ファッション・アクセサリ

2010.02.26

SEIKO KINETICを買っちゃった

69481700d87033b3412aef76c0c6b30797a

SEIKOの誇る自動巻き発電、KINETCを買ってしまいました。
SEIKOは海外の「電池を交換するのが日本ほど容易でない地域」向けに、自動巻きのSEIKO5シリーズを供給していて、日本ではさすがにもうすでに高級時計でしかあまり使われていない自動巻きムーブメントの廉価なラインアップを揃えていますが、最近のこのSEIKO5シリーズのムーブメント(キャリバー)7S26は日本製ではなくなり、マレーシアでムーブメントをつくり中国でアセンブリ(組み立て)しています。

僕も何本か7S26の時計を持っているのですが、近年はもう7S26はもういいかなあという気がして、それでも「メカメカしている」機構をもつ時計がすこし欲しいなと思っていました。

従来7S26キャリバーを持つ自動巻きを供給していた地域にも、クォーツの正確さで自動巻きの便利さをということで、近年KINETICも海外向けの廉価なモデルが増えてきているようで、すこし探してみると非常にリーズナブルな値段で見つけることができました。


SEIKO KINETIC SKA263P1
(Cal. 5M62)

ムーブメントは5M62の自動発電で日本製、組み立てそのものは中国でおこなっていますが、なかなかの質感です。ずしりとした重量感は重たいというほどではなく、なかで動くローターの慣性を感じることができ、メカメカした感じがします。地味で質実剛健な感じのするダイヤル(文字盤)はSEIKOの伝統的な雰囲気ですが、全体のフォルムはすこしスマートで、全体のバランスとしてはいい感じだと思っています。

しっかし、SEIKOはブランディング戦略を思いっきり間違っているとはおもいます。自分で築きあげたSEIKOというブランドを全然理解してない感じです。

高級時計のラインナップにCREDORだかなんだだとかとか、若者向けにWIREDだかなんだかだとか、世界中で認知されているSEIKOという文字(ロゴ)を出さないでいるわけですが、正直そういうでっちあげのわけのわかんない文字列をつかってブランディングしても、その価値があんまり認知されないんじゃないかとおもうわけです。
クレドールなんてSもEもIもKもOもない文字列なんかより、KING SEIKOと言って売った方がずっとプレミアム感があるはずなのに、そのあたりのことをちーともわかってない気がします。


楽天でSEIKO KINETC海外モデルを探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.12

腕「日時計」

FOSSIL FUEL サンダイヤル

太陽がでていて、かつ方角がわからないと時間がわからない腕時計。
そして、おおよその時間しかわからない。
そしてなによりもこの価格が一番の罰ゲーム。それでも、話題性というう意味では買いなのかな?
とか、ちょっとだけおもいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

Slip On のメモカバー

いろいろデバイスを持ち歩いている僕ですが、意外といいメモ帳のアプリを見つけたためしがありません。
10年くらい前、PalmPilotのmemoはとても機能が限定的で、それがとても使いやすかったのですが、今手元につかっているHTCのスマートフォンは、メモが使いにくくて、アプリを探すのも面倒で、やっぱメモくらいはアナログが一番楽なんじゃないかと思い始めました。

以前はMOLESKINのメモパッドを使っていましたが、これ、使い捨て(僕はメモは殴り書きで、あとでどこかに情報をまとめるまでの役目なので必然的にあとで用はなさなくなる)なのにガワが本革で、すこしもったいない気がしていました。

Moleskin/モレスキン リポーター プレーンノートブック(無地) QP513JPMoleskin/モレスキン リポーター プレーンノートブック(無地) QP513JP

Moleskin/モレスキン
売り上げランキング : 88952

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そこで、いろいろなひとに聞いてみるとRhodiaのメモブロックに、Slip Onのカバーをかぶせるといいよ、ということを教えてもらいました。Rhodiaはミシン線がついている方眼のが個人的には使いやすいとおもっていたのですが、あのオレンジの厚紙がイヤで悩んでいたのです。


Rio&DNL Rhodia メモカバー#11

そうそう!これが僕が求めていたメモだったんですよ!これこれ!

と、いうわけで、スマートフォンとかPCを持ち歩いていても、メモパッドも大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.24

アルミ水筒 (アルミボトル・アルミケトル)

アルミの水筒を買いました。

200806240026000
ぼやけちゃった。

アルミの水筒といえば、SIGGが有名で、流行っているようですね。


SIGG 各種

SIGGの水筒は品質はいいのだろうけれど、ちょっと値段が微妙ですね。安全への対価として考えるなら、中国製のアルミ水筒よりずっとましという考えもあるとはおもいますが、日本で売る限り、中国製も検品は厳しいはず、というところに賭けることが怖いことではないと思いたいですね。

僕は今はまあ、アルミ水筒にスイス製のクォリティを求めるような身の丈でもないので、3coinsで類似品を買って済ますことにしました。
類似品でも納得の品質だとは思います。(納得して買いました。)

