ペット

2010.06.18

ベッドを占領する猫ちゃんがいないという憂鬱(大加筆)

ねこのとっくんが旅立ってからはや1ヶ月。いまだに彼がいない生活がよく意味がわかんない。


赤ちゃんの時に拾われてきた。95年の5月
Img_0019

ダンボールがあると入ってしまい、自慢げに。
Dscn2191

ここ、オイラの場所だし、という顔でベッドを占領。
Img_0077_1

朝、気持ちよさそうにそのベッドで寝ている彼。
Dscn0944


虹の橋で元気に遊んでいるかな?心配だ。もっといっしょに遊びたかった。orz

<以下、加筆。気持ちがゆらいでいて。>

15年前の5月に多摩東公園で出会った。つつじだかの植栽のなかからミーミーと声だけ聞こえて出てこなかったが、夕方同じところを通ったら小さいはっきりとした顔立ちのシマシマの猫がいた。

トロロとなづけたのだが、ロの連続が言いづらくトロになった。「とっくん」とよんだり「ボウズ」と呼んでいた。
非常にプライドが高くそれでいて甘えん坊で食いしん坊で食べ物をより好みして、丸々と太っていた。

おでかけすると、帰って来て一通り甘えてから「なんでオイラを一人で置いてった!」とプンスカが始まって、1時間ほどだっこしてなでて「ごめんね」っていわないと許してくれなかった。

具合が悪くてねてると「オマエ、どうしたの?横にいる?」っていうかんじで、横じゃなくてお腹の上にのって苦しかったけど、その優しさが心地良かった。
とてもおおきく、ふてぶてしく、生意気なんだけど、甘えるのがすこし下手で、思いやりのある子として過ごしてきました。

それが、今年の2月くらいからご飯がたべられなくなった。おいちくない。
ボウズはご飯がうまくたべられないと、その事実に大変ココロが傷ついて(オイラそんなハズねえよって)、余計たべようとしない。食べることに失敗(こぼしてしまったり)すると、もう最初からイラネーってなってしまう。
彼はいままでもそのプライドのおかげで結構損をしている。

例えば、怒っているとき(黙って出かけた、とかでプンスカ)にお詫びに甘エビの刺身を買ってきてあげても、最初は目がくらんでちょっとは食べるのだが、「あれ?そもそもオイラ怒ってるんだよな。ここで甘い顔しちゃダメだろ」と、途中でプイとして、結果その刺身の残りは全部ダメになって食べられなくなる。

この数日のあいだ、無理やり薬を飲ませた(結構なバトルである)ときに本気で怒ってしまって、それ以来ちゃんとご飯をたべなくなった。そしてそのせいで衰弱し、口がうまく動かなくなってよけい彼のプライドは傷ついて、ご飯を全然たべなくなった。そしてすこしずつ衰弱し、またうまくあるけなくなり、その事実に大変ショックを受け、プイっとしている。

だいたいこのボウズのプライドは相当なもので、目の前でなんか失敗でもしでかそうものなら、「なかったこと」にしようとする。たとえば、お気に入りの場所にジャンプしてずっこけてしまうと、次の瞬間からそんなお気に入りの場所なんてなかったように無視を決め込むし、ネコジャラシとかも、捕まえられなくなったので一回こっぴどくしょげて、それ以来反応をしなくなった。(本能的に反応したあと、知らんぷりする)
若い女の子でもいてキャーキャーいいながら食べさせれば別なんだろうが、どーにも困った問題だ。
プライドで衰弱する動物なんて、聞いたことねえ。本気で困っている。
体力が限界なんだから、気力で元気になったり衰弱したりというところで、本当に気が抜けない。
彼の自尊心を傷つけない程度に彼が弱らないように食わせてトイレいかせて水のませて薬のますのは、なかなか難しいもんです。

