« 小惑星探査機 「はやぶさ」のカプセル(実物展示)、見に行ったよ | トップページ | 都内(都下)近郊のバイオマス足湯 瀬音の湯 »

2010.09.03

100円ファミコン:チョップリフター(バンゲリング帝国的なアレ)

久しぶりに100円ファミコンです。

Img_0024

「バンゲリング帝国三部作」としては、先にロードランナーを紹介すべきなのですが、一番好きなのがこれなので、これから紹介です。
僕がこれを始めてやったのはAppleII版が最初だとおもうのですが、AppleIIを初めとするいわゆる当時のマイコン(パソコン)版のチョップリフターはきわめて特徴的なキャラの動きをしました。


「地上で助けを求めている仲間が、ただの棒人間のくせにやけに情緒ゆたかな動きをする(手を振る)。」
「そしてそいつらが、うっかりヘリのローターに巻き込まれて死ぬ。」

幼心に「そんなのアリかよ!死にやすすぎだろ!」とおもったのですが、なかなかあの棒人間がかわいらしくおもえてくるのだから不思議です。

さて、ファミコン版ですが、いささかゲームバランスが難しいほうに振られていた他機種版とちがって、仲間がうっかり死ぬ要素が減りました。まあうっかり銃撃したりすると死にますが。

Img_0031

ただまあ、ただ効果音だけ出ていた黎明期のマイコンゲーム然とした他機種版とは違い、ちゃんとBGMもなり、ゲームバランスはよくなっています。米国版のマスターシステム版はもっとバリバリしていたような気がしますが、日本版ではSG-1000版は出たけどマスターシステム版はでなかったような気がします。(どうもうろおぼえ)

あんまり仲間が死にまくると、逆に「時間内にどんだけ仲間を虐殺できるか」という自分ルールをつくって遊んでしまうどうしようもない僕でしたが。

チョップリフターチョップリフター

ジャレコ 1986-06-26
売り上げランキング : 29250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 小惑星探査機 「はやぶさ」のカプセル(実物展示)、見に行ったよ | トップページ | 都内(都下)近郊のバイオマス足湯 瀬音の湯 »

100円ファミコン」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4138/49338048

この記事へのトラックバック一覧です: 100円ファミコン:チョップリフター(バンゲリング帝国的なアレ):

« 小惑星探査機 「はやぶさ」のカプセル(実物展示)、見に行ったよ | トップページ | 都内(都下)近郊のバイオマス足湯 瀬音の湯 »