« エイプリールフールに毒づく | トップページ | 六一〇ハップ(ムトーハップ) »

2008.04.02

巻き取りヘッドフォン

部屋を掃除していたら、FC互換機(と呼ばれるもの)が5台、USBメモリ型MP3プレーヤが3本、SDカードリーダ型MP3プレーヤが2個、イヤーフックタイプのヘッドフォンが3本も出てきて、どういう買い物の仕方なんだ?と過去の自分がイヤになりました。
それだけではなく、人類のテクノロジーがこれだけ進歩しているのに、僕の部屋のケーブル類、およびACアダプタのカオスは筆舌に尽くしがたい様相を呈していること自体、甚だ遺憾であります。

ケーブルといえば、ヘッドフォンのケーブルしかり。かばんの中でアレほど邪魔なものはないです。そう言ってBluetoothの無線のにしたとしても、右と左の間のケーブルだってそれなりに邪魔なのに気づいて、発狂しそうになりました。

大体、電子機器の開発者は、たいていACアダプタとケーブルの問題を解決する気がない。その気持ちを事実上放棄している。

エンジニアの良心はどこへ行った?

そこで、巻き取り式のヘッドフォンを買いました。飛びつきました。

audio-technica イヤフィットヘッドホン [ATH-EQ77] BK
audio-technica イヤフィットヘッドホン [ATH-EQ77] BK

以前に巻き取り式のタイプのヘッドフォンを買ったのですが、父に取られてしまい仕方なく他のヘッドフォンを持ち歩いていましたのです。
かばんにしまうときに本当に心からケーブルがうっとうしくて、引きちぎってしまいたい気持ちがここ数年続いていたのです。
そこまでがんばった自分の気持ちに、この値段とダイナミックレンジはとても魅力的だったのです。
(この価格帯の安いヘッドフォンの帯域のカタログスペックは上が20KHzくらいまでしかないことが多いけれど、これは24KHzまで、と、カタログスペックに書いてある。)

ああ、しまいやすい。かばんに放り投げてもこんがらがらない。すばらしい。

すべての電源はみんな内蔵型か、USB給電にして、ケーブルはできるだけ無線、もしくは取り外し可能な巻き取り式にして、世界が平和になればいいなと思っています。
多分、日本国内だけでもこれを実施すれば3割くらいの「イライラに起因する諸問題」が解決するんじゃないかと思います。いや、マジで。

|

« エイプリールフールに毒づく | トップページ | 六一〇ハップ(ムトーハップ) »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/40727507

この記事へのトラックバック一覧です: 巻き取りヘッドフォン:

« エイプリールフールに毒づく | トップページ | 六一〇ハップ(ムトーハップ) »