タバコ

2008.08.01

LARKのお蔵入り商品サンプル

先月、なじみのタバコ屋さんにいただいたものです。
LARK Special BOOK BOX

P1000046
3種類

なにがどう新しいかというと

P1000048
ガンペリーのように、開くギミック

P1000047
開くとこんなかんじ

趣向は面白いのだけど、自動販売機に入らないし、諸般の事情でお蔵入りになったそうです。
ごちそうさまでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.06

ゆっくりパイプを喫う

DVC00082_M
この土曜日は天気がよく、ちょうど家で一人になる時間があったので、窓を開けて久しぶりにゆっくりパイプを喫いました。パイプ葉にはいろいろ種類があって、僕は「カピート・メローライト」あたりが喫いたかったのだけど(つかれていたから軽めがほしかった)、手元には「アンホーラ・フルアロマティック」しかなくて、これはこれですばらしいパイプ葉なので、ゆっくり時間をかけて、芳醇な甘い香りを楽しみました。

パイプはプカプカふかすのではなくて、ゆっくりくゆらしてその芳醇な香りを口と鼻で楽しむものです。普段のタバコとちがって、火をつけるまでの、葉を揉んで、パイプにつめてというところから、火が消えて香りが消えるまで小一時間、ゆっくり時間をすごすのです。

僕はあまり人に自慢できる趣味らしい趣味がなかなか(時間とかお金がなくて)ないのだけど、これだけは、やっぱり大事な趣味なんだなあと思います。

仏 ブッ・ショカン 本格パイプセット
パイプ入門に最適
仏 ブッ・ショカン 本格パイプセット

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.12

セブンスターREVO

久しぶりにタバコの話題。
以前に話題にしたセブンスターREVOのメンソールじゃない通常版。ようやく全国発売です。

revonew
僕もサンプルがとどきました。ちょっとパッケージがシブい

これはいわゆるJTの言うところの「D-Spec」というもので

「たばこのにおいが気になる」「たばこのにおいが少ない製品がほしい」という、お客様のご要望にお応えするため、JT独自の新技術を開発しました。これは、1996年に「においの少ないたばこ」の基礎研究を開始して以来、約6年を費やして開発に成功したもので、たばこ本来の味・香りは極力活かし、気になるにおいを抑える効果のあるシトラスフレーバー香料(特許出願済)を採用して、たばこの気になるにおいを低減する効果をもたらしました。
(JTのページより抜粋)

という一連のシリーズです。セブンスターREVOはその前に出たマイルドセブンプライムより、いくぶんシトラス具合は弱く、だけれどもセブンスターそのものの味とはやはりちょっと違う味です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.10

いただきもの ミニチュアパイプ 三十路の趣味

minipipe

いただきものつづきで、恐縮したり、嬉しかったり。ウェブログを書いていると、いろんな方と知り合えて、またこうしていろんなモノやデキゴトに出会うことが出来ます。それもひとつの楽しみだったりします。

これはある方にバースデープレゼントとしていただいたミニチュアパイプ。ミニチュアですがしっかりした無垢のつくりで、キーホルダーみたいにわっかがついていますが、持ち運びようだということでこれは外して使うこともできるようです。

パイプというのは普通のタバコと違って、ゆっくり時間をつくって、その時間で香りと時間を楽しむ、非常に贅沢な趣味です。20代の後半にこの面白さをしって、でもちょっと背伸びしているかな?とおもっていたのですが、もう僕も三十路です。堂々とパイプを楽しんでもいいな、とおもっていたところに、思いがけずのプレゼントだったのでとてもとても嬉しかったです。下さった方、ありがとうございます。

喫煙具にはいろいろあって、以前小粋きせるを紹介したと思います。タバコっていうのはただたんに紙に巻いた葉っぱをイライラしながらスパスパ吸っていくものではなくて、こうして、使うものや銘柄、また吸うまでの過程を楽しむ趣味のひとつだと思うので、喫煙者の皆さんもいろいろチャレンジしてみるといいとおもいます。
周りの人に迷惑のかからない程度に、そして、自分の健康は自己責任で。

さまざまな銘柄やちょっとかわった喫煙具は、みんなが「秋葉原の喫煙スペースのひとつ」としてだけ誤認識している神田末広町のコロボックルさんに、いろいろあります。ここはたんにタバコを吸う場所ではなくて、いろんなタバコの楽しみが奥の店舗から出てくる広場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

エンジン音がうなるタバコ缶

ls_suzuka
この缶、開けるとラッキーストライクが2箱入っていて、エキゾーストノートが出るというすげえタバコ缶です。見て話を聞いたときは大笑いしました。神田末広町のいつものコロボックルさんで。
コーナーでは、「イヤ~ン、バカ~ン」と聞こえる鈴鹿グランプリ記念限定で、数が限定というだけでなく、あつかっているお店も限定らしいです、今宮さーん!