しばらくその状態がつづき、衰弱してもうすっかり赤ちゃん猫みたいな大きさになってしまい、あるくのもやっとなんだが、(決して抱いて移動させず、横を支えながら彼のあゆみにまかせる)夕方みんながいる居間に顔をだし、横になってなでられていたら、そのままうっとりしてるのかぐったりしてるのか分からないくらいに力を抜いてしまった。もう無理しなくて大丈夫だよ、と半泣きでずっと撫でていたら
「あ?おいら美味しいものたべてなくね?」的な顔してスクっとたちあがり、ご飯をムシャムシャと食べ、ケロっとした顔で寝床にはいってしまった。
もう体力は限界に来ているのだろうとおもうが、ご飯を食べたりなでられたり外を眺めたりいろいろやりたい事がいっぱいあるようで、その気力で頑張っている。

病院は行くのは怖いし、注射は痛いし怖いだろうが、行けば行ったで美味しいものが食べられるし女性の優しいナースさんにかまってもらえて元気にもなるので、行けるだけ行かせようとしてつれていっていた。
病院で点滴をしている間はナースのおねいさんが「トロちゃ~ん」とよぶと大声で「にゃ~」と返事をして、真っ先にご飯を欲しがりしっかり平らげるという。(そんな愛想のいいボウズはあんまり見たことがない。女の人だと違うんだな)

うちにいるときは寝床で横になってることが多いので、ときどき様子をみて、なでてあげる。
半分くらいは「なにオマエ覗くなよ!」という顔をし、半分くらいは「撫でてもいいよ」という顔でなでられている。
できるだけ「おいしいもの」を食べさせ、外を見せ、女性に会わせ、撫でて、不安のないようにと考えている。家族だから。

4週間毎日点滴に通った獣医師には今日明日でお別れですといわれた。点滴を受け入れる基本的な体力(血管の状態など)がなくなってしまい、精神的にも移動や注射が耐えられなくなるだろうということだった。そこから自宅でずっとみてきたのだけど。そのあとながく頑張った。ボウズは「オイラ、体がいうこときかなくてつまんないぜ」という表情とその小さくなった体をみるに、毎日「もう今日明日にはお別れなんじゃねえか」、と思い始めてからずいぶん時間がたったことに気づいた。おおよそ3週間。
今日もまたお別れかもしれないと思って、表にだしてなでていると、ムクっと立ち上がり、自分の寝床にぴょんととびのって「俺ジャンプできるぜ」って顔をした。
普段ろくにあるけもしないのに、それを見せようとしない(ふらついているのを見るとあきらかにしょげる)し、気丈に歩いてジャンプするそのプライドの高さと精神力の強さは、はんぱない。
たぶん、彼の自由な意思(元気なころはわがままといっていたそれ)が、彼の生命をつないでいたのだと思う。

そうして3週間がすぎて、その日が来ました。

肝リピドーシスでした。亡くなった日の未明、母の布団の脇でで寝ている彼の様子を見に行ったら口をぱくぱくさせていたので、苦しいのかな?と思って枕にしているタオルをなおしてあげたら、その瞬間にふっとなくなりました。
苦しそうだったのはそのときだけで、前日は窓から暴走族をながめたり、なでられたり、みんなに目線をくばってみたりしていました。

今日火葬するまえに、眠っている彼の周りを小さな手摘みのお花でかざってあげて、お口の近くにアジをやいてほぐしたものをあげて、お別れしました。
火葬の際に具合をみていた式場のひとが「しっぽがぶんぶん舞っていました」といっていて、最期まで長いしっぽでお返事していた彼らしい最期でした。

とてもきれいで大きな骨でした。鼻筋の通った骨盤の遺骨でした。
もっとしてあげられたことがあるんじゃないかと、いろいろ考えたりもしましたが、彼はおわかれの時間をくれました。みなさんには心配をかけましたが、多分彼は幸せに生き抜いたとおもいます。 ありがとう!

