スポーツ

2010.06.19

サントリー ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ2010 チケットゲット

今日はワールドカップ 対オランダ戦ですが、そんな日にこんなハガキが届きました。

Img_0589

サントリー ザ・プレミアム・モルツ ドリームマッチ2010の入場整理券です。しかも 2名x2枚、つまり4名分もキター。

割に毎年この抽選には当たっていて、去年もこれ見ながらビール飲んでたんですが、流石に往年の選手たちが集うワケで、1時間半で、9回を、試合の形にして収めるなんてさすがですよ。しかも見せ場はたっぷり。

去年は引退して帰国したばかりの桑田選手が、投げて、守って、そしてホームラン打ちました。

去年の様子はこちら。(動画)

毎年楽しみにしている、夏の初めのお祭りの一つです。


ザ・プレミアム・モルツ・ベースボールカードセット 2009 BOXザ・プレミアム・モルツ・ベースボールカードセット 2009 BOX

ベースボールマガジン社 2009-09-30
売り上げランキング : 28994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ML×24缶サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ML×24缶

サントリービア&スピリッツ 株式会社
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.31

昭和くさい高校球児


「昭和くさい」…選抜出場球児、対戦校をブログで侮辱 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

そういうことを、なんも考えずに全体に公開しているウェブ日記に書くから「ゆとり」って言われるんだなぁとおもったのですが、まあ、高校野球は昭和くさいです。いいんです。そういうもんです。昭和っていいですね。

僕は個人的にこのコミックがとても好きです。

実録!関東昭和軍 1 (1) (モーニングKC)
実録!関東昭和軍 1 (1) (モーニングKC)田中 誠

講談社 2006-11-22
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star高校野球の本当の魅力とは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もう、なんていうか、高校野球の胡散臭いところ、そして楽しいところを余すことなくデフォルメしていて、すっごく面白いです。これをみて高野連の人とかがムカっときたりしてれば、それはそれでしてやったりな感じです。

こう、斜に構えてこんなこといってますが、高校野球は基本的に好きです。みんな、がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.14

コビーの冒険

北京でオリンピックやるみたいですが、北京もオリンピックもどうでもいいという僕みたいな人にとって、北京もオリンピックも関係なくすごす方法みたいなのがあるといいなとおもいます。(テレビみないってのはあるけれど)

1992年にバルセロナでオリンピックをやったときは、まだ少しオリンピックには興味がないでもなかったし、当時はスペイン語を勉強していたので(といっても、バルセロナはカタラン語けど)、オリンピックのマスコット「コビー」がTVでアニメをやっていたのを、ずっと副音声でスペイン語で見ていたりしました。

いや、初めてコビーを見たときは驚きました。ほんと、ただの殴り書きですからね。顔がまっすぐ向いていない。
それまで目にした、ミーシャ(注1)、イーグルサム(注2)、ホドリ(注3)とは、どうかんがえても同一ラインにいない生き物で、最初なんの生き物がモチーフになったのかわかんなかったです。(カタロニアン・シープドッグ
なんの生物かどうかも最初はわからなかったのですが、よくよくみてみると、結構かわいく思えてきちゃうところが、芸術性が高いということなのでしょうか。実際今僕がみても、違和感ないというか、「これ、アリだろ、いやいや、スゲーだろ」とか思っちゃいます。

さて、そのコビーのアニメ、「コビー」の冒険ですが、すごいです。コビーがスポーツしたり遊んでいたりします。お姉さんのペトラ、それから友達のジョルディ、オリビア、カチャス、ノシ、ビチョ。これがみんな犬。でも話す。
そこに、ドクトルノルマル(ノルマル博士)という悪役とその手下2人がいろいろ悪さをします。そして毎回失敗します。
(ちなみに、お姉さんのペトラには、腕がありません。彼女はパラリンピックのマスコットだそうですが、ずいぶん議論があったといわれています。)

