« Wiiフィット 届いたよ | トップページ | M3DS Simply日本語版の新ファーム、出てた »

2007.12.02

新世界 シンバル

なぁんにもやる気が起こらないので、珍しくドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」(カラヤン・ベルリンフィル)をぼーっと聴いていました。

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」カラヤン(ヘルベルト・フォン) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ドヴォルザーク

TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(M) 2007-07-25
売り上げランキング : 339


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

超有名な曲なので解説はしないですけれど、この古典的なソナタ形式のシンフォニーは、第3楽章がとても魅力的です。有名なのは第2楽章(勝手に歌詞までつけられて歌われている)と第4楽章(ジョーズ)ですけれど、第3楽章のスケルツォはもっとフィーチャーされてよいと思います。

新世界におけるシンバルの扱い(注1)については、有名どころの話じゃなくて、いろんなエピソード(注2)がありますが、僕はこのCDのシンバルが、ぜんぜん聞き取れなかった。何度聴いても、シンバルが鳴るべきところでシンバルが聞こえない。でもまあ、これのシンバルってそんなもんなんだろうとおもうと、それはそれでいいんじゃないかな、といい加減な気持ちがしてきました。

まあ、その辺どうでもいいわりには、やはりすばらしい曲だなぁと感心します。どうでもよくないんですけど、本当は。

(注1)ググれば一発だけど、全曲通して第4楽章の1小節だけ、mf(メゾフォルテ)で7拍伸ばす、という指定。シンバル奏者はこの一音のためだけにずっと立っているわけで、そういう意味では「バンダの出番が少ない」程度のことは問題じゃない。
が、まあ、第3楽章にだけ出てくるトライアングルの奏者が第4楽章でシンバルを打てば、合理的なので、結構そういう演奏もある。

(注2)緊張するあまり、この一音を鳴らし忘れた奏者、鳴らし忘れた奏者に激怒する指揮者など。ドラマのテーマにすらなった。

|

« Wiiフィット 届いたよ | トップページ | M3DS Simply日本語版の新ファーム、出てた »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
楽器は何もできない私ですが、このシンバル、それも1回のジャ〜〜ンには挑戦してみたいですね(笑)

投稿: mei | 2007.12.02 23:28

meiさん
そ、それがね、シンバル、ジャーンじゃないんですよ。シャラーンって、片一方の下のほうをもう片一方の上のほうで、やわくこするだけなんです。
んで、7拍持たせろ、ということなんですが、無理だ...

でも、プロはよっぽどびびっちゃうらしくて打てないんですけど、僕ら素人は、結構あっさりできちゃったりして♪

投稿: akst | 2007.12.03 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/17256723

この記事へのトラックバック一覧です: 新世界 シンバル:

» スウィトナーのドヴォルザーク [クラシック音楽ぶった斬り]
全曲を通して、スウィトナーの演奏は、旋律をしなやかに歌わせ、ドヴォルザークの交響曲を見事な平衡感覚で再現している。 [続きを読む]

受信: 2007.12.14 11:51

« Wiiフィット 届いたよ | トップページ | M3DS Simply日本語版の新ファーム、出てた »