« オデッサ | トップページ | 吉田みえこさんへ »

2008.06.05

COX2選択阻害薬(メロキシカム)

いやー、COX2選択阻害薬(メロキシカム)ってすごいですね。

200806052313000
モービック

一日の中で気温が上下すると、足首の間接がこわばって歩くのが難しくなります。そうなると、モービック。
前はアスピリンでしのいでいたのですが、アスピリンは効きが早いんだけど、抜けも早い。
前はモービックは立ち上がりが悪いと思っていたのですが、抜けが遅いし(1日1回でOK)、最近は立ち上がり(効きの速さ)もそれなりに早くなってきているので、プレドニンを切った今の状態としては、ベストの薬。

こんなの昔はなかったよ。僕が歩けなくなった頃には、こんな効く薬がまだなかった。プレドニンをガンガン入れればどうにかなったけど、それじゃねえ、その先の人生の数年が大変になってくる。
とくに僕みたいに主症状が消化管潰瘍を継続的に患っている場合、従来のNSAIDSではいつ恐ろしいことになるかわからないことも多かったですから、COX2選択阻害薬って福音だったわけなんですよ。
僕はイブプロフェンで大腸から大量に出血して死に掛けたこともあるし...

世の中のリウマチ様関節症状を持っている人って大変なんですよ。なんでそうなってるのかわかんないし、効く薬が見つかるまで時間かかるし。

モービックは新薬なので薬価は高いし、ちょっと研究したら、副作用とか出てきてるみたいなんですけど、とりあえず今の僕には命綱のひとつ。

泣き言でした。

|

« オデッサ | トップページ | 吉田みえこさんへ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COX2選択阻害薬(メロキシカム):

« オデッサ | トップページ | 吉田みえこさんへ »