コビーの冒険のオープニング。日本のは主音声で日本語の歌詞がながれていますが、おかしなところがあるんです。youtubeで日本語とスペイン語で流れているのは(左右から両国語が聞こえてきて)混乱するので、下のはスペイン語版です。

これね、僕は出だし歌えます。なんかずっとみていたので、覚えちゃいました。
この歌の中で、途中で世界の地名をいっぱい言うのですが(東京とかインドとか)、1箇所変なところがあります。

アニメの絵はペンギンがいるところですが、地名は「レイキャビク」です。これは世界の首都で北極圏に一番ちかい街。寒いところですが、ペンギンはいません。
で、そこの日本語訳は「南極」です。南極にはペンギンはいますが、レイキャビクは南極にはありません。
(大混乱)

おかしいですね、あはは。寒けりゃなんでもいーのか、と。

歌は Amigos para siempre!! っていって終わります。友よ、永遠に!です。
アニメの技術に関していえば、もうほんと昔の日本アニメよりアレな感じですが、結構楽しんでみてました。
でもDVD化は不可能だろうなぁ...

あ、最後に。悪役としてでてくる、ドクトルノルマルですが、「人間の言葉を話す犬であるコビーとその仲間が珍しいので研究対象にするために捕まえたいのだけど、いつも失敗する」っていう設定だったとおもうのですが、うろ覚えです。どなたか知ってる方がいらっしゃったら補完してくださるとすごいうれしいです。

(注1)モスクワオリンピック。太って毛むくじゃらのロシア人の親父をむりやりかわいくしたようなクマ。まぁかわいい部類だとおもう。ロシアのアニメのタッチが、独特。(チェブラーシカみたいなかんじ)
(注2)ロスオリンピック。某ネズミの相棒のアヒルを、もうすこしチャラチャラしたガイにしたみたいな感じ。
(注3)ソウルオリンピック。こういっては何だけど、キャラクタデザインに独自性の乏しい時代の韓国でつくられた感じが全身からにじみ出ている、トラ。パチモンアニメにでてきても違和感ない。

おまけ

韓国に独自のキャラクタデザインやアニメーションが乏しかったころのアニメ。
有名だから、一度みておくといいですよ。「宇宙黒騎士」

なぜ、シャアっぽい人が仮面を脱ぐとアムロっぽい人になるのか(キリシアっぽい人が覆面を脱ぐとセイラっぽいひとになるのか)というあたりが、その時代のその国の文化背景だとおもいます。(いつまでもそうじゃないだろうとはおもうけど、北京あたりではまだ一般的だ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.09

クワタ

桑田投手の息子が高校に合格して、高校野球をすることになったというニュースをどっかで(まえに)聞いた。

それを聞いた瞬間

「桑田の息子はクワタだろ?」とおもったのだけど、違う。

息子の名前が「クワタ」なのは、ガリクソンだ。クレイグ・クワタ・ガリクソン。

桑田投手は、いつまでたっても高校球児みたいなみてくれ(髪型と顔)でいいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.25

川藤出さんかい!(ホンマに出してどないすんねん)

父親が抽選に応募して当選した「モルツドリームマッチ2006」を観戦しました。

シピンとレロン・リーとデストラーデとバースが同じチームで、敵チーム。すげー。

村田兆治が130km/h台のスピードボールを投げ、無失点。坂東英二が投げ、張本が見逃し三振。江夏が投げて田淵が受けるバッテリー。大野豊はピシャリとした投球、走る屋敷。打つ山本浩二。

あとにも先にもこれほど豪華で面白い野球は見ることがないでしょう。時代を超越したすばらしい選手たち。
さすがに元プロ、引退して歳をとっても、すばらしいプレーばかりでした。

ビールもさすがにうまかったです。ザ・プレミアム・モルツ。
堪能しました。ほんといい試合でした。

(Suntory The Premium Malts)2年連続モンドセレクションで日本初の最高金賞受賞【12缶】 サン...
ザ・プレミアム・モルツ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.02