タバコのカテゴリをつくりました。みてみると結構書いているのですね。吸い過ぎには注意なんですけど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.10

セブンスターREVO(メンソール) サンプルをもらいました

revo
JTから宅配便がとどいたとおもったら、中からいままで地域限定だったセブンスターREVOが全国発売ですということでサンプル(と携帯灰皿)がとどいていました。こうしてサンプルを送ってもらえることはとても嬉しいことです。

さて、喫い味はどうかというと、以前紹介したセブンスターライトのフレーバにちょっと強めのメンソールを加えた感じです。普段はセブンスターライトで、気分を変えたいときに味はかわらずメンソールだけほしいというときにいい飲んじゃないかなと思います。これほど元のタバコの味を変えずにメンソールを加えたタバコというのも初めてのような気がします。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.08.30

超多連装?2段式?ROCKET40

rockets40

先日発売されたばかりのROCKET40(ロケッツフォーティー)のホワイトを、神田末広町のコロボックルさんで買いました。いまなら吸殻入れつきライターがついてくるのです。(限定)

このロケッツというネーミング、面白いですね。40本入り250円というなんともいえないパッケージング(と価格)がおもしろいです。

40pon

このように、あけると(ちょっと吸って本数が少ないけど)これでもか、といわんばかりにタバコが入っています。まるでロボットアニメの多連装ロケットみたいだ。

suigaraire

このオマケのライターがまたおかしなことになっていて、多段式ロケットのように、上層と下層が別の機能を持っていて、下は吸殻入れになっています。

honou

ライターはなぜか炎が2連装で出てくる。慣れないとかなりびっくりします。

rocketnoe

理由はライター上部がロケットのレリーフになっていて、炎の出るところがロケットのスラスター(炎を出して推進する部分)になっているからなのです。

どこをとってもロケットっぽい、Rockets40(ロケッツフォーティ)。ちょっと面白いでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.16

鼻から気分を変えていく

以前僕は「嗅ぎタバコ」なるものを紹介したことがあります。

これは「タバコが吸えないときに煙が出ないから便利」という紹介のしかたをしたような気ががしないでもないですが、実際使うときは気分を変えるたりリラックスしたりするために使っていることが多いです。普通のタバコとは違う、タバコ本来の使い方です。

でも、タバコというものは体にいいものではないし、嗅ぎタバコは使い方がアレゲなので誰にでもお勧めできるものじゃあないですけれど、ハーブやアロマは気分をかえるに多くの人におすすめできますね。

今日はこれを...
心の休養にセント・ジョンズ・ワート西洋オトギリ草
心の休養にセント・ジョンズ・ワート西洋オトギリ草

これはセントジョンズワートのスティックです。飲んだりするのじゃなくて、スティックを鼻の近くにもっていって1~2回深く息を吸い込むのです。そうすることによって、ハーブオイルの揮発した成分が鼻の粘膜をつたわって体に入っていく仕組み。
セントジョンズワートは実際僕はよく使うハーブで、結構お気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.19

JT新製品 セブンスターライトなど

ちょっとフライング気味ですが。あたらしいJTのタバコのレビウです。JTがいままで地方限定で売っていたいくつかのタバコのうち、この4種類がこの4月25日から全国で発売される予定です。

newJT
左から「ホープスーパーライト」・「セブンスターライトボックス」・「キャスタークールバニラ」・「ピースアロマメンソール」

「ホープスーパーライト」(北海道で先行発売)
さらに軽快なホープなれど、ホープライトよりホープらしい味との話。僕は普段ホープすわないからよくわからなかったんですが、ライトはオリジナルとは味が違うとのことで、このスーパーライトのほうがホープらしいと。

「セブンスターライトボックス」(福岡県で先行発売)
正統派の日本の紙巻タバコという味。必要以上に重くなく、だがしっかりとした喫い味(すいあじ)
個人的にはこの中で一番すきな味でした。最近すった紙巻のなかでは一番ウマいと感じたタバコ。芳醇な香りがしました。

「キャスタークールバニラ」(大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、沖縄県で先行発売)
ほのかにバニラの香りただようメンソール。これもバニラの香りが味に自己主張しすぎずに漂います。やわらかいすい心地です。

「ピースアロマメンソール」(愛知県、静岡県、山梨県、新潟・栃木・茨城県以東で先行発売)
香り高いメンソール。クセや刺激がなく、吸いやすいことメンソールです。
パッケージデザインも斬新ながらピースらしさがしっかり。

メンソール系が2種類ですね。今後この手のアロマフルなメンソールのタバコのラインアップが増えていく予感がします。

神田末広町のコロボックルさん(路上禁煙の千代田区では、こうして喫煙スペースを設けてくれるタバコ屋さんはありがたいです)では、すでにこの4種のポスターが貼られていて、アソートボックスがでるのかなあと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.03.31

駅で葉巻とパンストと

swing-mango

写真はシガリロ スウィングスウィート10(スウィートマンゴー)。10本入り320円の手ごろな値段のドライシガーです。小田急線の新宿駅の地下で買いました。火をつけるまではほのかにマンゴーの香りがしますが、火をつけるとごく普通のシガリロです。火をつけないで鼻と上唇ではさんでフゴフゴしているのが楽しかったりします。

さて、これはちょっと探すほどの(そして取り寄せてもらうほどの)ものではなかったのですが、「ほしいな」とおもってから手に入れるまでちょっと時間がかかりました。風邪引いて表に出られなかったのと、扱っているお店がなかなかみつからなかったからなのですが、偶然新宿駅の地下、小田急の地下西口改札の入り口ちかくにあるタバコ屋さんでみつけたので買ったのです。(この説明をするために構内図をさがしたのだけれど、ちょうどいいものはなかったです。小田急の新宿駅は複雑なんだからもうすこしいろんなものをちゃんと案内できるものがないとなあ)

そこのタバコ屋さん、一見タバコ屋という風に見えません。あ、いや、タバコ屋さんじゃないですね。タバコもうっている物販コーナーというかんじ。タバコのショーケースの横にパンストとか化粧品とかが売ってるのです。一見して女性が出かけたときに必要になるアレコレをうっているコーナーという感じなんです。スタッフの方も女性。よくみるといろんな銘柄のタバコが売っていて珍しいものもたくさんあるのです。

別に僕はパンストなんて必要ないけれど、なんだか気恥ずかしい気持ちになりながら一箱買いました。あ、いや、シガリロをですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)