ただ、こういうボトルがほしかっただけなのですが、かばんに一緒にぶら下げると、やはり飲み物が入っている間は結構重いもんだとおもいました。(あたりまえ)
でもまあ、使い古しのペットボトルを何度も使うよりも、もうすこしよいかと思います。

密閉できるだけで保温できない水筒に対して、どれだけの対価を支払うか?という問題ではありますが、スイス製の安心感とデザインセンス(色とか)を考えるなら、SIGG、値段だけを追求するなら3coinsで、どちらもアリだとは思います。

密閉できて、保温も考えるなら普通のステンレスの魔法瓶を買えばいいのですが、サーモマグ(サーモタンブラー)としてはこういうのもあります。


リキシールマグ

これはいいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.04.02

巻き取りヘッドフォン

部屋を掃除していたら、FC互換機(と呼ばれるもの)が5台、USBメモリ型MP3プレーヤが3本、SDカードリーダ型MP3プレーヤが2個、イヤーフックタイプのヘッドフォンが3本も出てきて、どういう買い物の仕方なんだ?と過去の自分がイヤになりました。
それだけではなく、人類のテクノロジーがこれだけ進歩しているのに、僕の部屋のケーブル類、およびACアダプタのカオスは筆舌に尽くしがたい様相を呈していること自体、甚だ遺憾であります。

ケーブルといえば、ヘッドフォンのケーブルしかり。かばんの中でアレほど邪魔なものはないです。そう言ってBluetoothの無線のにしたとしても、右と左の間のケーブルだってそれなりに邪魔なのに気づいて、発狂しそうになりました。

大体、電子機器の開発者は、たいていACアダプタとケーブルの問題を解決する気がない。その気持ちを事実上放棄している。

エンジニアの良心はどこへ行った?

そこで、巻き取り式のヘッドフォンを買いました。飛びつきました。

audio-technica イヤフィットヘッドホン [ATH-EQ77] BK
audio-technica イヤフィットヘッドホン [ATH-EQ77] BK

以前に巻き取り式のタイプのヘッドフォンを買ったのですが、父に取られてしまい仕方なく他のヘッドフォンを持ち歩いていましたのです。
かばんにしまうときに本当に心からケーブルがうっとうしくて、引きちぎってしまいたい気持ちがここ数年続いていたのです。
そこまでがんばった自分の気持ちに、この値段とダイナミックレンジはとても魅力的だったのです。
(この価格帯の安いヘッドフォンの帯域のカタログスペックは上が20KHzくらいまでしかないことが多いけれど、これは24KHzまで、と、カタログスペックに書いてある。)

ああ、しまいやすい。かばんに放り投げてもこんがらがらない。すばらしい。

すべての電源はみんな内蔵型か、USB給電にして、ケーブルはできるだけ無線、もしくは取り外し可能な巻き取り式にして、世界が平和になればいいなと思っています。
多分、日本国内だけでもこれを実施すれば3割くらいの「イライラに起因する諸問題」が解決するんじゃないかと思います。いや、マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

フルラのバッグ

旅行にいったら、お土産を買うというのは、大事なことなのか、どうでもいいことなのか僕にはよくわからないところがあって、少しお土産に関しては混乱したりしていました。

たいてい海外のお土産はチョコだったりしますが、それもつまらないし、たいてい日本で用意できてしまう。
(これは本当に便利なのかぶち壊しなのか、僕にはわからない。でも日本人にしか考え付かないビジネスなんじゃないかとおもう。)

お世話になっている人とか家族のために、自分が見ておいしそうなお菓子や何かを買うってのはありだなと思ったので、チュンチュンと、すずめがついばむようにこまごま買ったりしましたが、まあお菓子とかの話は、後の話のネタにとっておくとして、今回はブランドのバッグの話。

ローマにいくとき、普段あんまり会えないし、あんまりプレゼントもしてない彼女になんかバッグとかアクセサリのかわいいのがほしいな、とおもっていました。
正直言うと、海外にいったときにここぞとばかりに高級ブランド品を買い求めるのは、僕がやるのは格好悪いと思っている(注)ので、悩みました。
でも、ここでも妹があっさり解決してくれました。

フルラは?フルラのバッグとか、かわいいし、日本ではあんまりみんな持ってないから、お土産になるよ。」って。

2人でナツィオナーレ通り(共和国広場から、バスで2,3個行った先)にあるお店にいって、いろいろみてみたのですが、さりげないおしゃれな感じのシンプルなトートバッグを買いました。

日本でもちょっと買えるんですね、FURLA。

お店の中では、かわいらしいデザインが多くて、結構いいなぁと思いました。
男性用のものも、小物類も結構充実していて、見ていて楽しかったです。

さて、お菓子とかのお土産の話のほうが本筋なんですが、それはまた今度の機会に。

(注)海外に行ってここぞとたくさん免税で買い物したり、銀座の店の開店前から地べたに座って並んだりすることで手に入れるっていう行為は、ブランドが自分の身の丈にあっていないことのしるしだとも思うし、僕自身、そもそも自分の身の丈は、そんなに高くない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.27