ボブスレーとリュージュとスケルトンの違い (とカーリングのスコア)

僕はスポーツ全般に基本的に興味がないんです。これは体が丈夫じゃなくて運動神経がよくなかったので体育は好きじゃなかったし、体育でやる競技全般にいい思い出がないせいなのですが、冬の競技となると自分とはまったく持って関係ないから多少興味があります。っていうか、どうしてこれが競技として成立し、どうやると勝ち(または記録がよくなるか)で、どうやってそれを行うのか?そして、それらはどう違うのか?ということには激しく興味を持ちます。

とくに

「ボブスレーとリュージュとスケルトンはどう違うのか?」
とか
「リュージュはあれはあれで人間の努力の介在するところはあるのか?」

とかね。

それを解決してくれたのが、読売新聞のこのサイト
トリノ五輪で実施される全競技・種目をフラッシュムービーで紹介してくれます。

これはすばらしい。本当によくわかった。ボブスレーとリュージュとスケルトンの違いがはっきりと!そしてリュージュ選手の努力が!

そして、カーリングのさまざまなテクニックや得点の仕組みもよくわかった。すばらしい。

もちろん、「スキージャンプ・ペア」はないんだけれども....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.11

徳久瞳選手

テレビをつけたら、福岡国際女子柔道(と、いうのかな?)をやっていました。

僕は別に柔道に興味は無かったのですが、気になったのでテレビを見ていました。なかなか攻めあぐねていたようですが、最後は押さえ込み一本でした。63kg級、決勝戦でした。優勝。

で、検索してきたら出てきたのが三井住友海上のこのページ

これをみて、「なにもこんな写真つかうことないじゃないか」と思いました。なぜかって言うと

徳久瞳選手、じつは堀北真希ちゃんそっくり。
一般的に誰々似って誉め言葉だと僕は思ってないのですが、ちょっと今回は違う。徳久選手、美人ですよ。かわいらしい。インタビューもかわいらしかった。

ほりきた進化論 堀北真希写真集 ( 著者: 野村誠一 | 出版社: アスコム )
この人が戦っているのかとおもった。

スポーツ選手にアイドル性をもたせたフィーチャっていうのは、個人的にはどうかと常々思っているし、顔だとか見かけで人について何かコメントをするようにはしないように常々気をつけようている僕ですが、さすがにびっくりした。
しかも、ここのところ優勝からは遠ざかっていたとはいえ、常に上位の成績になるような強い若い選手がアイドルみたいなルックス。普段アイドルだとかスポーツだとはあんまり気にならない僕もさすがにびっくりしたですよ。
(ただ僕の好みの顔立ちなのかもしれないけれど)

ってことで、三井住友海上さんには、(ほかの選手も含めて)選手のページの写真、もうすこし、ええとそうですね、試合開始直後のもみ合う直前のまだ乱れていないけれど気合のはいってる写真とかにならないですかね、と、言いたいな。
そりゃ、顔で選手を見るわけじゃなけれど、もみくちゃになっている状態じゃ正直選手それぞれの判別つかないでしょうに、とおもいます。

徳久選手、優勝おめでとうございます。これからもがんばってください。

<追記>
あんまりのかわいさと優勝おめでとうという気持ち(そもそも興味なかったくせに)で勢いで書いてしまった(普段はこんなことしない)のですが、冷静になって考えると、今後ルックスでマスコミがフィーチャしだしたらちょっとイヤだなあとおもいました。徳久選手がいままで上位の成績を残してきたのは実力があるわけで、そのなかで優勝を逃してきたこともあるというのは可能性がまだあるということです。それを変な形でフィーチャして本筋の話(柔道)でないところでヤイノヤイノ騒いだら選手本人も僕らもうんざりです。そもそも僕が(女子)柔道に興味がなかったのは、マスコミがヤイノヤイノいって(ルックスじゃないんですけどね、断じてルックスではない)さらに本人がその気になってしまったんじゃないかなあという事例があるからなのです。近い将来徳久選手がその実力で世界をあっといわせることができれば、それこそ浦澤直樹先生が書いたことが現実になるんじゃないかな、とおもいました。

