« 近年の井上陽水がなんとなくアレに感じる理由 | トップページ | Android on EeePC 4G-X »

2010.01.28

Eye-Fi買いました。

Eye-Fi Share 無線LAN内蔵SDメモリーカード(Jpegのみ転送)Eye-Fi Share 無線LAN内蔵SDメモリーカード(Jpegのみ転送)

Eye-Fi Inc
売り上げランキング : 4116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日これを買いました。手持ちのCoolPixが電池の蓋を開けないとSDカードが取り出せないのですが(最近P60を使っています)、それに嫌気がさして買ってしまいました。

使い勝手などはすでにあちこちでレビューされているので、これの動きについて書きたいと思います。

このカードはWi-Fiのキー情報をもってIPアドレスを取得して、SDカードの書き込みがアイドルのときにPCで起動しているEye-Fi managerのサービスをUPnPかなんかでみつけにいく仕組みだと推測しました。そして、そのサービスとUPnPかなんかで通信してファイルを送り込んで、PCに常駐しているEye-Fi Managerが受け取ったPCのファイルシステムにファイルを書きこむのだと思います。
(このカード自体がSMBのクライアントになってPCの共有フォルダに書き込むとかいうことをするわけではない。)
お、結構考えた仕組みだな、と関心しました。

「インターネット経由でのアップロード」という設定もあって、これは自宅のLANじゃないところでも(公衆無線LANなどのエリアなどでも)そこに入るとアップロードするという仕組みです。
こちらはは、とりあえずEye-fiカードからEye-fi社のサーバ(インターネットにある、Eye-にデータをhttpかなんかでpostして、とりあえずEye-Fi社のに保持していて、PCでEye-Fi Managerが起動するとこれをポーリングにいく感じです。で、ポーリングにいって「データあるよ!」っていわれたら、 Eye-Fi Managerがhttpかなんかでとりにいって、PCのファイルシステムに書きこむんです。

このすこしまどろっこしい仕組みはiPhoneで生きてきます。
Eye-FiユーザでiPhoneをもっていると、そのiPhoneで撮った写真も同じように自宅のPCに転送してくれるアプリが使えるようになるのですが(無料だけれど、Eye-Fiカードユーザ限定)これはこの「Eye-Fi社のサーバ経由、Managerがポーリングしてゲット」という仕組みがそのままこれに応用されているのです。


その辺の結構まどろっこしい仕組みをユーザに1mmも感じさせないで(僕は考えすぎるタイプなのでよく考えてしまったけど)、さくっと写真を転送してくれる仕組みには脱帽です。

結構便利です。

動画対応はこちら。

Eye-Fi Share Video 無線LAN内蔵SDHCメモリーカード(動画対応版)Eye-Fi Share Video 無線LAN内蔵SDHCメモリーカード(動画対応版)

Eye-Fi
売り上げランキング : 2403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 近年の井上陽水がなんとなくアレに感じる理由 | トップページ | Android on EeePC 4G-X »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「モバイル」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/47415822

この記事へのトラックバック一覧です: Eye-Fi買いました。:

« 近年の井上陽水がなんとなくアレに感じる理由 | トップページ | Android on EeePC 4G-X »