「オマエ、まだお風呂はいんないの?」

Img_0295

「オイラ、トドじゃねえし」

Img_0042

「ミョ~ン」

Dscn0482

「オコストカムゾ」

Dscn2066

みんなのことは心配しなくていいから、虹の橋でお友達とかけっこしてあそんでいてね。
そのうち会いに行きます。

虹の橋―Rainbow Bridge虹の橋―Rainbow Bridge
葉 祥明

佼成出版社 2007-06
売り上げランキング : 17478

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.01

十二支にはいれそびれて幾年か

トロ。とっくん。トロロちゃん。ボウズ。適当な呼び方です。

1138450873_220

「おいら、ずっとゴロっとしてたら神様のところいきそびれちゃったよ。だからネコの年ってないんだって。ま、いいか。」

「おいおいダメだろ。ネズミがだましたんだろ?追いかけろよ」

「いいよもう、めんどくさいもん。一緒に寝るか、遊ぼうよ」

そいういう会話をでっちあげて、部屋でくつろぎます。シマシマ。今年14歳。体重は7.5kgです。
こんなんだから、ネズミにだまされて十二支の仲間にいれてもらえなかったのも、「しかたねえか」と思います。


ダヤンのジグソーパズル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.04

エリザベスカラー

エリザベスカラーをつけている犬猫をみると、顔がにやけてしまいます。

かわいいでしょ?間抜けな感じがまた。
うちの猫ちゃんはこれつけたことないんですが(わりかし健康で、かつこういうのキラい)、いつか用もなくつけてやろうかとおもっています。本来は縁がないに越したことないんですが。


間抜けっていうな(怒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.22

にゃんにゃんにゃんの日 2008

今日は2月22日でにゃんにゃんにゃんの日。

とっくんはベランダをパトロール。

200802221617000
「あ、あっちに鳥がいる。」

結構ずっと昼寝してた模様。(僕も寝ていたからわからない。夕方意味不明に熱でてきたし...)

<追記>

この絵本、すごい。説明読んだだけで涙がでてくる。

ねえだっこしてねえだっこして
竹下 文子

金の星社 2004-05
売り上げランキング : 12705

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

赤ちゃんがいつもお母さんにだっこされているせいで、だっこしてもらえなくなったネコちゃんの気持ち。
この絵、表情、すごくいいです。ねこちゃんの考えることも、すごく自然でかわいらしい。いとおしいキモチ。
妹や弟がうまれたばかりのお兄ちゃんやお姉ちゃんの気持ちを、ネコちゃんの気持ちを通して書いているのだろうけど、あんまりに自然なキモチの言葉に、涙が出ます。

僕はあんまりこういう気持ちになった覚えがない(記憶がない)のですが、うちのとっくんは母と僕が楽しそうに話していると、しょんぼりしながら、間に割って入ってきて、母のひざに抱かれようとします。
「お母さん、お兄ちゃんとばかり話してないで、オイラだっこしてよ」
って感じなのです。(この本とは立場がちがうけど)

どの子もお母さんには大事な子なんですよ。ね。(うちの母はとっくんを末っ子として接している)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.19

ネコの日常

先週、テレビで「たま駅長」をみました。ちゃんとお返事するのがかわいい。ニャーって。

たまの駅長だより―いちご電車で会いにきてたまの駅長だより―いちご電車で会いにきて
坂田 智昭

集英社 2007-09
売り上げランキング : 6870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

毎日(日曜日以外)9時から5時まで、駅長の仕事をするたま駅長。寝ていることも多いけど、たま駅長のおかげで7%も乗客が増えた(あちこちから人が会いにくる)ので、今年から課長級だそうです。終身雇用。

毛づくろいして、ゴハン食べて、う○ちして、おしっこして、昼寝して、ダッコおねだりして、箱に入りこんだり、飛び跳ねて遊んだりして、寝る生活。それがうちのトロ(とっくん)のお仕事。

200802181451000
ちゃんと入りきらない。デカくて

お留守番はさみしいから、帰ってくるとすごくダッコをおねだりして、その後、怒って噛む。
さみしいのが、解決してから、思い出して怒る。それも彼の仕事。

ネコの仕事は、みんなに大事にされること。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.01.31

おひるね

Ohirune

のんびりおひるねしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.17

けいろうのひ

Img_0290
人間で言えば、70代から80代らしい。

敬老の日、よくかんがえたら、うちのネコ(トロ、とっくん、もしくはボウズ)は今年12歳なんだから、敬老の対象なんだなぁとおもって、ciaoの「焼きかつお」を手の上でほぐして直接食べさせたら、あまえてムシャムシャたべました。