HQ6090


HQ6090

勢いで買って、しばらくつかってみた感想です。

・ いやあ、結構あっさりよくそれる。(前に使っていたHQ362が、くたびれていたせいかも)
・ 結構ヘッドが肌に密着してくれる。
・ 深剃りは、そこそこ優秀。
・ フィリシェーブの特徴でもある、「寝た毛でも剃れる」はもちろん健在。あごひげとか、癖のある毛もOK。
・ 充電は早い。充電切れてても、ACで使えるのは便利。
・ 水洗いできるのは、便利。
・ 中の充電池がへたったら、自分で交換できる(けどドライバーは星型のやつじゃないとダメ)
・ でもヘッドが結構ガチャガチャいう。
・ 充電がアダプターなのはちょっとイヤ。

うーん、結構いいですね。ACアダプター以外は。剃った後のヒリヒリもぜんぜんありません。
すばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

あたらしいフィリシェーブがほしい

フィリシェーブ派の僕ですが、いいかげん古い水洗いできないフィリーシェーブがイヤになってきた。

いや、イヤになってきたっていうより、掃除がめんどくさいの。いままでHQ362(充電式)とHQ(乾電池式)のダブルアクションのをつかっていたのですが、掃除がめんどくさい。
いろいろ探したんですけど、これがなかなかよさげだったので、買うことにしました。


HQ6090

1万円以下で水洗い可能なもの、を選んだんですが、とりあえず届くまでお預けです。
レビューはそれからですね。すみません。

ほかのフィリシェーブは、下のリンクからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

年末年始、買い物しすぎ

後悔?公開。

12月は、MOTORAZRに始まり、赤耳papipo(2個)だけではなく、監査役殿と交換したW-ZERO3 [es]以外に同僚の友人からもう1個 [es]を購入、そしてガワも。この時点で、何個電話持ってんだ?的状態に。(よくわかってない)
Bluetoothヘッドセットを購入するも、こりゃ失敗だったしなぁ。

Wiiは僕のではなく、父親のなので、WiiSportsでテニスやりまくりなのも父なのでOKということで。

年末はなぜか、日立の空気清浄機とか買ってるし...

日立空気清浄機[EP-AZ10]

普段電気集塵式なもんで、HEPAっつーのがどれだけのもんか知りたかったんデスよ。

大量にヴァームも買い込みました...

大量に、ヴァーム!

年が明けたら、怒涛の勢いで、いきなりテプラを購入していましたが、GAPのキャンバストートとか、エディー・バウアーのオン・ザ・ゴー トートとか買っていました。何でトートばっか買ってんだか冷静になってから考えると理解できませんが....

今日は、DVDプレーヤを買ってしまいました。あと、harman/kardonのスピーカも。っつーか、脈絡のない買い物の仕方はどうかとおもいますが、DVDプレーヤについては後日補足します。(ちょっといろいろある)
harman/kardonはもう勢いです。なんに使うかも考えていません。

外に出るとなんか買っちゃうので、気をつけなければいけません。

あー、マンガとか、ガンダムとかいろいろ見たんですが(年末年始はテレビがつまんないから)、その辺はまたそのうちに。あと、ラングラーのジーンズとか、エドウィンのバギーパンツとか買ったけど、この辺はつまんないので放置。

<追記>
忘れてた。ウェブカメラとか、マウスとか、外人キーボードの予備とか、あと、こんなものも買っていました。

DENSO 車載用除菌イオン発生器 イオンテラ

イオンがどうのこうのっていういのは、もはや疑似科学とされていますが、高圧放電でオゾンつくってにおい分子を分解するのは、理屈としてはわかるのです。(イオンじゃねえ、オゾン発生器って言えとは思う)

僕はコンビニですらクレジットカードで支払う陸マイラーなので、支払いはほとんど全部カードです。この先の請求がちょっと怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

デコ電

デコ電とは、デコチャリみたいなもん。デコ携とはデコ携とはいわないようです。

アメリカ人流に率直に言うと(イギリス英語みたいだなぁ)、最近の若い女性の持っている携帯のほとんどは「デコ電」ですが、これは僕にとっては奇妙なものだなあとおもいます。

ALLデコ電キット*ピンク(2カラー)
ALLデコ電キット*ピンク(2カラー)

さらに率直に言うとこれは

岸壁にびっしり群生したフジツボみたいだなあ

といつもおもいます。

美的感覚というのは、人それぞれだとおもいますが、みなそろいもそろってこうだと、それは美的感覚というものではなく、ただの流行なのだな、と。

さて、これにも効能があります。

「滑って落としたりしにくい」

そんなことならラバーコーティングしておけばいいじゃんって感じですが、ラバーコーティングが若い女性にウけるわけがありません。まるでボンデージです。

と、いうわけで、「若い女性」という自覚がある方にはお勧めです。(ウソです)

<おまけ>
WPC EXPOに出かけようと思ったのですが、やめました。有明は遠いし、最近のコンシュマPC市場は詰まんないからです。この辺の事情については、またそのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