« 中学の後輩のヤ○ザ | トップページ | 人生3回目の大学3年生 »

2008.04.12

日本(以外全部)沈没

日本以外全部沈没
日本以外全部沈没

「日本以外全部沈没」を見たいとおもったのだけれども、これはやっぱり「日本沈没」を見てから見なくちゃいけないような気がして、ちょっと「日本沈没」は種類がいっぱいあるので、整理してみようと思いました。

「日本沈没」は、1973年版とTVドラマ版と2006年版があります。そうなると、1973年版をみてから、TV版を見て、最後に2006年版を見るのが正しい順番なのかなぁとおもったのですが、すこしヘビーです。

日本沈没
1973年版

日本沈没 TELEVISION SERIES プレミアム・ハザードBOX
TV版はBOXだ...

日本沈没 スタンダード・エディション
2006年版

もうここでへこたれた。無理だ。しかも微妙にみんな話が違う。そもそも、これは小松左京氏の小説が原作だ。

日本沈没 上    小学館文庫 こ 11-1
原作は小説

しかも、さいとう・プロ版の漫画と、現在スピリッツで連載中の一色登希彦版がある....(しかもまだ完結してない)

日本沈没 (1) (講談社漫画文庫)
さいとう・プロ版

日本沈没 1 (1) (ビッグコミックス)
一色登希彦版は継続中

ここまできて、もともとなんで「日本以外全部沈没」が見たかったかを冷静に考え直してみた。

「バカバカしい映画が見たい」

動機はそれだけだった。
パロディ作品は元ネタ作品をみていてこそ、面白いのだろうとおもい、元ネタを見ようと思っただけなのに、元ネタがこの状況だと、楽しむ余裕がなくなっちゃう。

僕なりの結論として、「日本以外全部沈没」はパロディ映画としてではなく、単なるバカ映画として、それ1本だけ見ることが一番ラクで楽しいんじゃないか?ということになりました。

これでも結構悩んでだした結論なんだけど、結果として悩む必要がなかった問題だった....

<追記>
TSUTAYAで日本沈没2006年版を借りてきた日の夜に、TVで放映されてしまった。
うちは新聞を取らないし、普段TVをあまりみなくなってしまったので、こうなったのだけど、まあ半額だったからいいやってキモチ。

|

« 中学の後輩のヤ○ザ | トップページ | 人生3回目の大学3年生 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

テレビで放送してましたね。
うちのパパさんが「草彅の演技が俺には合わない」といい、3分見て終わってしまいました。
昔バージョンの方も良い俳優さんがでてますね。

投稿: mei | 2008.04.15 19:50

meiさん
そう、2006年版はキャストがあんまり魅力的じゃないですね。誰とは言わないけど。古いほうが迫力あるキャストですよね。
日本以外全部沈没は、これを「悪意のないコメディ」としてみるのはムリがあると思いました。少なくとも、外国人やコスモポリタンには見せてはいけないひどい映画です。

投稿: akst | 2008.04.15 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/40860335

この記事へのトラックバック一覧です: 日本(以外全部)沈没:

« 中学の後輩のヤ○ザ | トップページ | 人生3回目の大学3年生 »