いなば 焼きかつお 

うちのネコはこれが大好きで、お留守番をがんばったときとか、よくこのシリーズを手の上でほぐして直接食べさせてあげることにしています。食欲ないときでも、とても喜んで食べて、甘えます。
っていうか、敬老のつもりだったのが、あんまりに甘えるんで、なんだかまだまだ「ボウズ」だなぁと思いました。

テレビでペットの介護問題をやってたので見ていたのですが、ネコだって犬だって、大事な家族だから考えることがいっぱいありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.28

夏バテと、ボウズ

昼すぎに会社から帰ってきてしまいました。夏休み取り損ねて気分的にもしんどかったのですが、なによりもCPAPに慣れなくてうまく眠れてないせいもあるのでしょう。
食欲は、ないといえばうそになるけど、食べるのがめんどくさい(食べるのを準備するのもめんどくさい)ので、もらってきたお寿司をたべました。

そうしたら、ボウズ(いつも左上に表示しているネコ)が「オイラにもクレ」っていうので、ネタは半分ボウズにあげました。

Dvc00323
「オイラいつもオルスバン」

毎日ちゃんとお留守番していて、えらいので、えびを1匹あげたら、上手に尻尾だけ残して食べました。
12歳になりますが、毎日元気で甘えん坊です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.22

にゃんにゃんにゃんの日

Dvc00001
今年12歳になるうちのボウズ、トロ(とっくん)

今日はにゃんにゃんにゃんの日ですね。222。
とっくんのトイレの掃除がめんどくさいので、ネコの全自動トイレをさがしていたのですが、これはすごい


猫の全自動トイレ
パフォーマープラス

いや、これすごいけど、値段もすごい。問題はカラダの大きいボウズが、このトイレに収まるか、ということと、僕がこれだけの金額をつかうくらいなら自分でやったほうがマシに思えてきちゃったことだ。

あ、この写真のネコちゃん、とっくんと同じ模様だなぁ。

とっくんには長生きしてもらいたいと思います。シマシマ。

Dvc00029
なぁに?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.01.07

とっくん(トロ)とダヤン

うちにはネコがいます。今年12歳になります。今はおなかの大きい昔の彼女と学校へ行く途中にみつけたかわいいシマシマコネコだったものが、なぜかうちのコになって、うちの母が育てました。
(もともと手足の太いネコだったので、大きなネコの素養はあったもようで、1歳未満で5kgまでおおきくなりました。)

最初「冷やし中華」という名前にされそうになったところ、新宿地下通路の公衆電話から慌てて「トロロ」と命名したのを覚えています。そのうち、「トロ」っていわれたり。「トロチ」「とっくん」あと、僕はよく「ボウズ」って呼びます。

Akachantokkun
あかちゃんのときのとっくん。
気が強い顔をしている

子供のころはネコはあんまり好きじゃなかったんですが、飼ってみると(実際世話をしてのは、序盤は当時の彼女、中盤からは僕の母)結構かわいいもんです。
キマグレというのはちがいます。ガンコなんです。んで、カッコツケ。失敗をごまかしたりします。

母と妹が「食べたいんだからたべさせなきゃかわいそう」「太っていたほうがかわいい」という理由と、もともと大きい体格のため、どんどん大きくなってしまいました。
Dvc00056
お気に入りのダンボールでひっくり返る
もはや別の動物にしか見えない

Dvc00263
でも結構かわいい表情もします。

Dvc00278

最近はよくいっしょに寝ています。寒いし、僕もとっくんも眠いから。
イタズラ大好きなところと、目が大きく顔がキツめなのは、いつもダヤンに似ているなあと思います。
(ネコ馬鹿)

うちに(毛むくじゃらの)動物がいることって、いるだけで癒されます。
父と三十路独身男の2人暮らしには欠かせない存在でもあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)