)が買えるなぁ。
3. っつーか実機買っても、たいていFDDのベルトが壊れてるし、いまさらROMイメージを書き戻すとか、面倒じゃん?
4. じゃあ、エミュでいいや。
5. あ、設定めんどくせえなぁ。あ、1chip MSXってまだ売っているんだっけ?(1へ戻る)

Amigaもそうやって無限ループを繰り広げて、結果として実機を貰いました。
MSXの実機はFDDのベルトが(以下略)

MSX MAGAZINE 永久保存版 VOL1/2/3
MSX MAGAZINE 永久保存版 VOL1/2/3アスキー書籍編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<追記>
ちなみに、昔、FS-A1GT(MSX turboRの最強最終機種)を街で(っていうか、オフィスの近所で)拾ったのですが、これもFDDがアレでした。んで、金に困っていた時期だったので、FDDがアレなままヤフオクで売ったら、そのお金で1ヶ月生活できた。
そういうことを考えると、今ヤフオクでFS-A1GT(FDD修理済み)を、今の相場の4万円くらい出して買ったとしても、大して高い買い物じゃないんだな、と一瞬考えて、あやうく入札しそうになりました。
冷静に考えれば、4万円を出せば、WindowsPCが買えて、BlueMSXが快適に動くわけですから。
まあ、でも、実機は実機でほしいよね。

|

« ウィーンの音楽時計・くじゃく コダーイ | トップページ | 温存、QOL »

「ゲーム」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/16873004

この記事へのトラックバック一覧です: MSXに関する無限ループ:

« ウィーンの音楽時計・くじゃく コダーイ | トップページ | 温存、QOL »