あ、あと、インタビューのときの顔はちょっと石川亜沙美さんに似てた。あ、これも僕の好みの話か。

なにはともあれ、五輪のときにこれっぽっちも興味がなかったというか多少うんざりしていた僕は「日本人としてまずいのかなあ」とおもっていたんですが、ちょっと応援したい選手がでてきたというのは、これは競技自体にとってはいいことなんじゃないかな、とおもったし、徳久選手にはがんばってもらいたいなとおもいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.26

踏まれたり蹴られたり

僕がこのウェブログで、ニュース・プロスポーツ・時事問題などを取り上げないのは、そこにいろんな人の立場、気持ちなどがあるから。いろんなことがありますが、それぞれを速報的に紹介することには個人では限界があるし、客観的に紹介することは難しいし、論説できるほどの立場ではないからです。またそれらが今僕のやること(やるべきこと・できること)かどうかがよくわからないからです。今後も背伸びしないで、身の回りのコトやモノを紹介できたらと思います。

さて、今熱を出しています。38度くらい。自分が自分じゃないようなボーっとしたかんじです。熱を出すといろんな人に迷惑をかけるし、自分もしんどいですね。

まず、ハードディスクの中のデータを誤って消しました。あろうことか。これで、自分がとても困りました。追い討ちをかけるように先日購入した250GBのハードディスクが初期不良をおこしました。どれだけのデータが使えなくなっているのか?被害評価をしようにも、熱で正常な判断ができないから、どうにもならんですね。こんなとき「いちいち小難しい理屈をこねてないで焼いとけ」とかおもうんですが、人間そうかんたんに変われるもんでもありませんね。

さて、熱があるときありがたいのは、ポカリスエットとホットポー。人間、発熱するとずいぶん水分が抜けます。水分がぬけるとしんどいですよ。ホットポーはカラダがさむいときに、ポカリスエットはお湯でホットポーをつくるのもしんどいときに、飲みます。ホットポーはサーモタンブラーでぬるめに。

ではまたよこになってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.10.14

箱根駅伝予選会

実家に電話したら、父が

「土曜日は立川に箱根駅伝の予選会を見に行くんだー」

っていっていました、何のことかと思えばなんと
20kmのコースのうち4kmを自衛隊駐屯地の滑走路を走る。500人で!

ちなみに、20kmを30分程度で走ってしまうので、すぐ終わるそうです。いや、どれも、スゲー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.15

レンタルカート

レーシングカートというモータースポーツがあります。
世界ではF-1ドライバーが、最初に触れるモータースポーツだったりするようです。
小さい車からは想像もできない深い世界で、愛好者もけっこういるようです。
実際、子供から大人まで多くの人がのめりこんでいる、なかなかイキなモータースポーツです。
本格的なレースもいっぱい開かれています。

でも、カートを本格的にはじめようとすると、結構お金がかかる。時間も必要。
でも、ちょっと乗ってみたい、そんな興味あるぞってなったら、レンタルカートがオススメです。

レンタルカートとは遊園地にあるようなゴーカートではなく、本格的なレーシングカート(といっても、初心者向けにセッティングされている)を本格的なコースで乗せてくれる施設です。料金は5分から10分あたり2000円から3000円くらい。ちょっと郊外に行くとあります。
5分から10分は短いとおもうでしょうが、これがコースを走る時間となるわけで、結構楽しめる時間なんです。と、いうか、はじめてだと結構体力つかってヘトヘトになるくらいの時間。

地方とか郊外には結構あるのですが、都内にも実はコースがあるのです。
シティカート

僕も時々、行きます。結構ハマります。が、最近いけていないので、今度時間を作っていってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)