« 巻き取りヘッドフォン | トップページ | お花見2008 in キャンプ座間 »

2008.04.03

六一〇ハップ(ムトーハップ)

温泉に入りたいとおもったのだけれども、僕は「僕が温泉に行く」のはめんどくさくて「温泉が来い」とか言ってしまいがちなめんどくさがりで、かつ、近所の温泉の「常連」みたいなオッサンがのさばっている雰囲気も好きじゃないので(注)、ムトーハップ(610ハップ)を買ってきて、自宅で温泉気分にすることにしました。
ムトーハップといえば、あの白骨温泉で、温泉偽装につかわれた、由緒正しい(?)入浴剤です。

200804032212000
液体は赤い、六一〇ハップ

さて、赤いこの液体ですが、お湯にちょっとだけ入れると、お湯が白くなります。むぉおおおって硫黄の香りが漂い、本当に温泉の雰囲気です。こりゃ、偽装されてもわかんないっていうか、偽装するのにこれ使ったのなら、まだ良心的なんじゃないかと思うくらい、マジ温泉です。すげー。
なんかお肌スベスベですごいきもちいいんです。においも本当に温泉そのもので、(大涌谷みたいなにおいがする)あったまりました。

表書きには家庭用の浴槽にキャップ2杯と書いてありましたが、。キャップ1杯で十分じゃなかろうかというくらいです。

さて、これ、1回の入浴に1回つかったら、次の日は使えません。たぶん風呂釜いためます。循環式のお風呂で使うな、と書いてあります。それはまあしょうがないのですが、残り湯を洗濯にも使えなくなるし、毎日お湯を変えなくてはならなくなります。
追い炊きはしょうがないので、使った後はすぐ浴槽から抜いて、循環式(自動給湯)の風呂釜の場合は、すこし風呂釜から給湯させて、中にのこったお湯を追い出さないといけません。
(そもそも、追い炊きはダメみたいですが、追い炊きできないと困るっちゃーこまるから、こういう対策を自己責任で取ります)

そういう、すこし面倒くさいきまりがあるのですが、でもまあ2日目のお湯の最後にいれて楽しむっていう使い方もありだなーとおもいます。


六一○ハップ(610ハップ) 440g

んー、しばらく温泉に行こうと思わないですみそうです。温泉が、来た。

(注)近郊にできた温泉施設そのものはありがたいけど、温泉に限らず、銭湯とか、ゴミ処理場の余熱でやってる入浴施設とか、そういうところってなぜか常連の人が我が物顔ですよね。あれ、よろしくないよ。すこし遠慮しろ。

<追記>この六一〇ハップ(ムトーハップ)の正しくない使い方、多すぎますね。販売自粛にならないといいなとおもいます。ちなみに、アマゾンで検索をかけると関連商品がメチャメチャです。こっちはすこし責任をもって対処しろよとおもいます。

|

« 巻き取りヘッドフォン | トップページ | お花見2008 in キャンプ座間 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

あ!ムトーハップだ!!

わたくしにとってムトーハップは馬との思い出でいっぱいです。

なぜ馬なのか。

高校の時、なまいきにも馬術部があって、なまいきにも部員だったのですが、主に冬場、お馬が疲れているときに、大学生の先輩に「おい、ムトーハップしてやってくれ。」といわれることがありました。
お馬は、吉祥寺のちっこい馬場では温泉に入ることもできないので、たらいにお湯をいっぱい入れて、ムトーハップをたらして、洗面器で背中から、ざぶざぶかけてあげるんです。

お馬、大喜び。わたくしは屋外で全身温泉かぶって寒い寒い。

今を去ること16、17年前のお話です。
あのころからパッケージは変わっていません。
というより、もっともっと昔から変わってなさそうですけどね(笑)。
ホントに大涌谷の気分です。

投稿: mogura | 2008.04.03 23:58

moguraさん
返信が遅れました。
乗馬、すごいな~。
犬の疥癬など皮膚病に獣医さんが勧めることもおおいそうです、ムトーハップ。

すばらしい温泉気分なアイテムですが、最近これを使った悪いことがおおくて、すこししょげます。
販売自粛とかになったらやだなーとおもいます。

投稿: akst | 2008.04.05 23:23

610ハップ検索で、ここで辿り着きました。
私はつい最近610ハップ愛好者になったばかりなのですが、
使い始めた途端に昨今の話題の物になってしまったようでびっくりしています。
もう自由に買えないのかなあ…。
なんだか「私は本当に悪いことにはつかいません」って大きな声で言えば言うほど怪しまれそうですしね…。
ほんの1~2か月前から使い始めて「良い物見つけた~」と思ったのも束の間…。
(かなり昔からある商品で、結構有名…ということを全く知らず、本当に偶然見つけたのです)
良い物には縁がないのかと、我が身の不運さに悲しくなりました。
なんだか大袈裟に聞こえますが、純粋な愛好者の方と残念な気持ちを分かち合いたくて思わず書き込んでしまいました~。
頑張れ、武藤さん~~。

投稿: mya~o~ | 2008.05.11 02:36

mya~o~さん、はじめまして!
そう!まさしくそのとおり。
その残念なキモチが分かち合えて本当にうれしいです。
おかしな使い方は他人も巻き込むのでやめてほしいですね。
いろいろ事情はあるのだろうけれど。

世の中が落ち着くまで我慢なのかなぁ...
コメントありがとうございます。

投稿: akst | 2008.05.11 17:13

このムトーハップついにというか・・
残念というかついに工場閉鎖、現在の在庫がなくなったらもう作れないそうです。

それもこれも正しくない使い方をするお方のせいです、
これが無いと死活問題の業者さんもあります、燻し銀の工場はムトーハップで生産をしているそうで、
これがなくなると大変に困ったことになる・・という。

おいらもこれが無いと夏が大変です、小学校からずっと愛用していたのに、昨日某大手薬局でムトーハップの
大瓶をありったけ(と言ってもようやく3本)ゲットしました。

投稿: しんたろう | 2008.12.08 23:03

しんたろうさん
はじめまして。ついに恐れていたことになってしまいました。
これ、皮膚の治療に使われている方は本当にこまっているんじゃないかと思いました。
(僕みたいな、香りと肌触りを楽しむ人は我慢すればいいけど)
銀のいぶし加工にも必要ですね。それは気づかなかった!

なんか最近の日本は、へんなチカラの矛先が間違っていることが多いです。とても残念です。

投稿: akst | 2008.12.09 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/40754555

この記事へのトラックバック一覧です: 六一〇ハップ(ムトーハップ):

« 巻き取りヘッドフォン | トップページ | お花見2008 in キャンプ座間 »